ノーレイティングとは? ノーレイティングの方法や事例、1on1について

定年や就業規則などの働き方が見直されている中、評価制度にも新しい動きが出てきています。中でも、アメリカで話題となっている「ノーレイティング」という評価制度は、日本企業でも注目されつつあります。

今までの評価制度とまったく違った発想からなるこの制度は、今後の人事体制にどのような変化を与えるのでしょうか。ここでは、ノーレイティングの考え方や事例などについて解説します。

1.ノーレイティングとは?(意味)

ノーレイティングとは、一言でいうと「ランク付けをしない人事評価」です。

企業の評価制度の多くは、毎年年度末に1年間の働きを評価し、A、B、Cなどのランク付けを行い、それに伴って給与や賞与、役職などが決まる形式になっています。

これに対し、ノーレイティングでは、年度単位での評価はせず、ランクも付けません。リアルタイムで目標設定を行い、その目標に対して上司と対話します。上司からフィードバックをもらうことにより、その都度評価が下される仕組みです。

パフォーマンスマネジメント変革の全体像

参考 『人事評価はもういらない(松丘啓司著)』Amazon

年次評価(レイティング)とは?

レイティングとは、業績によって従業員をランク付けすることです。日本では20年ほど前に普及し、今日まで一般的な評価方法として多くの企業に取り入れられてきました。

レイティングは、通常年度ごとに行われ、このランクが給与や賞与と連動します。もともとはアメリカの企業が行っていた制度で、成果主義の評価体制が日本に広まった際、アメリカの企業に倣ってこの方法が取り入れられた、という経緯があります。

ボーナス(賞与)とは? 意味、支払い時期、額の基準、社会保険料の計算について
ボーナスとは、毎月定期的に支払われる給与とは別に、夏と冬に支払われることの多い特別な給与のこと。ボーナスを楽しみに働いている人も多いのではないでしょうか。 ボーナスの支払い時期 支払い額の基準 ボー...

ノーレイティングに関する誤解

ノーレイティングのことを「人事評価をしないこと」と認識している人がいますが、これは誤解です。評価をしないというわけではなく、「社員のランク付け」であるレイティングをやめる、また、年次の評価をしない、というのが正しい解釈です。

レイティングは、画一的な規定に従って評価対象者をランク付けする仕組みなので、評価対象者の性格や特性を踏まえた評価や、細かな要素に対する評価を、給与や賞与、役職などに反映しにくいという問題があります。加えて、評価対象の期間や所属部署などによって評価が左右されるため、実際には正当なランク付けになっていないこともあります。

ノーレイティングは、こうしたレイティングの問題点をクリアにする人事評価制度、と位置づけることができるのです。

評価運用の効率と「質」を向上させるクラウドツール

  1. MBO・360度・OKR・1on1など、あらゆる人事考課運用をクラウドで実現可能
  2. 多彩な運用実績で作られたテンプレートを使って、考課シートを手早く構築
  3. 進捗状況が一目瞭然。催促メールで締め日までに確実に評価結果を回収できる
  4. フィードバック面談だけは“紙で”やりたいときは、帳票として出力可能

カオナビで評価運用をクラウド化して、圧倒的な効率化を実現!

> カオナビについて詳しく見る

2.アメリカと日本における評価システムの歴史と現状

歴史的には、日本企業の人事評価の仕組みの多くはアメリカから取り入れられてきました。

戦後、日本独自の人事評価も登場するようになりましたが、基本的なトレンドは今でもアメリカに追随することが多いです。アメリカでワークスタイルや労働環境が変わり、評価制度に変化が現れると、日本企業にも同様の変化が起きる、といった具合です。

ここからは、日米それぞれの評価制度の移り変わりを、時代を追って解説していきます。

アメリカの評価システムの変遷

アメリカでは100年以上前から人事評価についての研究が行われてきました。研究の進歩と時代の移り変わりによって、人事評価の考え方は常に変化してきました。

これらの変化は、大きく以下の4つの時期に分けられます。

  • 1910年頃に始まる評価制度の研究開始の時代
  • 1950年以降の成果主義による人事評価の時代
  • 1990年以降の能力や行動による評価の時代
  • 2000年以降の与えられた業務以外の活動を評価に含めるようになる時代

