能力評価とは? 能力評価基準と項目、職能資格制度の関係

能力評価とは?

能力評価とは仕事をする能力をベースにして人事評価する手法です。人事評価を行う場合、能力評価のほかにも業績評価なども加味して総合的に判断します。能力評価は、長期的な社員の育成・向上を目的として行われます。このため、本来能力評価と付随する処遇は「未来への投資」という会社をする向きもあります。

しかし近年、日本でも成果重視の傾向が見られます。このため能力評価の「能力」とは、潜在能力のほかにも一定期間における行動のほうが重視されがちです。このため、コンピテンシー評価に近い性質になりつつあります。ちなみに能力評価による結果によって、昇給・昇格につながる可能性もあります。

コンピテンシーとは? モデル化、メリット、課題、評価の導入、面接について
コンピテンシーは職務や役割において優秀な成果を発揮する行動特性で、社内の人材育成や評価基準、採用面接などに活用されています。「コンピテンシー評価」や「コンピテンシー面接」という言葉を見聞きしている人も...

コンピテンシー評価とは? 必要性、メリット・デメリット、基準、項目、コンピテンシーモデルのつくり方、具体例について
職務ベースの評価として採用する企業が増えているコンピテンシー評価。日本企業の間で長く根付いてきた職能資格制度に代わって、近年普及しつつある評価手法です。 コンピテンシー評価とは何か メリット・デメリ...

タレントマネジメントがすぐはじめられるクラウドツール

  1. 組織の今をダッシュボードでパッと把握。気になるところは顔ぶれまで確認できる
  2. 組織図で顔ぶれを俯瞰して人材配置を練れ、マトリクスで評価結果の甘辛調整もできる
  3. 最適人材をリストで管理し、可視化したスキルと経験で育成プランを立てられる
  4. 手軽に実施できる社員アンケートを使い、社員の声を拾って退職リスクも早期発見

カオナビでスキルや適正を可視化し、自在に人事シミュレーションが可能。

> カオナビについて詳しく見る

人事評価における能力評価の項目は?

業務目標に応じて判断する業務評価に対して能力評価は、業績とかかわらない項目をベースにして評価します。具体的には業務に取り組む姿勢や意欲などが含まれます。能力評価の項目は職種・業種によって微妙に異なります。

具体的にはコンプライアンスに対する意識や上司・同僚などとの連携、人的ネットワークを構築できる能力があげられます。さらにはクレームをはじめとしたトラブルに対してきちんと対応できるかどうかなどのリスクマネジメント能力の有無も評価項目に含めるべきです。仕事をする場合、課題や目標を設定して、そこに向かって必要な対策を講じます。課題や目標を明確に設定できるか、進捗状況を管理し、適切な対処をしているか、目標・課題遂行のための追及の度合いなども評価項目に加えるといいでしょう。

能力評価基準を設けることのメリット

能力評価基準を設けることで、企業が実際に求められる実践的な職業能力を占めることが可能です。このため、企業の人材ニーズと労働者の持っている能力のマッチングがより容易になります。企業にとって真に必要な人材を確保できますし、労働者にとってもミスマッチを防げるので早期離職の防止効果が期待できます。

能力評価基準を設けて、これを労働者に提示すれば、労働者自身「会社が自分たちにどの能力を求めているのか?」を把握できます。すると自ら必要なキャリア形成に取り組むことができ、自己表現につなげやすくなります。従来の日本の企業風土として一斉に新卒者を採用して、OJTや教育訓練をして人材育成してきました。しかしこのような人材育成を会社自ら行わなくても、労働者が自己研鑽してくれる可能性も出てきます。必要な人材を必要なところに配置できるので、外部から人材を確保する必要もなくなります。

能力評価で職能資格制度の運用は難しい?

日本では独自の能力評価制度がありました。それは職能資格制度です。職能資格制度とは従業員が持っている職務遂行能力をベースに序列化を行う制度です。職能資格制度は日本においてとくに1960~70年代の高度経済成長期の時に浸透していきました。1990年代のバブル経済の時まで、日本は数十年ずっと右肩上がりの経済状況だったので広がっていった背景もあります。

日本の会社では独自の風土があって、その中でも年功序列や終身雇用が2本柱でした。職能資格制度は勤務する企業が社員に対して期待する能力をベースにして評価します。似たようなものに職務等級制度があります。職務等級制度は職能資格制度と違って、職務をベースにして評価します。職能資格制度の場合、その会社であれば役に立つ能力かもしれませんが、他の会社に行くと必ずしも役立つとは限りません。

近年日本でも終身雇用が難しくなって、転職する人も増えてきています。そのような環境の中で、職能資格制度による能力評価は厳しくなりつつあります。結果的により普遍的な評価のできる職務等級制度を導入する会社が増えています。

効率的な人事評価運用のためのツール

  • 人事評価の運用を効率化したい
  • 人事評価の進捗や結果を見える化したい
  • 人事評価制度を始めてみたい
  • 社員の評価に対する不満を解消したい
とお考えの方には人材マネジメントツール「カオナビ」がおすすめです。

自社の評価シートを再現。カスタマイズも自在

自社の評価シートを再現。カスタマイズも自在

評価の詳細結果を並べて確認できる

評価の詳細結果を並べて確認できる

クラウド上に評価シートを再現Excelや紙での煩雑な管理から解放されます。

評価結果を一覧できるのはもちろんのこと、進捗状況もパッと確認可能。 ⇒ 人事評価の運用効率化にぜひご活用ください。

>> カオナビについて詳しく見る