2015年12月2日

事例・リリース

ベーシックが、カオナビを導入。コミュニケーション拡充や企業カルチャー醸成を目指す。

株式会社カオナビ 代表取締役 柳橋 仁機

 株式会社カオナビ(本社 東京都港区、代表取締役 柳橋 仁機)は、株式会社ベーシック(本社 東京都千代田区、代表取締役 秋山 勝)が、カオナビを採用したことを発表いたします。 ベーシックは、2004年の創業以来、引越し、投資、留学など様々な領域の比較サイトの提供で急成長しました。その後SEOサービスやマーケティングツールを提供しています。2010年代からはスマホアプリの開発提供にいち早く乗り出し、これまでに1400万ダウンロードを達成するなど、数々の事業を創造しています。同社はさらにEC事業やフランチャイズ事業をはじめとするグローバル展開などの成果を上げています。今後はこれまで培ってきたWebマーケティング力を強みにマーケティングツールをリリース。「世界一Webマーケティングを簡単にする」の実現を目指しています。 同社は、これまで少数精鋭で実績を重ねてきました。近年一気に成長速度を上げ、事業の拡大と多様化を実施。第2成長期と自らを位置づける中で組織を拡大しようとしています。事業拡大に伴い、人員も急増し、誰がいつどのように働いているのかを正しく把握できる人事システムの導入が急務となり、シンプルな機能を有し、分かりやすいインターフェースのカオナビを導入しました。今後は、カオナビを使ってコミュニケーション拡充や企業カルチャー醸成を目指していきます。

更に詳しい導入インタビューを公開中! フセンに社員の名前を書いて並べるような手作業管理はもう終わり。 カオナビでコミュニケーション拡充や企業カルチャー醸成を目指す。

■ システム導入の狙い

  • ・社員の顔と能力、価値観を容易に把握できる人事システムが必要だったため。
  • ・社員間のコミュニケーションをさらに拡充していくため。
  • ・人事の作業効率化が実現するため。

■ カオナビの選定理由

  • ・導入までに長期の時間を要さない点。
  • ・データ入力や活用において、過剰に複雑なツールも多い中、非常に簡便だった点。
  • ・顔写真が並ぶ分かりやすいインターフェースで、誰にでも使いやすい設計となっていた点。
  • ・細かなアクセス権の設定が容易だった点。

■株式会社ベーシックについて

会社名
株式会社ベーシック
所在地
東京都千代田区一番町17-6 一番町MSビル1F
設立
2004年3月
資本金
3億1,060万円
従業員数
85名
代表者
代表取締役 秋山 勝
会社HP
http://www.basicinc.jp/
事業内容
比較メディア事業/マーケティングポータル事業/アプリマーケティング事業/フランチャイズ事業/ガジェット事業

■カオナビについて 「顔写真が並ぶ、クラウド人材管理ツール」

 カオナビは直感的な操作性で人材データベースをサクサク構築し、顔写真が並ぶシンプルな画面から一元化された人材情報を簡単に共有できます。店舗や外出先でもスマホからアクセスできるクラウドサービスで、配置・抜擢・評価などの人材マネジメント業務を一気に加速させます。 サイバーエージェント様、日清食品HD様、テルモ様、トゥモローランド様、VOYAGE GROUP様など、多くの成長企業で人材マネジメントのインフラとしてご活用頂いています。

■クラウド人材管理ツール『カオナビ』について

『カオナビ』は顔写真が並ぶシンプルな画面から一元化された人材情報を簡単に共有できるクラウドサービスです。直感的な操作性で人材データベースの構築ができるほか、店舗や外出先でもスマホからアクセスすることも可能です。社員の顔と名前、実績、評価、才能などを一致させることで、人事配置や抜擢などの経営マネジメントをサポートするほか、経営層が社員の「顔が見える」「顔を知っている」ことで、ビジネスパーソンのやる気を引き出し、組織を活性化するメリットがあります。
これまで、サイバーエージェント、日清食品HD、テルモ、トゥモローランド、VOYAGE GROUPなど、400社以上の成長企業で人材マネジメントのインフラとして活用されています。

カオナビとは http://www.kaonavi.jp/kaonavi/
各種お問合せはこちら http://www.kaonavi.jp/pc_contact/form.php?type=question

■ 本件に関するお問い合わせ

株式会社カオナビ
〒107-0051 東京都港区元赤坂1-2-7 AKASAKA K-TOWER 5F
TEL : 03-5775-3821 / FAX : 03-5775-3822 MAIL:info@kaonavi.jp
*お問い合わせフォームはこちら
担当: 鈴木