1910年~(評価制度の研究開始)

アメリカで人事評価の研究が開始されたのは、1910年頃でした。ここで人事評価の基本となる「相対評価」と「絶対評価」の考え方が誕生し、それ以降いくつもの新たな評価方法が開発されました。

研究が進む中で求められたのは、科学的な根拠に基づいて評価を数値化すること。社員の勤続年数のほか、知識や教養、人格などの特性を客観的に評価し、数値化するという方法が確立されました。

1950年~(職務評価の時代)

1950年代に入ると、評価の対象は業務の成果や行動へとシフトします。職務遂行に当たってどのような行動を取ったか、また、その成果はどういったものであったかを評価することで、どの社員が高い利益を生み出しているかをはっきりさせるという考え方です。

成果や行動の評価は、上司と部下との面談で決めた数値化できる目標に対し、期末に達成度を測定する「目標管理制度(MBO)」によって行われるようになりました。これは、日本企業の評価制度にも大きな影響を与えています。

1990年~(人物寄りの評価へ)

1990年以降、社員が任される職務内容は、それ以前と大きく変化していきます。それに伴って、人事評価にも変化が起きました。成果や行動への評価は変わりませんでしたが、そこに人物に対する評価が加わったのです。

決められた職務内容に対する評価以外に、成果を出すためにどのような方法を取ったのか、人物重視の視点で考える「コンピテンシー評価」が導入され、アメリカ企業のスタンダードになりました。

2000年~(役割外行動も評価対象に)

2000年代に入り、人物重視の流れがさらに強まります。

コンピテンシー評価に加え、職務外の活動も評価に組み込まれるようになったのです。職場環境を良くするため、自分の仕事以外に行動する「コンテクスト業務」と呼ばれるものが、新たに評価対象に加わりました。

加えて、上司以外からも評価を受ける「360度評価」が導入されるようになり、コンテクスト評価の幅がさらに広がりました。

360度評価とは? メリット、デメリット、運用方法、評価項目、導入率、企業事例について
360度評価とは、仕事上で関係を持つ多方面の社員が評価対象者を評価すること。 従来多用されていた上司が部下の人事評価を行う人事評価制度とはまったく異なる手法を用います。そのため、導入を検討する場合には...

日本の評価システムの変遷

日本の人事評価の歴史は、アメリカ企業で行われていた人事評価制度を導入したことから始まります。初めはアメリカの制度をそのまま輸入していましたが、徐々に日本独自の形態へと変化していきました。

たとえば、1950年代から1990年代に多くの企業で取り入れられていた「人事考課」は、アメリカ企業の成果を上げた人間を評価するという思考とは少し異なり、個人のリーダーとしての資質や仕事へ取り組む姿勢などが評価対象となっていました。

現在も、アメリカで注目されている最新の評価制度を取り入れながら、独自のスタイルへと発展を遂げていく流れが続いています。

1910年~(アメリカの知見を輸入)

日本の人事評価は、アメリカと同じく1910年頃に端を発します。1930年頃までは、アメリカで誕生した人事評価制度をそっくりそのまま輸入し、評価の基礎である相対評価と絶対評価の考えが根付いていきました。

戦後、アメリカの評価制度が反映されることは次第に少なくなっていきます。

1950年~(人事考課の完成)

1950年以降、日本独自の評価方法が徐々に確立されていきます。

1969年、経団連が定めた「能力主義管理」によって、後にほとんどの日本企業が取り入れることになる「人事考課」の基礎が完成しました。能力主義管理は、成績考課、能力考課、情意(態度)考課の3方向から構成された、日本的な評価制度でした。

職務内容に縛られずに個人を評価できる仕組みであることから、日本企業の間では広く普及しました。

1990年~(目標管理制度の導入)

