360度評価に失敗してしまうことはあるのでしょうか?その場合、どのような原因が考えられますか?

設問が曖昧、スタッフへの負担が大きい、導入理由や目的が曖昧、最後まで実施されないといった原因が考えられます。

このような原因があると360度評価の成功にはつながらないでしょう。しかし、どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

どうしてこのようなことが起こるのか?

設問内容によっては評価に時間がかかりますし、途中で止まってしまうことも。また、評価経験が少ない場合、他人の評価は難しいでしょう。

理由や目的が明確でなければ、とりあえずといったかたちで評価する人も現れ、それにより客観的な評価はできなくなります。

また、設問が多いなど負担も大きければ、最後まで実施されず、止まってしまうでしょう。

360度評価はどのような目的で導入する企業が多いのでしょうか?
複数の評価により客観的な評価が可能になる、上司だけでは分からない社員のスキルや仕事が可視化される、他人の評価から自己発見ができる、多面的評価により納得度が増すなどです。 このようなメリットに向けて、3...

360度評価の実施後にはフォローを

  • さまざまな人から評価を受けた結果どのようになったか
  • 360度評価は人事評価内でどのように反映されているのか

などが不明瞭だと、メリットを感じることができず、真剣に取り組めません。360度評価を実施した後は必ずフォローを行いましょう。

また、評価制度を人事評価に反映せず別の形でフィードバックするという方法も。その際も、活用方法を含め細かくフォローするとよいでしょう。

フィードバックとは? 意味や文例、ビジネスでの使い方、期待できる効果、具体的な使用シーン
フィードバックは、日々の業務において上司と部下の間などで頻繁に行われています。職場で何気なく行われているフィードバックにはどんな目的があるのでしょうか。 フィードバックを効果的に行うポイントや、フィー...

導入方法や時期などは慎重に検討

360度評価に対する認識が甘いと、失敗につながります。 導入方法や時期などは慎重に検討しましょう。

また、なぜ360度評価を行うのか、それによってどんな効果を得ようとしているのか、スタッフがきちんと把握することも重要です。事前にきちんと説明することもお忘れなく。

最初から大掛かりにせず、

  • 部分的に導入
  • 短期間で行う

など、部署に適したかたちを考慮して採用するのもよいでしょう。失敗を避けることにつながります。

360度評価とは? メリット、デメリット、運用方法、評価項目、導入率、企業事例について
360度評価とは、仕事上で関係を持つ多方面の社員が評価対象者を評価すること。 従来多用されていた上司が部下の人事評価を行う人事評価制度とはまったく異なる手法を用います。そのため、導入を検討する場合には...