ユーザーミーティングin大阪を開催しました!

2019年2月20日

ユーザー会

こんにちは!カスタマーサクセスグループの多田です。

2019年2月15日、大阪にてカオナビのWAユーザーミーティングを開催し、32社 37名もの方々にご参加いただきました!

イベントの概要

このユーザーミーティングでは、まず海外のHRテクノロジーに関する最新動向のご紹介と、カオナビの取り組みについてお伝えしました。

その後、カオナビご利用企業様であるウシオライティング株式会社様、株式会社日本テレメックス様、タビオ株式会社様にご登壇いただき、評価運用や現場のコミュニケーション活性化でどのようにカオナビを活用しているか、運用のコツなどをお話いただきました。

  • 15:00~ ご挨拶
  • 15:10~ 講演「アメリカにみるHRテクノロジーの進化」
          カオナビHRテクノロジー総研 所長 内田壮
  • 15:30~ 講演「本年のカオナビの取り組み」
          株式会社カオナビ カスタマーエンゲージメント本部 本部長 宮本桃子
  • 16:00~ カオナビ活用事例紹介
          ウシオライティング株式会社 総務部 部長 椿恭卓様
          株式会社日本テレメックス 人事育成課 課長 田中 仁哉様
          タビオ株式会社 人事部 部長 小泉 秀之様
  • 17:30~ 懇親会

当日の様子

講演「アメリカにみるHRテクノロジーの進化」

カオナビHRテクノロジー総研 所長である内田から、アメリカで行われたHR Technology Conferenceについて紹介しました。

HR Technology Conferenceとは、アメリカで毎年開催されている、HR Techに関する最大規模の展示会・講演会です。内田が実際に現地へ行って掴んだ情報をたっぷりとお話ししました。

ちなみに、カオナビHRテクノロジー総研のサイトでも「HR Technology Conference & Expo 2018 レポート」という記事を公開しているので、ぜひご覧ください。

講演「本年のカオナビの取り組み」

カオナビのこれからの取り組みについて、カスタマーエンゲージメント本部 本部長 宮本から説明させていただきました。

カオナビのWAからは、ユーザーミーティングの開催頻度を上げること、“同業種”や“具体的なテーマ”で少人数での意見交換・座談会を開催すること、HR Innovatorsというメディアをリリースすることを本年の抱負として発表。

カオナビからは、人材データプラットフォーム構想や、現在準備中であるパルスサーベイ機能、カオナビ全体のデザインリニューアルプロジェクトをお伝えしました。

カオナビ活用事例紹介


ウシオライティング株式会社 総務部 部長
椿恭卓様

カオナビ導入時の課題は、評価運用の効率化。多い場合は評価者が6名もいて、かつ評価者が異なる拠点に点在している中で、紙の評価シートで運用されていたそうです。

『SMART REVIEW』活用により、評価に要する時間を95%削減!運用時に2,3人で2日間かかっていた作業が1人で1時間まで短縮され、人事も現場もストレスフリーになりました。

【カオナビ運用がうまくいったポイント】

  1. 入力者が「今どこに何を書けばいいか」すぐ分かる画面になるよう設計
  2. 入力制限や計算式も使って入力ミスを抑止
  3. 会社用のメールアドレスを持っていない社員の評価は一次評価者が代理で記入できるように設定

株式会社日本テレメックス 人事育成課 課長
田中 仁哉様

カオナビ導入時の課題は、店舗と本社のコミュニケーション活性化。店舗や現場の課題を吸い上げ、改善へと繋げていくために、意見の「収集」と「共有」ができるツールを求めてカオナビの導入を決めたそうです。

『PROFILE BOOK』で「心の友便り」というシートを運用し始め、20%だった離職率が10%まで改善!意見や報告が上がってきて、本社のデスクでも“現場”を感じ取れるようになったそうです。

【カオナビ運用がうまくいったポイント】

  1. 収集した意見を人事課長が毎日確認、経営陣や本社幹部メンバーに共有
  2. どんな意見も必ず経営陣や本社幹部メンバーを回答者に指定し、回答結果もカオナビに入力して本人にも共有
  3. 必要に応じて店舗に出向きフォロー、即時対応を心がける

タビオ株式会社 人事部 部長
小泉 秀之様

カオナビ導入時の課題は、店舗数が拡大する中で社員の顔と名前を一致させること。カオナビ導入前は、顔と名前を一致させるために経営陣向けに社員情報をまとめたPDF資料を作成していたそうです!

カオナビを導入して、全社展開を短期間で実現!経営陣だけでなく本部や現場もお互いの顔と名前が一致したことでコミュニケーションが加速し、心理的安心感が生まれるようになりました。

【カオナビ運用がうまくいったポイント】

  1. とにかく現場に使ってもらうべく、本部でも店舗でも説明会を実施
  2. データ更新はすばやくミスなく実施、常にリアルタイムの情報を確認できるメリットを感じてもらった
  3. 経営陣の顔写真を最初に登録・公開し、カオナビ導入の本気度を見せた

ユーザー様同士の交流を深める懇親会

最後の懇親会では、お酒やフードをご用意!カオナビ社員や登壇者、参加者と交流が行われ、お酒を飲みながら会話も弾み、楽しい時間を過ごせました。

全体の満足度は90.9%!

アンケートのコメントにも「他社事例が知れてよかった」という声をいただき、全体の満足度は90.9%!また、「次回もまた参加したいですか?」という質問には、81.3%の方々がまた参加してみたいと回答してくださいました!

ただ、今回は業界や業態に特化した事例紹介としたため複雑な活用方法までは話さなかったこともあり、使用歴の長い企業の活用事例も聞いてみたいという声も・・・。

アンケートで寄せられたコメントを一部ご紹介

  • PROFILE BOOKの利用方法について気づきがありました
  • 自社では気づけない部分も多く、参考になりました
  • 当社が今後導入していきたいこと(smart review×shuffle faceでの人事評価会議等)のお話も出ており、今後のカオナビ活用のヒントに繋がる話が多かったです
  • 人事担当者の熱も伝わってくる会でしたので、次回は時間に余裕を持って参加したいと感じました

最後に

皆様お忙しい時期の中、ユーザーミーティングにご参加いただきありがとうございました!カオナビのWA運営メンバーも非常に有意義な時間を過ごすことができました。

また大阪でユーザーミーティングを開催する予定なので、関西の皆さんにお会いできることを楽しみにしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザー会

2019.02.20