注目の活用シーン

リスキリングによる
人材活用の最大化

一人一人のスキルを可視化・ 分析することで、
育成、再配置計画を立案。

イラスト

スキルを可視化し、最適な人材育成を実現
社内の人材活用を最大化し、変化に強い組織に導く

リスキリングの必要性

社員のリスキリングは企業の生き残り戦略にも欠かせないもののひとつとされており、人材不足を解消できる(=人材の有効活用ができる)/社員のエンゲージメント向上/組織の成長促進/生産性向上/企業の競争力の強化/DX推進など得られる効果はさまざまです。

リスキリングは組織力をあげ競争上の優位性確立につながるため、世界的に注目を集めています。

  • 人材が不足している
  • 採用コストがかさんでいる
  • 社内の生産性があがらない
  • DXを推進できる人材がいない
  • 社員一人ひとりに適切なキャリアパスを作成できない
  • 社員のエンゲージメントを向上させたい
  • 社員のリスキリングを進めたいがやり方がわからない

カオナビだからできる!3つのポイント

  • スキルや人材情報を一元化し、可視化を実現

    リスキリングの最初のステップである「目指す人物像や必要なスキルの分析」のために、社員のスキルや必要とする人材の明確化が不可欠です。

    カオナビでは散在する社員のスキルや人材情報などをカンタンに一元化・可視化できるため、リスキリングで習得すべきスキルを発見しやすくなります。

    セクションメイン画像
  • 足りないスキルを重点的に伸ばす最適な育成プラン作成に活用

    習得すべきスキルが明確になったら、足りないスキルに対する人材育成計画を立て、研修を行います。

    カオナビは社員一人ひとりの得手不得手を見える化できるため、最適な育成プランの策定にご利用いただけます。

    また、アンケート機能を活用した研修の申込みや、受講履歴等の蓄積が可能です。

    セクションメイン画像
  • 一人ひとりにキャリア自立を促すための最適な配置ができる

    リスキリングのための研修実績やスキルをもとに、社員一人ひとりに最適な配置を検討できます。

    受講した研修と保有スキルをマトリクス機能で作表し、マウスを使って再配置のシミュレーションを行えるため、効果的な成長機会の創出に活用できます。

    また、面談記録を蓄積しキャリアシートの作成もできます。外部のLMS(学習管理システム)と連携し業務効率化を図ることも可能です。

    セクションメイン画像
他にも、こんなリスキリングのシーンで
業務効率化
配置転換
スキルアップ
競合対策
人事評価
1on1
離職防止
人材育成
ダイバーシティ
組織改善
経営戦略
従業員満足度
パルスサーベイ
定着率の向上
機能一覧をみる

セミナーで学ぶ「リスキリング」