1990年代に入ると、成果主義の考え方が強くなります。アメリカで目標管理制度(MBO)が開発され広まったことから、日本企業もその考え方を取り入れるようになったのです。

それまで人事考課が主流だった日本企業にとって、「職務に対する評価」という視点は目新しかったため、その指針とすべくMBOを導入する企業が急増しました。

しかし、結果的に、日本におけるMBOは、アメリカのそれとは違うものとして定着しました。アメリカでは、マネジメントのためのツールとして取り入れられるのですが、日本では人事評価のための基準として使われるようになっています。

2000年~(マイナーチェンジの時代)

2000年以降、アメリカ企業の人事評価制度をそのまま取り入れる動きが再び見られるようになります。

MBOは引き続き多くの企業が導入していますが、それに加え

  • コンピテンシー評価
  • 360度評価

など、アメリカでトレンドとなった制度が取り入れられるようになりました。面白い傾向として、日本では現在もMBOが人事評価の主軸であるのに対して、アメリカではかつての日本のような人物重視の評価方法へと移行しつつあるようです。

コンピテンシーとは? モデル化、メリット、課題、評価の導入、面接について
コンピテンシーは職務や役割において優秀な成果を発揮する行動特性で、社内の人材育成や評価基準、採用面接などに活用されています。「コンピテンシー評価」や「コンピテンシー面接」という言葉を見聞きしている人も...

コンピテンシー評価とは? 必要性、メリット・デメリット、基準、項目、コンピテンシーモデルのつくり方、具体例について
職務ベースの評価として採用する企業が増えているコンピテンシー評価。日本企業の間で長く根付いてきた職能資格制度に代わって、近年普及しつつある評価手法です。 コンピテンシー評価とは何か メリット・デメリ...

360度評価とは? メリット、デメリット、運用方法、評価項目、導入率、企業事例について
360度評価とは、仕事上で関係を持つ多方面の社員が評価対象者を評価すること。 従来多用されていた上司が部下の人事評価を行う人事評価制度とはまったく異なる手法を用います。そのため、導入を検討する場合には...

日米の評価制度の違いとは?

日米の評価制度の違いとしては、もともとアメリカの人事評価は、会社に利益を与えた人間を特定し評価する、というものであったのに対し、日本の人事評価は、仕事への姿勢や成果の他に将来の期待値なども加味した人物全体に対する評価であった、という点がありました。

ところが、1990年以降になると、アメリカは人物重視の評価へと変化していき、日本では成果主義とMBOを組み合わせた人事評価に変化したのです。日本においては、MBOはあらゆる職種の人間をまとめて評価することができる仕組みだったため、日本企業と相性が良かったのかもしれません。

3.レイティング評価をやめたGEの現行評価システム

ノーレイティングは評価しないわけではないと前述しましたが、評価をする際にはどのような方法で行うのでしょうか。

ここで、実際にノーレイティングを取り入れた、アメリカの企業ゼネラル・エレクトリック(GE)で行われている評価制度を紹介しましょう。

GEは歴史に名を残したあのトーマス・エジソンが創業した企業です。家電のみならず、医療機器や飛行機のエンジンから、石油やガスなどの原料まで、幅広いビジネスを行っています。

GEが採用してきたこれまでの評価システム

GEは、120年もの歴史がある企業で、これまでのマネジメント手法はさまざまな変遷を遂げてきました。アメリカの評価制度そのものともいえるGEの仕組みは、国を問わず多くの企業から参考にされています。

まず、ノーレイティングを導入する前のGEで、どのような評価システムが使われてきたのかを年代別にまとめました。

■1980年~1990年代
部門ごとのマネージャーが社員に対して評価を行い、その後、全社員を並べて順位を付けていました。そのうち下位10%は退職を言い渡されるという厳しいシステムです。

