マネージャーとは? 背景、リーダーとの違い、種類やタイプ、マネジメントやマネジメントスキルについて

近年では、新聞やニュースだけでなく就職や転職をするときの募集要項や詳細にもよく見かける「マネージャー」という言葉。一体どんなものか、その詳細をご存じでしょうか?

  • マネージャーについて、
  • マネージャーの定義
  • マネージャーが必要なケース
  • マネージャーの種類
  • マネジメントとの関係
  • マネジメントスキルについて

上記のような項目からマネージャーについて紹介します。

1.マネージャーとは?

マネージャーとは、管理や運営など、目標に向かって誰もが能力を発揮できるようサポートする人のことで「自分で仕事をするのではなく、人に仕事をさせる人」を指します。

たとえば、部下に営業をさせるという役割を持つ営業部長とイメージすれば分かりやすいでしょう。マネージャーが自ら現場に出る機会があったとしても、本来の業務はマネジメントという位置付けになります。

managerの意味

英語の「manager」は支配人、経営者、管理者、(銀行の)支店長、部長、局長、幹事、主事、(芸能人・興行団体などの)マネージャー、興行人を意味します。

managementの意味

英語の「management」は経営、管理、経営力、経営の方法、経営学、経営陣、経営者側、取り扱い、統御、操縦を意味します。

マネージャーとは「自分で仕事をするのではなく、人に仕事をさせる人」「誰もが能力を発揮できるようにサポートする人」です

【人事評価や目標管理で、お困りではありませんか?】

「評価のたびに大量のファイルをやり取りするのはたいへん。Excelや紙での評価管理はもうやめたい」

そんなお悩みは人事評価ができるクラウドツール「カオナビ」で解決できます。

⇒ カオナビってどんなツール?

2.マネージャーが必要となる背景

リーダーという存在だけでは、組織にいる各メンバーの能力や個性を引き出すことは困難です。また、どのように業務を進行すればよいか判断に迷うケースも少なくありません。

マネージャーが人材や組織を管理・運営し、陰ながら支えることで各メンバーの能力や資源の活用が進み、業績の向上が目指せるのです。また営業や開発、管理といった特定の職務に長けている人材がそのままマネージャーに就任するという企業も多くあります。

企業や団体などの組織において、各メンバーの能力や個性を引き出し、モチベーションを高めるポジションがマネージャーです

3.マネージャーとリーダーとの違い

「マネージャー」と「リーダー」。ニュアンスが似ているように思えますが、実際にはどのような違いがあるのでしょうか?

英語の「manager」は支配人、経営者、管理者、(銀行などの)支店長、部長、局長という意味を持ちます。一方、英語の「leader」は先導者、指導者、リーダー、首領、主将という意味です。よって、下記の通りになります。

  • マネージャー:目的地に向かう道を整え、サポートする人
  • リーダー:人や組織の目的地を決め、先導する人

「マネージャー」と「リーダー」、ニュアンスが似ているように思えますが、その役割や目指すもの、特徴は大きく異なっています

4.マネージャーの種類、タイプ

ここではマネージャーの種類とそのタイプについてご紹介しましょう。

プレイングマネージャー

プレイングマネージャーとは、マネージャーとしてマネジメントを行いながら、プレイヤーとして業績向上に貢献する人のこと。スポーツでいえば、監督と選手を兼任するようなものです。

本人のスキルや知識も必要ですが、上司や部下、現場の状況など環境に左右される部分も多いとされているため、現場の改善やフォローが必要となります。

ファーストラインマネージャー

ラインマネージャーには、大きく分けてファーストラインマネージャーとセカンドラインマネージャーの2種類があります。

ファーストラインマネージャーは直接部下のマネジメントを担う立場で、日本の役職では部長や課長などが該当します。特徴は、現場の管理職であり、意思決定権を持っていることです。

セカンドラインマネージャー

セカンドラインマネージャーは、個別に部下を指導するのではなく、組織全体のマネジメントを担ったり、より働きやすい組織の構築や、管理や運営を行ったりする立場です。日本の企業でいう部長以上の管理職がこれに該当します。

