活用ノウハウ

課題

新入社員が入社直後に感じる不安やギャップを把握し定着率を上げたい

入社前にイメージしていた業務と現実とのギャップや、上司や同僚との人間関係がうまくいかないなどの要因で、新入社員が早期離職してしまうことがあります。表面化しにくい「社員のコンディションの変化」をいち早く捉え、社員が離職を考えてしまう前に本音を聴けるフォロー体制が求められています。

施策概要

入社後1~2週間ごとに簡単なアンケートを実施し、面談で確実にフォロー

社員の日々の状態を可視化するために、直感で回答できる簡単なアンケートを実施します。入社したばかりの頃は1~2週間に1回などといった短い周期で実施し、コンディションの推移を把握します。
施策はアンケートの実施だけでなく、退職リスクの要因を深掘りするため、人事担当者が定期的に面談をする時間も設けています。そこで知り得た情報は本人の同意無しでは一切公開せず、秘匿性の高い状態を維持します。人事への信頼を高めることで「この人になら本当のことを話したい」と社員が思え、本音を挙げやすい環境を作ることができます。面談担当者は、人事の中でも限られた人に絞って対応しています。

  • 短い周期でアンケートを実施し、社員のコンディション推移を観測する
  • 人事担当者による面談を実施し、直接本人の声を聞く
  • 秘匿性について社員へ説明し、面談対応者のアサインも慎重に行う

カオナビを使った解決策

『PULSE SURVEY』を使って、アンケートの実施

対象者は「入社3ヵ月未満」で絞り込み、新入社員に特化した運用を行っています。設問は3~5問程度で、パッと答えられるような簡単なものにし、健康面・人間関係・業務への取り組み姿勢について聞きます。週単位で実施することでデータが蓄積され、コンディションの細かい変動が可視化されます。これにより、「一時的なものなのか」「フォローを要する深刻な状況なのか」など把握しやすくなります。
また、実施する際は、「回答内容は人事のみに開示されます」といった、本人の回答に配慮したアナウンスをするようにしています。

『PROFILE BOOK』で社員のキャリア志向や業務適性を管理

入社時に「やってみたい」と思っていたことや、得意分野などを『PROFILE BOOK』 に入力し、人事担当者が現実との乖離を把握できるようにします。社員自身の申告内容と、『適性検査(SPI3)』など客観的なデータを一元管理することで、要因分析がスムーズになります。

『PROFILE BOOK』を使って、面談記録を入力

『PULSE SURVEY』の回答内容をもとに実施した面談の内容は『PROFILE BOOK』に記録します。面談の際、前回話した内容を振り返りながら会話できるよう、面談実施日や面談者、話した内容を確認しやすい入力欄にします。

カオナビ設定手順

  1. 『PULSE SURVEY』で、イベントを作成し、設問の設定、回答対象者などの設定を行う
  2. 『管理者機能トップ>レイアウト設定』で「入社後やってみたいこと」を入力するシートの作成を行う
  3. 『管理者機能トップ>レイアウト設定』で面談記録を入力するシートの作成を行う
  4. 『管理者機能トップ>アクセス管理』で、やってみたいことや面談記録を入力/閲覧するユーザーのロールに対し閲覧・編集権限を設定する

PULSE SURVEYのマニュアルはこちら(サポートサイト)

関連記事

一覧に戻る