業界別活用シーン

人事に関する情報を一元化し、人材の効果的な活用を可能にします。

イラスト

不動産・建設業界の人事課題を解決労働時間の把握から
資格管理まで幅広く活用できる

  • 資格の種類が多く更新が必要なものもあり、管理しきれていない
  • ホワイトボードで現場配置の検討をしていて効率が悪い
  • 従業員の育成計画を立てたいが情報が一元化されていない
  • 作業者の公的資格などが散在していてコリンズへの登録に時間がかかる
  • 採用サイトへ平均年齢などを掲載したいのに情報がまとまっていない
  • 現場で残業時間管理させたいが現勤怠システムで権限分与できない

カオナビだからできる!
3つのポイント

  • 残業の上限規制に伴い現場でも残業時間管理をさせたい

    現場にて就業時間の見込みと実績を記録し、労働時間を把握

    評価ワークフローを用いて本人が就業時間の見込みおよび実績を入力し、申請。
    上長が承認することにより労働時間の把握が可能になります。
    データが蓄積されていくため、過去の実績を把握したり、別現場への引き継ぎも容易です。

    勤怠システムだと人事だけになりがちな権限も、現場の管理職へ細かく割り振り可能。該当者の発見が迅速になり、スピーディーにフォローできるようになります。

    セクションメイン画像
  • 資格の種類が多く更新が必要なものもあり、管理しきれていない

    更新必須の資格管理やコリンズ・テクリスへの公的資格登録もラクラク

    資格の取得日、有効期限、資格証明書データの添付などをすべてカオナビ上に蓄積。更新が必要な多数の資格も簡単に管理できます。
    登録した資格情報から有効期限数ヶ月前で絞り込んだリストを作成し、現場責任者に共有。資格更新忘れの防止に効果的です。

    また、公共工事を請け負う際に必要なコリンズ・テクリスへの登録についても、すでに資格情報が一元化されているためスムーズに対応できます。

    セクションメイン画像
  • 従業員の育成計画を立てたいが情報が一元化されていない

    人事情報の一元化で、育成計画・プロジェクトアサインへの活用が可能に

    資格以外にこれまで担当してきた案件や表彰歴なども登録し、担当物件の詳細情報や写真を記録することで、人材ポートフォリオ作成に利用できます。
    人材ポートフォリオを作成しておけば、育成計画だけでなくプロジェクトアサインにも活用可能です。

    資格所有者と経験実務で絞り込み、現場に必要な資格所有者を割り出せるため、配置検討に役立ちます。

    セクションメイン画像