「ファースト」のほうが上役というイメージを持ちやすいですが、役職としてはセカンドラインマネージャーのほうが上になります。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、ラインマネージャーの所属組織の一員であり、指揮系統ではラインマネージャーの下に属す立場で、しばしば「PM」と略されます。

文字通りプロジェクトを円滑に進めるために、品質や予算、また納期などの管理や調整を行いますが、組織によってはラインマネージャーがプロジェクトマネージャーを兼任するケースもあるのです。

ミドルマネージャー

ミドルマネージャーとは日本の企業でいう「中間管理職」で、一般的には、部長や課長職など組織の中間に位置するマネジメント層を意味します。

ミドルマネージャーに求められる仕事や役割は、部下の教育やマネジメント、組織内の円滑なコミュニケーションの維持、現場の指示、モチベーションの向上などです。

ゼネラルマネージャー

ゼネラルマネージャーは企業における管理職の役職のひとつで、一般的に、マネージャー職の中でも上位に位置します。略してGMと称されることが多いです。

上層部に属し、現場で直接指揮を執るのではなく、経営戦略をはじめとする重要な事項に決定権を持ちます。海外では会社役員である場合が多いですが、日本企業ではもう少し下の部長クラスで用いられる場合が多いです。

エリアマネージャー

エリアマネージャーとは、担当エリア内の売上向上を目指し、店舗管理や在庫管理などの運営を担うマネージャーのこと。

小売業界、飲食業界、アパレル、コンビニ・スーパーなど販売やサービス業界で用いられる役職で、担当する店舗の売上や在庫管理、人材育成など幅広い業務を行います。

チームマネージャー

チームマネージャーとは、スケジュール管理や書類の作成、手続きの代行など、選手が活躍できるように事前の準備を担う立場のことで、主にスポーツなどでチームを支えます。

どちらかというと表舞台というより裏方的な役割です。また大会の参加受付申請や、チームメンバーが加入する保険の申請などの業務を担当するケースもあります。

芸能マネージャー

芸能プロダクションに属するタレントや俳優のスケジュール管理やドライバー、メンタルケアなど多岐にわたる業務を行う立場のこと。

初期の頃は買い出しなどの雑用などを行うケースも珍しくありません。意欲や行動力だけでなく人間性や優れたコミュニケーションスキル、忍耐力も求められます。

マネージャーと一言で言っても企業の役員からスポーツチームのマネージャー、芸能マネージャーなど、どの事業を対象にするかによって業務内容や求められることは異なります

5.マネジメントとは?

ここでは「マネジメント」について詳しくご紹介しましょう。

企業におけるマネジメントとは、人材育成や組織が定めた目標に向かうべく、運営といった形でサポートすること

管理職は組織における管理責任者という役割を担い、ここでのマネージャーは組織における人材に関わる職務を管理し、部下の教育から仕事の評価までを行うのです。

また、組織を1つの目標(同じ方向)に導き、プロジェクトの達成を目指していきます。

企業においての「マネジメント」は大きく分けて「経営」と「組織の管理」を意味しており、プロジェクトの達成を目指します

6.マネジメントスキルの種類

「マネジメントスキル」にはどんなものがあるのでしょうか。詳しく紐解きます。

スキル管理

スキル管理とは企業に属する人員の持っているスキルを可視化し、管理すること。近年では人材を「人財」と称する企業も多く、それらの人材資源を有効活用するために導入する企業も目立ちます。

スキル管理は、企業側が共有情報として適宜確認できる状態であることが望ましいと考えられています。それにより企業では、人員それぞれのスキルを把握しやすいだけでなく、管理もしやすくなるのです。

スキル管理は、人事異動を検討する際や、業務のアサインメント、人事評価などにおいて幅広く活用できます。

パフォーマンスマネジメント

パフォーマンスマネジメントとは企業における人員の「行動」を「結果」に導くためのマネジメント手法のこと。ビジネス上の目標達成や発展を目指し、人員のスキルとモチベーションを見出し、企業と人員を継続的に成長させます。

