活用シーン

評価運用の効率化

書き漏れや進捗が見えず、提出期日を過ぎることが多い。集計に時間がかかる。そんなお悩みをお持ちの方には、カオナビが必要です。さらに評価情報をカオナビにまとめることで、見えづらかった評価の偏りを発見・解消することが可能になります。

評価のたびに大量のファイルをやり取りするのはたいへん。Excelや紙での評価管理はもうやめたい。

評価運用の効率化を実現するには?

  • 過去の評価情報を組織・人・時期の切り口で整理できるインデックス
  • メールや口頭での連絡がなくても進捗状況が共有される環境
  • 評価時に必要な業務履歴や実績、過去の面談などの情報の一覧化
カオナビで解決

自社の人事評価運用を
まるごとクラウドへ

目標設定から評価面談、評価結果の確認、フィードバックまですべて運用が可視化され、記入漏れや提出遅延の防止につながり、管理作業が大幅削減されます。また、評価結果を相対的にチェックでき、評価者による結果のバラつきや基準との乖離に気づけ、評価の透明性が向上します。

評価ワークフロー(記入フォーム)

自社の評価制度をカンタン反映。 入力制御もでき人為的ミスを軽減

目標管理・360度・OKR・1on1 など、あらゆる評価制度のテンプレートを提供しています。カスタマイズ自在でフォーム追加や制度変更時も追加費用なく即反映できます。

機能画面キャプチャ

評価ワークフロー

顔写真と評価進捗・結果を一覧表示。評価バランスの確認や甘辛調整も

評価業務の進捗が一覧で確認でき、未対応者へ通知することで回収・取りまとめが簡単・確実にできます。また、顔写真と評価結果を並べて確認でき、全体のバランスを見ながら評価の最終調整が可能です。

機能画面キャプチャ