KPI・KGI・KSFを分かりやすく解説! 具体的な設定方法とKPIツリーの例

KPI、KGI、KSFは、企業や組織の目標を達成するために必要となる指標です。ここでは、KPI、KGI、KSFを分かりやすく解説するだけでなく、それぞれの特性を生かしたKPIツリーの具体的な設定方法やKPIツリーの具体的事例などをご紹介します。

1.KPIとKGIとKSFの定義と具体例

KPIとKGIとKSFそれぞれの定義と活用例を頭の中に入れておくと、実際に使用しなければならない場面でも迷わないで済むでしょう。

KPI(Key Performance Indicator/重要業績評価指標)とは?

KPIとは組織や企業の目標達成度合いを定義する際の計量基準群と定義されており、重要業績評価指標と訳されます。「Key Performance Indicator」の頭文字を取ってKPIと呼ばれています。

KPIとは? 意味、設定方法、OKRとの違い、コツ、例、人事のKPI例について【KGI・KFSとKPIの関係とは?】
個人や組織が設定した目標の達成度合いを定量的に計測することは、人事マネジメントに欠かせません。目標の達成度合いを測定する指標として注目を集めているのがKPI、すなわち重要業績評価指標です。 定量的指...

KGI(Key Goal Indicator/重要目標達成指標)とは?

KGIとは企業や組織が展開するビジネスの最終目標の定量的評価をするための指標のことで、重要目標達成指標と訳されています。「Key Goal Indicator」の頭文字を取ってKGIと呼ばれています。

KSF(Key Success Factor/重要成功要因)とは?

KSFとは企業や組織の経営戦略実現のためには、どのような要因が必要であるかを定めたもので、重要成功要因と訳されます。「Key Success Factor」の頭文字を取って、KSFと呼ばれています。(Key Factor for Successの略としてKFSと表記されることもありますが意味は同じです)

KFS(Key Factor for Success)とは? 意味、具体例、重要性、見つける方法、分析、注意ポイントについて
KFSとは、企業を成功へと導く重要成功要因のこと。KFSを的確に把握し、その実現に邁進できれば、企業が成功を手にする可能性は高まります。 KFSとはどのようなものなのか 意味や具体例 重要性といった...

KSFとKPIの違い

混同されやすいのは、KSFとKPIです。KPIは組織が向かっている目標に対するベンチマークで、KSFは組織の目標達成のためにすべきことを意味します。

「来年度の新卒採用を10名から20名に増やす」といった場合、「新卒採用人数」がKPIで、新卒採用を増やすために行う「採用チャネルを増設」といったアクションがKSFになるのです。

まずは、KPI、KGI、KSFそれぞれの定義を正しく理解し、それを目標達成に活かしていきましょう

3.KPIとKGIとKSFの設定方法

KPIとKGIとKSFを設定する場合、ロジックツリーの概念を活用すると理解しやすいでしょう。企業や組織が目指す最終目標であるKGIを頂点として、KPIやKSFへと落とし込んでいく方法が有効です。

4.KPIツリーの事例

KPIツリーとは、企業や組織が抱える問題をツリーの形状で論点整理するモデルのこと。問題を論点整理するだけでなく、整理された論点をどのような方法で問題解決していくか、その手段を模索できる思考方法です。

1つのKPIツリーの中で次元を揃えることに注意して、MECE(モレなく、ダブリなく)に分解していきます。

KPIツリーとは? 作り方、具体例、目的、メリットについて【KPI・KGIとは?】
KPIツリーは、KGIを達成するために用いられる手法の一つです。 KPIツリーとは何か KPIツリーの作成方法や具体的な事例 KPIツリーを作成する目的やメリット などについて、KGIとの関連性を...

KPIツリーを有効活用することで、企業や組織が抱える問題点を解決に導いていけます

5.KPIツリーの具体的な展開方法

KPIツリーを活用して企業や組織の問題点を解決すると考えた際、まず行うのはKPIツリーを作っていく手順を確認すること。ここでは、KPIツリーの具体的な展開方法を説明します。

  1. KGIを設定する
  2. 目標と現状のギャップを明確にする
  3. 目標達成までのプロセスを検討する
  4. KSFを絞り込む
  5. KPIを設定する

①KGIを設定する

まず、四半期や年次、中長期といったスパンにおける企業や組織の目標であるKGIを設定します。このとき、KGIは関係者の理解が進むように単純な数値目標とすることが望ましいです。

KGIの具体例

KGIを決める際、「どのくらいの期間で、企業や組織がどのような姿になっていたいか」という視点から数値的目標を定めます。一般的な企業や組織では、営業利益や利益率がKGIとして採用されています。

②目標と現状のギャップを明確にする

次に目標と現状のギャップを明確にします。KGIという企業や組織の理想像を設定したので、その理想と現実にどのくらいの乖離が生じているのかを洗い出すのです。そのギャップを埋めていけば、企業は理想像にたどりつけるでしょう。

③目標達成までのプロセスを検討する

続いて目標達成までのプロセスを検討します。企業や組織の理想であるKGIに近づけるには、どのようなプロセスが必要なのかについて、できるだけ現場の声を盛り込んで現実的に練り上げていくのです。

検討の方法

プロセスの検討では、多面的に考えていきましょう。

利益を上げるなら、売り上げを伸ばす、費用を減らすといった2面から捉えます。その場合、

  • 売り上げの視点:顧客単価を上げる
  • 費用の視点:経費削減

といったプロセスが考えられるでしょう。

④KSFを絞り込む

今度は、KSFを絞り込みます。多角的に検討を重ねたプロセスから、目標達成上、最も大切と考えられるプロセスを絞り込んでKSFを設定するのです。このKSFには、現場対応が可能なものを選択しましょう。

KSFの具体例

売れ筋商品の分析や商品アイテムの改変などであれば、営業部門やマーケティングといった現場での対応が可能になります。

一方、値引率や営業人員の増強などは現場で決めることができないケースもあるのでKSFには不適当です。

⑤KPIを設定する

最後にKPIを設定します。絞り込んだKSFに関して、どのくらいの数値目標を設定するのかを検討するのです。その際、現場が受け入れ難いような数字であれば再検討し、現実的なレベルまで数値を変えていきます。

KPIの具体例

売り上げを例に見てみましょう。売れ筋商品の分析や商品アイテムの改変をKSFにした際、「業界シェアを30%から70%まで上げる」という数値が決まったのであれば、その70%という数値がKPIに相当します。

KGIから逆算して具体的プロセスや数値目標を設定し、KPIツリーを完成させていきましょう

6.KPIツリーの事例

ここまでKPIツリーの作成方法を確認しました。しかし、「KPIツリーがなかなかイメージしにくい」という人もいることでしょう。

そんな人のために、営業のKPIツリー、人事採用のKPIツリーの一例をご紹介します。自社に当てはまる部分があれば、参考にしてみてください。


KPIツリーの有効活用は重要なポイントです。KPIツリーを活用して企業や組織の目標を達成していきましょう