目標達成に効率的に結び付く行動を社員と共に考察したり、定期的にフィードバックを行ったりするケースもあります。社員自身へ気付きを促すことで、さらにスキルを発揮するようにアプローチするのです。

成功するには、最初に計画性を持った緻密な戦略ビジョンや持続可能な目標を定めることが必要でしょう。

チェンジマネジメント

チェンジマネジメントとは、企業における改革を実現するために使われるマネジメント手法のこと。1990年代のアメリカでブームとなったBPR(業務プロセス改革)を成功させるための手法として実施されたのが始まりだとされています。

企業が持続的に成長し続けるには、社会に合わせた改革が必要です。しかし同じ組織内に「改革は正しい道ではない」と考える保守派が存在することは珍しくありません。それによりときには反発が起こり、改革の妨げとなるでしょう。

チェンジマネジメントはこのように社員全員が改革に対応できるよう、導きたいときに使われます。

人材マネジメント

人材マネジメントとは、社員の勤労に対する意欲の増進をを図ることで、より企業競争力を強化していくアプローチです。

この人材マネジメントによってポジティブな雇用管理を目指すことができ、より高いモチベーションで業務に取り組める社員を養成できるでしょう。また、企業の持続的競争力の強化を目的としたケースもあります。

目的達成に向けて「評価制度」「報酬制度」「等級制度」といった人事制度の構築、研修の実施、異動・昇進といった人材のフロー管理を積極的に行う企業も近年増加しているのです。

コンフリクトマネジメント

コンフリクトマネジメントとは、社内のコミュニケーションの円滑化、組織の成長における取り組みを表すもの。

コンフリクトは英語で「conflict」と表記され、武力における、比較的長期にわたる戦いや争い・闘争を意味します。また心理学者の理論に基づき、確立された考え方として知られているのです。

従来なら、組織内の競争によって人員間に衝突が生じたでしょう。しかしコンフリクトマネジメントでは、人員間の関係がスムーズになるような方向を示し、利害の対立を解消すると同時に組織全体を発展に導くことが可能になると考えられているのです。

タイムマネジメント

タイムマネジメントとは、時間の使い方を工夫、改善によって生産性の向上を図る取り組みのこと。

厳密に言えばタイムマネジメントは単なる「時間管理」ではなく、「行動のマネジメント」を指します。限られた時間の中で、どのような行動を取り、マネジメントしていくかを考えるのです。

例を一つ挙げてみましょう。
「1時間当たり1000の成果を出していた場合、同じ1時間で2000の成果を出せるようにするには」というようなケースがこのタイムマネジメントに当たります。

このように時間的なコストをかけず効率よく業務を遂行できる「多様なビジネスシーンで必要とされる時間管理術」をタイムマネジメントと呼ぶのです。

クライシスマネジメント

クライシスマネジメントは、「危機は必ず発生する」という前提のもとに、危機管理を行う手法のこと。対極で表されることが多いリスクマネジメントは「危機を未然に防ぐ」という考え方に基づいた危機管理を意味します。

どちらも危機に対して備えるという定義では同じ意味を持ちますが、クライシスマネジメントは被害を最小に抑えることを軸とした施策です。

具体的には偶発的に発生する地震や台風などの天災が想定されており、万が一発生したら、企業の持続的な活動のためにリスクを低減させていきます。

リスクマネジメント

リスクマネジメントとは、「リスクを組織的に管理して危機を未然に防ぐ」という考え方に基づいた危機管理のこと。アメリカで保険の理論として展開されたのが始まりとされています。

将来的に想定できるリスクを事前にしっかりと洗い出し、企業が経営を行っていく上で障壁となるそのリスクが及ぼす影響を把握し、万が一の危機発生時の損害を最小限に食い止めるための経営管理手法です。

マネジメントスキルと一言で言っても多様な種類に分類され、言葉は似ていても意味が大きく異なるものがあります。どれもしっかり把握して活用しましょう