役割等級制度とは? 職務等級制度との違いとメリット・デメリットについて

人事の等級制度には何種類かありますが、現在導入するべきか注目を浴びているのが役割等級制度です。一時期に導入を推進されていた職務等級制度と何が違うのでしょうか。今回は役割等級制度についてメリット・デメリットも含めて解説します。

役割等級制度とは?

役割等級制度とは、経営目標を達成するために従業員が果たすべき役割を明確にし、役割に等級を持たせる制度です。1980年代頃のアメリカでスタートした制度であり、職務の定義ではなくミッションの定義を重視する等級制度です。役割の内容に応じて待遇を決定しますが、各企業で役割の定義は異なりますので、統一的な定義は存在していません。

職務等級制度と比較すると、日本企業には導入しやすい制度とされていますが、定義が曖昧なため、各企業とも模索している段階であると言えます。

タレントマネジメントがすぐはじめられるクラウドツール

  1. 組織の今をダッシュボードでパッと把握。気になるところは顔ぶれまで確認できる
  2. 組織図で顔ぶれを俯瞰して人材配置を練れ、マトリクスで評価結果の甘辛調整もできる
  3. 最適人材をリストで管理し、可視化したスキルと経験で育成プランを立てられる
  4. 手軽に実施できる社員アンケートを使い、社員の声を拾って退職リスクも早期発見

カオナビでスキルや適正を可視化し、自在に人事シミュレーションが可能。

> カオナビについて詳しく見る

職務等級制度との違いとは?

職務の難易度・重要性によって等級を決定するのが職務等級制度です。ジョブ・ディスクリプションなどによって職務内容を厳格に定義することが必要ですが、誰が担当しても同じ待遇となる制度です。

日本では属人的と言われる職能等級制度のかわりとして導入が吟味されてきました。しかし、職務内容を厳密に定義することが日本の組織では難しく、業務分担にも支障が生じることがあるため、なかなか導入が進んでいません。

役割等級制度は、職務等級制度よりも緩やかに定義するという違いがあります。職務内容というよりも、役割を果たすためにとるべきアクションをシンプルに定義します。また、職務内容の定義は一度設定するとなかなか変更するのは容易ではありませんが、役割なら比較的変更が簡単である点もメリットです。

職務等級制度を根付かせることが難しい日本の組織において、次に導入検討されている制度の候補と言えます。しかし、役割等級制度は厳密な定義や定型が存在していないので、各企業が自社にフィットする役割定義を設定しなくてはならないのが注意点です。

職務等級制度とは? 職務等級制度のデメリット・他の制度との違い
職務等級制度とは? 職務等級制度は賃金を決定するにあたって、従業員の担当している職務のレベルで決めるシステムのことです。欧米でよく導入される制度で、職務レベルと仕事の市場賃金相場をベースに給料を決め...

役割等級制度のメリット・デメリットとは?

役割等級制度の主なメリットは、従業員の業務における役割が明確になることで、主体性を持って動きやすくなることです。自らのミッションがクリアになると、自分で判断できる領域が広がるため、組織の活動が円滑になる効果が生まれます。役割が外から見ても明確であれば、従業員が役割を果たしているかの判断がつきやすく、処遇も適切に行うことが可能です。さらに、役割は経営状況に応じて柔軟に変更することもできます。

デメリットは、役割の内容を自社で主体性を持って考えないとうまく機能しないということです。役割は組織風土・文化とも関連がありますので、他社の定義を流用しても自社とマッチしないことが多いです。役割等級制度を導入するなら、人事は経営・現場と細かくすり合わせを行い、適切な役割定義・グレードを定めることが求められます。

人事評価を効率的・効果的にするツール

  1. 人事評価の運用を効率化したい
  2. 人事評価の進捗や結果を見える化したい
  3. 社員の評価に対する不満を解消したい
とお考えの方には人材マネジメントツール「カオナビ」がおすすめです。

評価の運用を効率化

評価シートを再現。カスタマイズも自在

評価シートを再現。カスタマイズも自在

クラウド上に評価シートを再現Excelや紙での煩雑な管理から解放されます。 スマホでも回答ができるので、評価者・被評価者も使いやすいです。

進捗や評価結果を見える化

進捗を一覧。催促メールも一括送信できる

進捗を一覧。催促メールも一括送信できる

評価結果を一覧できるのはもちろんのこと、進捗状況もパッと確認できます。 止まっている人に対して催促メールも送れます

甘辛調整や満足度の確認もできる

最後の評価調整に

最後の評価調整に

評価会議で、評価結果を一覧しながら最後の甘辛調整にも使えます。 人事評価の運用効率化にぜひご活用ください

> カオナビについて詳しく見る