この評価は年度ごとに行われるため、従業員は常に下位10%に入らないよう気を抜かずに職務に取り組んでいたということです。

■2000年~2010年代
社員の働きがGEという企業の価値と見合っているかどうかを評価対象とし、年度ごとに評価するというスタイルをとっていました。

5ポイントスケール(または9ブロック)と呼ばれる評価制度で、評価した従業員を3×3のマス目に当てはめ、ラベルを付けるというユニークな方法でした。

PD@GE -Performance Development at GE-

GEは、2014年頃からレイティング評価を終了し、新たにPD@GE(Performance Development at GE)というシステムの試運転を行っています。

このシステムは、アプリを使用して上司からの業務評価を受けながら能力開発を行うというものです。ノーレイティングの実践的な評価制度として注目を集めていました。

具体的な方法

PD@GEでは、従業員一人ひとりがモバイルアプリを使用します。アプリを通じて、現在自分が抱えている職務に優先順位を付け、それに対して上司や同僚からフィードバックを受ける、というものです。

このフィードバックはインサイトと呼ばれ、「Continue(継続)」と「Consider(再考)」どちらかのタグが付けられます。

  • 働きが認められた場合は「Continue(継続)」
  • うまくいかなかったり、認められなかったりした場合は「Consider(再考)」

のタグがつけられるため、従業員は仕事の進み具合を常に客観的に評価してもらうことができるのです。
このインサイトによって、仕事を進めていくためにどのような方法が必要なのかを自ら考えるようになり、能力向上につながる、という仕組みです。

PD@GEの効果

PD@GEが始動した現在、その効果は少しずつ現れているそうです。以前よりも従業員の仕事にユニークな取り組みが見られたり、個人個人の働きに対する印象がクリアになったため、評価の際に行う面談内容の質が上がったといいます。

レイティングを行わなくても、以前のような従業員の昇給や昇格に影響はなく、従業員側からも「モチベーションが以前より上がった」などの声が上がっているとのことです。

4.ノーレイティングの導入事例

ノーレイティングは日本では広く知られた用語ではないかもしれません。しかし世界ではすでに導入している企業も増えてきています。アメリカでは「フォーチュン500」という総収入の上位500社を毎年発表しています。このフォーチュン500に入っている企業の中で、ノーレイティングを取り入れているところは2015年の段階で10%を占めています。

これが2017年までには50%くらいにまで広がるのではないかと見られています。この2年間で実に5倍も増加していることから見ても、急激に注目を集めていることがお分かりでしょう。

アメリカの人事制度というと厳格に個人の成果を測定して報酬に連動させる能力主義・実績主義というイメージがありませんか?しかしノーレイティングという全く逆の動きが広がっているのは興味深いところです。

ノーレイティングのほうがむしろパフォーマンスの向上には効果が期待できるとして、導入が進められているのです。アメリカのトレンドは数年のブランクを経て日本でも取り入れられることが多いので、注目の評価制度になるでしょう。

GEを追随する他社(アクセンチュア、デロイト、ゴールドマン・サックス、アドビ、IBM、マイクロソフト、GAPなど)

GEのノーレイティングに続き、いくつもの企業が同様の制度を取り入れ始めています。大手企業でいえば、たとえば、アクセンチュア、デロイト、ゴールドマン・サックス、アドビ、IBM、マイクロソフト、GAPなどがあります。時代の流れはノーレイティングに傾きつつある、といえるかもしれません。

2015年に実施された、デロイトによる3300の企業を対象とした調査では、レイティングによる評価方法によって、従業員の企業に対する愛着心や自己肯定が損なわれているという結果が出ています。

【GE、Google……】人事評価を廃止する理由とは? 日本でノーレイティングを導入する方法
日本では企業や組織に所属すると、多くの場合「人事評価」というかたちでフィードバックを受けたり、それによって給与を決められたりします。ところがアメリカでは今、人事評価を廃止する動きが出てきているのです。...

5.企業がレイティング評価システム改革に失敗する原因とは?

