活用シーン

人材配置・
要員シミュレーション

組織図、数字、社員の顔ぶれ。
すべてを直感的に把握し綿密な計画を。

PC画面のモック イラスト

これひとつで現状分析、
課題把握~適材適所の実現
まで行える

  • 電卓で人件費を計算しながらの要員計画。時間がかかりすぎる
  • Excelでシミュレーションした配置からは現場のイメージがわかない
  • 社員の特長や能力、キャリア志向に合わせた配置を考えられていない
  • 滞留年数「だけ」で異動を検討してしまっている
  • 事業側の人員要望に応えた配置にできているかわからない

カオナビだからできる!
3つのポイント

  • 各組織の社員の顔ぶれやバランスを直感的に把握

    人材にひもづくデータはすべてカオナビにまとめられるため、いままで画一的だった配置検討が、新しい視点を加味して行えます。

    「顔写真で現場の雰囲気を確認しながら」「複数のデータをかけ合わせて」など、より精度高く、根拠のある人材配置の実現に。

    自社の適材適所の「解像度」が上がります。

    セクションメイン画像
    • 異動希望や社員本人が描く
      キャリアプランを集められる

      異動希望やキャリア希望も、カオナビのアンケート機能で社員から集められます。

      アンケート票の作成はドラッグ&ドロップで簡単に。アンケートやサーベイ用のテンプレートを複数用意しているので、サッと社員の声が収集できます。

      回答はグラフで描画されるため、分布や傾向を見るのにも便利です。

      サブ画像1
  • 人件費やスキル値を確認しながら要員をシミュレーション

    マトリクス機能では、情報をかけ合わせて見るだけでなく、マウスを使って配置転換のシミュレーションまで行えます。

    ドラッグ&ドロップで顔写真を移動させるだけで、各部門の人件費の変動が確認可能。

    配置検討会議で人材の配置を実際に動かしながら議論をして、シミュレーション結果はデータで残せて便利です。

    セクションメイン画像
  • 人員計画の進捗をダッシュボードで確認

    要員計画がうまくいっているかどうかの推移を、定点的に観測できます。

    異動や採用後、「部門ごとの人員数がどのように変化したか」「目標の人数や売上に達しているのか」をレポート化し、確認が可能です。

    スキルレベルなどとかけ合わせることで、事業成長に影響の高い要素の特定にも貢献します。

    セクションメイン画像
他にも、こんな人材配置シーンで
人員計画(要員計画)
人員管理(要員管理)
ジョブローテーション
人事異動
戦略人事
事業戦略
育成計画(書)
キャリアプラン
適材適所
異動希望
予実管理
配置シミュレーション
機能一覧をみる