活用シーン

人事業務の効率化

現場からの情報集約を効率化。
⼈事業務のアウトプットも簡単。

PC画面のモック イラスト

作業は効率化して、
「本当にやるべきこと」に時間が使える

  • 異動の度にPowerPointで組織図を作り直している
  • 異動する社員一人ひとりに辞令をメールするのが大変
  • 個々の社員向けの帳票をつくるのにいちいち時間がかかる
  • 「あのデータ出して」と頻繁に言われて対応に時間がかかる
  • ちょっとした申請の書類にはんこを押すためだけに出社しなければならない
  • 上司から「ペーパレス化やDXをしろ」と言われたが何からしていいかわからない
  • 人事評価の時期は膨大なExcelファイルのやりとりで残業確定

カオナビだからできる!
3つのポイント

  • Officeソフトいらず。
    自動で組織図を作成

    意外と手間な仕事なのが、ExcelやPowerPointでの「組織図の修正」。異動や組織再編がある度にファイルの更新をするので、高頻度で異動がある組織だとどれが最新のバージョンだかわからなくなることも。

    カオナビなら所属データをもとに自動で組織図を生成するので、人事の作成業務軽減だけでなく、そのままリアルタイムで経営層や現場マネージャー層に共有でき、人事への問い合わせも大幅に軽減されます。

    セクションメイン画像
    • 人材データのレポートも簡単共有

      「あのデータ出して」にすぐ答えられるレポート機能です。

      カオナビ上のデータをもとに時系列でグラフレポートを作成。レポートの依頼をされる度に集計からはじめる、という業務から脱却できます。

      レポートごとに閲覧権限を設定できるので、「経営層向け」「マネージャー向け」「人事向け」「全社向け」など用途に応じて制限が可能です。

      サブ画像1
  • 社員からの身上申請をワークフローで効率化

    いままで紙とはんこで行っていた各種申請や届出を、デジタルに簡単に置き換えられます。

    申請の入力欄やワークフローは自由にカスタマイズできるので、入社手続き・住所変更届のような比較的頻度が高い申請・届出にかぎらず、会社独自の制度に合わせた使い方ができます。

    ペーパーレスや人事のDXを目指す第一歩として。

    セクションメイン画像
    • 評価もワークフローで半自動化

      該当の社員の順番になれば通知が行くため、逐一人事から連絡する必要がありません。進捗状況も一覧で確認できるので、忘れている人にもカオナビから直接催促できます。

      効率化を進め、「合計100時間の工数削減」に成功した例も。

      サブ画像1
  • ボタン一つで帳票出力し、社員への通知ができる

    給与改定通知など、これまで発行時に都度、該当人数分作成していた帳票・ドキュメントを自動で作成。

    ひな形はお好きなフォーマットを事前に登録が可能。カオナビに登録してある社員ごとの情報をひな形にひもづけ、ボタンひとつで帳票をダウンロードできます。

    帳票の作成が数秒で終わります。

    セクションメイン画像
他にも、こんな人事業務シーンで
入社手続
発令
辞令
帳票
人事評価
目標管理
通知書
(労働条件通知書/給与改定通知書など)
証明書
(在職証明書など)
ペーパーレス
DX
機能一覧をみる