ノーレイティングを取り入れた企業の中には、良い結果が出ていない企業もあります。CEB(米国の調査およびアドバイザリー会社)の調査では、レイティングをやめた企業のうち10%が従業員生産性、6%が従業員エンゲージメントが低下した、という報告も出されています。

ノーレイティングの評価システムがしっかりとつくり込まれていなかったり、評価されないという認識から従業員のモチベーションが低下したりすることが原因となっているようです。

ノーレイティングの導入を検討する際には、まず十分な仕組みづくりや従業員への説明が重要となります。

エンゲージメントとは? 意味、必要性、向上させる方法、評価、測定方法について
エンゲージメントとは、用いられるシチュエーションによってさまざまな解釈がなされる言葉です。 人事領域やマーケティングの領域においてどのような意味を持つのか エンゲージメントの必要性 エンゲージメント...

ワークエンゲージメントとは? 尺度と定義、高める方法、向上による効果
ワークエンゲージメントは、主に従業員のメンタル面の健康度を示すもので、主体的に仕事に取り組んでいる心理状態を表す言葉です。 ここでは、 ワークエンゲージメントの定義、ワーカホリックとの違い ワークエ...

ノーレイティングの問題点

ノーレイティングにはメリットもありますが、さまざまな問題もあります。現在、主な問題点として指摘されることが多いのは、次の2点です。

  1. 管理職側の負担が増加する
  2. 管理職側に高度なマネジメント能力が必要

①管理職側の負担が増加する

ノーレイティングの問題点としてまず挙げられるのは、こまめにミーティングを行う必要があるため、管理職側の負担が増えてしまうという点です。

レイティング評価のように決められた項目やランクがあるわけではないので、毎回のミーティングでしっかりと部下の話を聞いていくことが求められます。リアルタイムのフィードバックも必要となるため、レイティング評価と比べ何倍もの時間と手間がかかります。

②管理職側に高度なマネジメント能力が必要

決められた評価項目がないため、必然的に管理職側の判断にゆだねられる領域が多くなります。管理職の人間にマネジメント能力がない場合、不適切な評価を与えてしまったり、部下が評価内容に不満や疑問を持ったりすることも考えられます。

このような問題を防ぐために、公平な評価を行えるようなシステムをしっかりとつくっておく必要があります。

6.1on1から始めるノーレイティング

欧米では導入が進められているノーレイティングですが、いきなり日本の企業で導入すると混乱をきたす恐れがあります。これまで長く行われてきたレイティングをやめてしまうと、「どうやって評価するのか?」と従業員も戸惑ってしまうでしょう。

そこでノーレイティングをいきなり全面的に導入するのではなく、一旦年次評価を切り離してみましょう。すなわちフィードバックにおける対話を頻繁に行いましょう。

フィードバックとは? 目的、効果的にするポイント、型、具体例、スキルについて【フィードフォワードとの違い】
フィードバックは、日々の業務において上司と部下の間などで頻繁に行われています。職場で何気なく行われているフィードバックにはどんな目的があるのでしょうか。 フィードバックを効果的に行うポイントや、フィー...

しかし中には上司と部下の1on1で話をする機会がなかなか確保できないというケースもあるでしょう。1on1で面と向かって話ができなくても、モバイル端末を使ってコミュニケーションを取ることは可能です。

そのほかにも活動ログを蓄積して、それを上司がチェックするなど、さまざまなコミュニケーションの取り方を模索してみましょう。

ノーレイティングをスムーズに進めやすいマネジメントツール

  1. 1on1ミーティング中に部下の履歴を確認したい
  2. 1on1の内容をこまめに残したい
  3. いつでも確認できるようにミーティングの履歴をクラウドで管理したい
とお考えの方には人材マネジメントツール「カオナビ」がおすすめです。 目標管理制度や評価制度をクラウド上ですぐに始めるための各種機能を取りそろえ、1on1ミーティングの管理にも最適です

部下の履歴を確認しながら1on1できる

部下の履歴を確認しながら1on1できる

部下に対するメモやコメントを残すことも可能

部下に対するメモやコメントを残すことも可能

誰との面談が済んでいるか、進捗を一覧

誰との面談が済んでいるか、進捗を一覧

1on1ミーティング管理のクラウド化にぜひご活用ください

> カオナビについて詳しく見る