KPIとアクションプラン、目標管理シートとの関連付け法や企業事例について

KPIを積極的に活用して目標管理をする企業や組織が増えています。

ここでは、

  • KPIを設定する際、アクションプランをどのように位置付ければよいのか
  • 目標管理シートとアクションプランの関連性について
  • KPIやアクションプランを活用している企業事例

などからKPIとアクションプランを見ていきましょう。

1.KPI(Key Performance Indicator/重要業績評価指標)とは?

KPIとは企業や組織の目標達成の鍵となる重要成功要因に対する管理指標や管理基準値のこと。「Key Performance Indicator(重要業績評価指標)」といいますが、広い意味で「プロセスKPI」と呼ぶこともあります。

KPIとは? 意味、設定方法、OKRとの違い、コツ、例、人事のKPI例について【KGI・KFSとKPIの関係とは?】
個人や組織が設定した目標の達成度合いを定量的に計測することは、人事マネジメントに欠かせません。目標の達成度合いを測定する指標として注目を集めているのがKPI、すなわち重要業績評価指標です。 定量的指...

KGI(Key Goal Indicator/重要目標達成指標)とは?

KGIとは、企業や組織の活動目標に対する成果指標や目標数値となるもの。「Key Goal Indicator(重要目標達成指標)」といい、広義で「成果KPI」と呼ばれています。

CSF(Critical Success Factor/重要成功要因)とは?

CSFとは、成果KPI、すなわちKGIの達成に対して決定的な影響を与えると考えられる施策のこと。「Critical Success Factor(重要成功要因)」といい、KPI、KGIと違って、定性的に検討するだけで構いません。

企業や組織の目標管理の指標に、KPI、KGI、CSFなどがあります。CSFは定性的に検討するだけで構いません

2.アクションプランとは?KPIとの関係

アクションプランとは、KPIを達成させるための行動計画のこと。

戦略マップ上にある、

  • 戦略が実現できているかを確認するゴール指標(KGI)
  • ゴールに関する指標達成に向けた日々の日課(KPI)

などをアクションプランに落とし込むことで、KPIがより現実的で実効的なものになるのです。

KPIを絵に描いた餅で終わらせないための具体的な計画を、アクションプラン(行動計画)といいます

3.KPIを具体的なアクションプランに落とし込むには?

KPIを具体的なアクションプランに落とし込むには、部門長などの管理者や部門構成メンバーの連携が不可欠です。管理者はアクションプランの設定を通して、業務目的や遂行のポイントなどの共通認識を構築していきます。

アクションプランの設定方法

アクションプランの設定方法は企業によって異なりますが、一般的にはKPI設定シートのプロセスKPIに、担当者やアクション項目、実施スケジュールを記載していきます。

ただし場合によっては、KPI設定シートやアクションプランシートの関係性を明確にしつつ、別シートで管理しているケースもあるようです。

フォーマットを参考にしながら、KPI設定シートなどを自社で使いやすいようにアレンジしてみてください

4.社員の目標管理におけるアクションプランとは?

社員の目標管理を実施している場合、レベルアップした取り組みを期待して、KPIマネジメントと個人目標管理の両方をリンクさせる方法が多いようです。

具体例

企業レベルでビジョンを設定したら、それを事業部レベルでブレイクダウンし戦略マップを作成します。次に、戦略マップをもとに部門レベルで成果KPI、プロセスKPIを作成するのです。

企業レベルで設定した目標、事業部のKPIとの関連性が明確になった部門レベルのプロセスKPIをもとにして、社員個人のアクションプランを設定していくイメージと考えると分かりやすいでしょう。

組織のKPIを目標管理シートに関連付ける方法

組織のKPIを社員個人の目標管理シートに関連付ける際鍵となるのは、「何のために、どんな課題に、どのような成果を想定して」という要素を明確にすること。

  • 上位組織のKPIとの関連性
  • 具体的なアクションプラン
  • 成果イメージ

を意識しつつ、個人の役割や責任、テーマを設定していきます。

KPIとアクションプランの整理方法

KPIとアクションプランを整理するために、

  • 組織から個人へ、組織の目標、課題の理解を深める
  • 個人から組織へ、個人目標と組織目標の関連性を明確にする

ことが重要です。その結果、アクションプラン開始前の段階でも一定の実行保証を確認できるようになります。

KPIとアクションプランの関係性を社員個人レベルまで丁寧に落とし込むことで、レベルアップした取り組みが期待できます

5.KPIとアクションプランの設定における注意点

実効性の高いアクションプランを策定して、設定したKPIを有効に活用するには、2つの注意点に気を付ける必要があります。

  1. 社員個人レベルまでKPIを設定する必要はない
  2. PDCAのC(チェック)のポイントを明確にしておく

①社員個人レベルまでKPIを設定する必要はない

1つ目は、社員個人レベルまでKPIを設定する必要はないということ。

理論上、個人レベルのKPIの設定は可能ですが、KPI設定の手間やマネジメント工数の複雑さを考えると、個人レベルまでKPIを設定する必要はありません。KGIや部門KPIの概念や指標に対する理解や浸透を優先するほうが効果的です。

②PDCAのC(チェック)のポイントを明確にしておく

2つ目は、PDCAのC(チェック)を明確にしておくこと。

チェックのタイミングや確認方法はKPI項目ごと、まちまちになっても構いません。計画の段階でアクションプランの進捗確認のタイミングを明確にしておくことで、PDCAサイクルのレベルが向上します。

KPIとアクションプランを設定する際には、2つの注意点が押さえられているかを確認してください

6.企業のKPIとアクションプランの事例

KPIとアクションプランを積極的に活用している企業は、水回り製品、窓、ドア、インテリアなどの建材製品の開発、提供をするグローバル企業のLIXILです。世界150カ国以上で70,000人超の従業員が在籍しています。

LIXILグループのKPIとアクションプラン

LIXILグループは、

  • コーポレートガバナンス
  • ステークホルダーエンゲージメント
  • サプライチェーン
  • 労働慣行

などに関する特定の重要課題について、KPIやアクションプランを策定しています。たとえば労働慣行では、「働きやすい職場環境の整備」を謳い、

  • アクションプラン:従業員意識調査の継続実施
  • KPI:従業員意識調査結果に対するアクション実施率(%)

を設定しています。

実際にKPIとアクションプランを活用している企業例を参考にして、実践的な目標管理を目指していきましょう