活用シーン

経営の意思決定支援

優秀層の抜擢など、
経営の意思決定に⼈材データを直接活⽤。

PC画面のモック イラスト

直感的な見やすさとわかりやすさで、
スピーディーな意思決定に役立つ

  • 意思決定の根拠になるデータが少ない
  • 会社のどこで誰が何をしているのかわからない
  • 人材について知りたい情報/データがパッとわからない
  • 会議ではいつも覚えている社員についてばかり話しがち
  • 埋もれている人材を把握できていない

カオナビだからできる!
3つのポイント

  • 人事のKPIをダッシュボードで簡単モニタリング

    経営や人事戦略上、重要なKPIをグラフで定点観測できます。

    カオナビにある人材のデータをダッシュボード上にグラフで可視化し、経営の意思決定につなげることが可能。

    経営会議や戦略会議など、重要な意思決定の根拠としてデータを活用できます。

    セクションメイン画像
  • マトリクス分析によって埋もれた人材を発掘できる

    縦横のマトリクスに、「所属」と「スキル(レベル)」・「売上」といった情報でかけ合わせることで、部門別の傾向を一覧できます。

    また、入社年度/年齢・評価結果・適性検査といったデータを組み合わせて見ることで、事業への貢献度が高い人材を明らかにできるため、将来の幹部候補の育成や抜擢に活用できます。

    セクションメイン画像
  • 事業部や子会社の情報も統合。グループ間の人材再配置を加速

    グループ企業が多い場合、関連会社の中に優秀な人が埋もれていたりすることも。

    カオナビでは、各企業の人材情報をまとめて見られるため、グループ全体の社員の中から優秀社員の発掘が可能となります。

    グループ間でのシナジーを創出します。

    セクションメイン画像
他にも、こんな意思決定シーンで
経営戦略
事業戦略
人事施策
人材抜擢
エンゲージメント
戦略人事
データドリブン
グループ間シナジー
離職防止
機能一覧をみる