活用シーン

スキル管理と人材育成

社員が持ち味を業務に活かすチャンスがなく、モチベーションが下がっている。せっかく研修を実施したのに、その効果を業務に活かすことができていない。そんなお悩みをお持ちの方にはカオナビの導入が効果的です。

社員のスキルや個性に適した配置や評価で成長につなげたいが、把握しきれていない。

スキル管理と人材育成を実現するには?

  • 社員のスキルを人事担当・マネジメント層・現場の間で柔軟に共有する
  • 社員自身が考える将来設計や、伸ばしたいスキルを把握する
  • 周囲が評価する社員のスキルや特性を把握する
カオナビで解決

社員のスキルや個性を配置・育成へ活かし、社員の成長へつなげたい

社員の潜在的な内面や働きぶり・成果まで一元管理することで、 人材配置やプロジェクトアサインなど、人材価値が施策に活かしやすくなります。 社員自身が力を発揮しやすくなることで、生産性の向上につながります。

社員リスト

スキルや特性で社員を抽出、プロジェクトのメンバー選出や育成計画に

研修受講履歴や資格取得状況などの蓄積データをもとに、瞬時に社員を抽出。 「管理職候補者リスト」や「新規プロジェクトメンバー」など、カテゴリーごとにリスト保管できます。 メンバーへの一括メール送信やリストの社内共有も可能です。

機能画面キャプチャ

社員データグラフ

社員属性やスキルなどの切り口で会社の「今」を把握・分析

性別・年齢・勤続年数やスキル・保有資格のデータを集計し、メンバー数推移や割合などのグラフをパッと見ながら分析することで、組織のバラつきや変動をリアルタイムに把握し、採用計画や人材配置に活かすことができます。

機能画面キャプチャ