人材管理とは? クラウド型人材管理システム活用で開ける可能性

適材適所を可能とする人材管理に成功すれば、組織の戦略実行力が強化されると同時に、個人の意欲の向上や自己実現がなされ、人材の育成や惹きつけにつながることになります。

それが組織の競争力の源泉として蓄積されていくことは言うまでもありません。グローバル競争における海外のライバル企業たちが、戦略人事と呼ばれた領域の業務までも効率化に成功している中で、適材適所をアナログ業務に頼ることで起こる機会損失は計り知れません。

さらなる活躍の場を求める優秀人材や、活用の機会を得ずにアンダーパフォーマーとなっている人材を見過ごし続けることは、もはや許されない状況となっています。

人材管理とは?

人材管理は、組織が経営活動を行うためのひとつの中核的要素である人材を、効率的・効果的に調達し活用していく仕組みであると定義づけられています。

つまり、組織の戦略実行のための適材適所の実現が、人材管理の最大の目的とされています。一方、この定義を文字通り捉えただけで人材管理の仕組みを構築していくことへの危険性が、多くの経営者や経営学者によって繰り返し言及されてきています。

人材の管理にあたっては、人材をひとつの機能と捉える経営的視点だけでなく、自律的存在である個人としての側面による視点が欠かせません。組織に競争優位の源泉をもたらそうとするならば、個人の意欲を尊重しながら、さらに中長期的な視点での育成も重視する必要があります。

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは?

・1on1の進め方がわかる
・部下と何を話せばいいのかわかる
・質の高いフィードバックのコツがわかる

効果的に行うための1on1シート付き解説資料をダウンロード⇒こちらから


【評価業務の「めんどうくさい」「時間がかかる」を一気に解決!】

評価システム「カオナビ」を使って評価業務の時間を1/10以下にした実績多数!!

●評価シートが自在につくれる
●相手によって見えてはいけないところは隠せる
●誰がどこまで進んだか一覧で見れる
●一度流れをつくれば半自動で運用できる
●全体のバランスを見て甘辛調整も可能

カオナビの資料を見てみたい

進むグローバル企業の人材管理システム活用

人材管理の仕組みづくりは、雇用管理(採用から退職まで)や報酬制度や福利厚生の企画運用、教育訓練、労使交渉、モチベーション管理(動機付け)、組織設計や組織開発など多岐の業務に分解されます。

こうした人材管理にまつわる諸業務にシステムを活用する動きが出てきており、特に米国企業を始めとするグローバル企業では、そうしたシステム導入による成果が大いに現れ始めています。

HRテック/ HRTechとは?【業界カオスマップ】企業一覧
IT技術の急速な進化の影響を受け、今、人事・組織マネジメントが大きく変貌を遂げようとしてあいます。その鍵になるのが、HRテック(HR Tech)と呼ばれるサービスです。 HRテックとは何か 国内市場...

一方日本では、給与情報、異動歴、人事考課歴、研修歴といった客観化可能な情報のデータベース化は進んでいる企業が多いとされていますが、一方で適材適所の実現に対してシステムが活用されているかという観点では、まだ不十分であると言わざるを得ません。

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは? 効果的に行うための1on1シート付き解説資料をプレゼント⇒こちらから

人材管理の仕組みと従来型の人事システムの親和性-日米企業比較-

米国企業の場合

米国企業では、ジョブディスクリプション(職務記述書)によって、細緻にわたってポジション毎の職務内容が定義され、社員の職務内容と組織に対する貢献度が明確に掲げられています。

米国で人材管理におけるシステム活用が進んだ背景のひとつとして、こうした人材管理のスタイル自体が既存の人事システムの仕組みと親和性が高かったことが考えられます。

採用や異動は全てジョブディスクリプションに基づいて実行されるだけでなく、ジョブディスクリプションによって定義された期待役割と実際のパフォーマンスの比較により、評価や昇降格、人材育成のプランニングが行われます。

このように組織が求める人材像は常に明確で、候補者とのマッチングが比較的デジタルに行えるため、システムの導入により迅速で的確な人材の供給が可能になっていると考えられます。

日本企業の場合

一方、日本企業では人員計画によって定期採用された人材に対し比較的アナログ的に役割が与えられ、「その成長に伴って仕事の範囲を広げ、仕事を作り出していくことで、組織を成立・発展させていく」(高木)スタイルが取られることが一般的です。

また「ラインに存在する人事情報は、その人材を日常観察しているラインに、全社的な要因ニーズは人事部に各々断片的に蓄積されおり、情報の偏在がある」(平野)ことから、適材適所のマッチングに必要となる、ポジションの定義および人材(個人の能力や意欲)の情報が整備されづらいという事情を抱えています。

元々日本の人事システムは、定型業務の効率化を目的に給与、勤怠管理や資格、昇降格および異動情報等を管理する用途で開発されており、特にこうした事情を抱える日本企業の人材管理に活用していくには不向きであると言わざるを得ませんでした。

人事システムの種類を紹介
度重なる法改正、働き方改革、採用市場の高騰……人事担当者の業務は尽きず煩雑化しています。人事システムを導入し、組織全体で活用することにより、人事から労務まで業務の効率化を図ることができます。生産性を高...

マネジメントに役立つ資料を無料でダウンロード!⇒こちらから

クラウド型人材管理システムの登場と活用の可能性

そのような中、これまでの労務管理中心の人事システムとは違って、企業のタレントマネジメント(中略)の仕組みの支援、具体的には特に適正配置や人材育成への活用を目的とする、タレントマネジメントシステムなどが登場してきました。現在ではクラウドでのサービスも提供されるようになり、低コストかつスピーディーな導入が実現可能になっています。

タレントマネジメントシステムとは?【比較ポイント】
人事領域では昨今、人材情報を活用したDX(デジタルトランスフォーメーション)や人的資本経営が関心を集めています。こうした背景から人材情報を管理・活用するツールとして、タレントマネジメントシステムが注目...

クラウド型人材管理システムのメリットは、コスト面だけではありません。利用場所を選ばないという特徴を活かし、システムのユーザーを経営者、ライン管理者にまで拡充し、意思決定のための判断材料の提供、シミュレーションの実施をサポートすることを目的として開発されていることから、情報の偏在の解消といった適材適所を阻む構造的要因を取り除く効果なども期待出来ます。