活用シーン

評価運用の効率化

紙やエクセルから脱却し、
評価業務の運⽤をまるごとクラウドへ。

PC画面のモック イラスト

評価運用をクラウドで効率化。
フィードバックに時間を割けるため評価の「質」も向上

  • 評価を紙やExcelで運用していて、チェックや集計に時間がかかりすぎる
  • ファイル管理が煩雑で、ほしいデータがすぐに見つからない
  • 評価の進捗が見えづらく期日までに終わらない
  • 評価結果に不満を持っている社員がいる
  • フィードバックの時間をつくれない
  • 評価結果を人事異動や育成に活かせていない

カオナビだからできる!
3つのポイント

  • 運用している評価シートをクラウド上にそのまま再現

    これまで紙やExcelで管理していた評価シートの内容をそのままクラウド上に完全移行。高い柔軟性で、他社とは違った独自の評価シートを利用している企業でも問題ありません。

    初期設定に時間がかけられない場合には、カオナビのサポートスタッフが設定のお手伝いをいたします。

    セクションメイン画像
    • 各種パーツを使い、
      評価シートを簡単作成

      用意されたパーツをマウスでドラッグ&ドロップするだけで簡単に評価シートを作成できます。

      項目の追加や変更なども随時行えるので、メンテナンス性も高く、紙やExcelでの運用に比べ大幅に作業を効率化できます。

      Excelの評価シートでありがちな「勝手にフォーマットを変えられる」こともありません。

      サブ画像1
    • 評価点数を自動集計。
      計算ミスを防ぎます

      計算式や、評価点数に応じてランク(S~Cなど)が表示される判定式も設置できるので、入力ミスや集計も不要になり、評価に関わる工数が大幅に削減できます。

      評価結果を元に部署×ランクでマトリクス図を作成して、一覧表示から評価調整をすることも可能です。

      サブ画像2
    • 評価制度に応じて、
      様々なテンプレートを用意

      MBO(目標管理制度)、コンピテンシー、OKRなど、各種評価制度のテンプレートを用意。

      そのままでも使えますし、テンプレートのカスタマイズも可能です。時間をかけずに評価運用をスタートできます。

      サブ画像3
  • ワークフロー機能で進捗状況や入力漏れも管理

    評価フローは組織の枠にとらわれず自由に設定が可能。

    そのため、目標設定/評価入力/フィードバックといったフェーズ別に、関わる社員を選べます。

    また、評価シートの内容は項目単位で閲覧権限を設定できるため、見せたい/見せたくない内容を制御できます。

    セクションメイン画像
    • 一目で分かる進捗管理。
      未対応者にリマインドメールも
      送れる

      評価運用者の悩みのひとつは目標設定の進捗が見えづらく期日までに終えられないこと。

      カオナビの評価フローは誰がどこまで入力してくれているのかが一覧でわかります。

      入力の遅れている社員がいればカオナビから一括でリマインドメールを送ることも可能です。

      サブ画像1
    • スマホでも使えるから、
      パソコンが人数分なくても安心

      スマートフォンからの評価入力にも対応しているので、社員全員がパソコンを保有していない企業でも、評価運用のクラウド化が実現できます。

      サブ画像2
  • 評価結果を一覧で可視化、バランスの確認や甘辛調整も

    社員を縦軸に並べて目標設定で入力した内容や評価を比較しながら、評価の設定ができます。

    勘や記憶に頼った結果、最初と最後の社員の評価基準がずれてくる、といった状態をなくし、社員に納得感のある評価を実現できます。

    セクションメイン画像
    • 評価会議でも。
      マウスひとつで評価の最終調整

      評価会議で、部門間での評価バランスを見ながら甘辛調整もカオナビなら簡単にできます。

      所属と評価をマトリクス上に並べることで、部門間の偏りが一目りょう然。

      変更のシミュレーションもマウスひとつで行えるので、評価会議が格段にはかどります。

      サブ画像
他にも、こんな評価運用シーンで
人事評価
MBO
OKR
コンピテンシー評価
360度評価
1on1
成果評価
能力評価
目標設定
目標管理
評価進捗管理
評価フロー
評価調整
甘辛調整
評価シミュレーション
ペーパーレス化
機能一覧をみる