KPIにおけるKGIの重要性とは? 目標達成して成功するためのKGI・KPIの設定方法について

KGIもKPIもビジネスにおいて目標達成のための指標として使われます。2つの違いは、KPIが過程を見るための指標なのに対し、KGIは結果を見るための指標である点。

つまり、KPIは目標達成のための小目標であり、KGIは最終目標となるのです。こうした違いとその重要性について、分かりやすく解説します。

1.KGIとKPIの定義と具体例

KGIとKPIは、ビジネスにおける目標を達成する上でとても大きな役割を担っています。どちらも同じような目的で活用されますが、役割はそれぞれ異なるのです。どのような違いがあるのか、具体的に解説していきましょう。

KGI(Key Goal Indicator/重要目標達成指標)とは?

KGIとはKey Goal Indicatorの略で、組織内で目的の達成度合いを可視化するために使われる重要目標達成指標のこと。目標に対して、KGIの示す値が想定した値に達していれば目標を達成したということになるのです。

KPI(Key Performance Indicator/重要業績評価指標)とは?

KPIとはKey Performance Indicatorの略で、組織において、目標達成のために必要なプロセスを評価するための重要業績評価指標のこと。最終目標を達成するために必要なタスクの達成条項を把握するために用いられています。

KGIとKPIの違い

  • KGI:最終目標を数値で表した指標、最終ゴール
  • KPI:KGI達成のプロセスとなる業務ごとに設定した目標数値の達成度合いを把握して評価するための指標、ゴールに向かう通過点

KGIとはKey Goal Indicatorの略で、重要目標達成指標のこと。KPIとはKey Performance Indicatorの略で、重要業績評価指標のことです

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは? 効果的に行うための1on1シート付き解説資料をダウンロード⇒こちらから


【大変だった人事評価の運用が「半自動に」なってラクに】

評価システム「カオナビ」を使って評価業務の時間を1/10以下にした実績多数!!⇒ カオナビの資料を見てみたい

●評価シートが自在につくれる
●相手によって見えてはいけないところは隠せる
●誰がどこまで進んだか一覧で見れる
●一度流れをつくれば半自動で運用できる
●全体のバランスを見て甘辛調整も可能

2.KGIとKPIの関係とは? KPIツリーの構造

KPIツリーとは? 作り方、具体例、目的、メリットについて【KPI・KGIとは?】
KPIツリーは、KGIを達成するために用いられる手法の一つです。 KPIツリーとは何か KPIツリーの作成方法や具体的な事例 KPIツリーを作成する目的やメリット などについて、KGIとの関連性を...

「KPIツリー」とは、ビジネス上のゴールであるKGIを達成するためのロジックツリーのこと。KGIの下にKPIが連なり木のように見えることから、そう呼ばれています。

ツリーの下部に位置する具体的なKPIから考察できる内容は、施策の検討や実行がもたらすKGIに対する効果検証に役立てることもできます。

大きな目標を達成するのは難しいです。しかし、具体的な小さい目標達成を積み上げていくことで大きな目標の達成につながります

OKRのゴール設定や運用に関する資料を無料プレゼント中!⇒こちらから

3.KGIとKPIの設定によって得られるメリット

さまざまな経営活動やアクションを指標化・定量化できれば、組織全体や部署、社員一人ひとりまでの現状と目標、さらに目標を達成するまでに必要な具体的な施策が可視化されます。

成果や活動が足りていない場合、即座に数値に反映されるので、KPIツリーの中のボトルネックに対し、ピンポイントで改善できるでしょう。

組織の中で目標を掲げたら、KPIツリーを作成して社員全員がやるべきことを可視化しましょう

社員のモチベーションUPにつながる! 「従業員エンゲージメント」がマンガでわかる資料を無料プレゼント⇒こちらから

4.目標達成の指標・KGIとKPIの設定のコツ

目標を達成するためのKGIとKPIを設定する際のコツに、進捗が管理できる仕組みをつくること、結果指標とプロセス指標に分けて考えることなどが挙げられます。ここでは、こうしたポイントを具体的にご紹介しましょう。

KGIの設定方法

企業や組織が四半期・年次・中長期などの目標として設定するKGIは、全社員が容易に理解できる単純な数値目標にすることが大切です。また、努力や創意工夫をすることで実現可能な目標レベルにすることもポイントといえます。

KGIの具体例

たとえば、「平均客単価を1万円にする」といった、計測可能な成果を目標にしてみましょう。具体的で分かりやすい数値が提示されていれば、達成できたかどうかを明確に判定できます。

KPIの設定方法

KPIも具体的な目標として設定します。これは、最終的にKGIを達成するための小さな目標なので、結果的にKGIにつながるような目標の設定にすることは欠かせません。最終目標を達成するために必要な施策を具体的に考えて設定しましょう。

KPIの具体例

KPIの例としては、「ウェブサイトのページビューの数を1000以上にする」、「新製品を10点追加する」といった、クリアしたかどうかが一目瞭然の目標が理想です。達成しやすい目標を確実にクリアしていくことで、最終目標に近づくことができるでしょう。

「SMART」なKPIとは?
KPI・KGIを設定する際に、『SMART』という5つの基準に基づいた目標の立て方が有効です。SMARTとは、Specific(具体的か)、Measurable(計測可能か)、Achievable(達成できる見込みはあるのか)、Result-oriented or Relevant(結果指向または関連性)、Time-bound(目標の期限は明確か)のこと。これらが設定されているかどうかが重要なポイントになります。

SMARTの法則とは? 目標設定の重要性、目標の立て方、具体例について
目標を立てるにあたって、全く実現不可能なものであっても意味がないですし、簡単に達成できそうなものであっても目標になりません。達成可能な目標の立て方として注目を集めているのが、SMARTの法則と呼ばれる...

KPIもKGIと同様、具体的な目標設定が重要です。KPIを設定する際にSMARTを明確にするとよいでしょう

Excel、紙の評価シートを豊富なテンプレートで楽々クラウド化。
人事評価システム「カオナビ」で時間が掛かっていた人事業務を解決!
【公式】https://www.kanavi.jp にアクセスしてPDFを無料ダウンロード

5.KGIとKPIの運用におけるポイント

KPIやKGIを運用する際に最も大切なのは、PDCAサイクルをしっかり回すこと。そして、こまめな進捗確認により、実施中の施策をきめ細かく調整できます。漠然とした目標では、途中の進捗状況が分かりにくいです。具体的な目標を立てましょう。

有効なKPIやKGIを設定し、その進捗管理をしっかり行うことで確実に目標を達成していくことができます