管理職とは? 目的、役員やマネージャーとの違い、特徴や役割、抱える問題などについて

企業の中に存在する管理職とはどのような立場の存在なのか、ご存じでしょうか。意外と知らない管理職について、さまざまなポジションとの違いや特徴などから解説します。

1.管理職とは?

管理職とは、所属している組織が目標の実現のために、「部下の指揮・管理」「プロジェクトや組織の運営、管理」といった業務を担う立場にある人のこと。

企業ごとに役職名はさまざまですが、一般的に部長や課長と呼ばれており、組織の目標達成に向けて、部下や業務の管理などで日々、手腕を発揮しているのです。

管理職は、組織の目標達成に向けて、「部下の指揮・管理」「プロジェクトや組織の運営・管理」などを担う人物です

【社員の管理に、お困りではありませんか?】

「カオナビ」は使いやすさで選ばれる、人材管理システムです。多様化する社員の個性も一目で把握、活用が進む人材マネジメントを実現します。

⇒ カオナビってどんなツール?

2.管理職の目的

管理職が置かれている目的は、下記の通りです。

  • 組織が取り組んでいるプロジェクトを成功に導く
  • 組織の業績向上を達成する
  • 部下の人材育成
  • 組織の中で部下の能力を最大限発揮させる

部下の育成は、将来の組織の成功や業績向上に大きく関わるため、管理職の責任は大きくなります。

管理職が置かれている目的は、「プロジェクトを成功に導く」「組織の業績向上を達成する」「部下の人材育成と能力発揮を実現」することです

3.管理職と役員の違い

役員とは、取締役などの特定職に就いている人のこと。会社法によると役員は、取締役や会計参与、監査役となっており、会社法施行規則では、執行役や理事、監事なども役員に含まれるとされています。その特徴は、下記の通りです。

  • 役員は労働者ではなく、使用者
  • 役員の多くが企業と委任契約を締結している
  • 会社の組織経営や管理監督を行う責任を負う

管理職と役員の大きな違いは、下記になります。

  • 管理職は労働者
  • 役員は使用者

役員は、取締役など企業と委任契約を締結し組織経営を行う人です。管理職は労働者、役員は使用者、とそれぞれ異なります

4.管理職とマネージャーの違い

近年、企業がプロジェクトを推進する際の管理者として、マネージャーという名称を使用するする例が増えています。マネージャーとは、プロジェクトの管理・運営など、組織が取り組むプロジェクトをサポートする人のこと。

ほとんどの場合、マネージャーには数名から数十名の部下がおり、部下の指揮監督をしながらプロジェクトの成功に向けて管理・運営をします。つまりマネージャーは、実質的な管理職で、管理職とマネージャーは同義語として理解できるといえるのです。

マネージャーとは、プロジェクトのサポート業務を行う人です。管理職とマネーャーは同義語だと判断できます

5.管理職の特徴、役割

管理職の特徴や管理職に求められる役割は、大きく4つあります。ここでは、4つの特徴、役割について解説します。

業務管理

業務管理とは、組織が取り組むプロジェクトの目標と現況、両方を常に確認しながら、プロジェクト業務が円滑に進むよう管理すること。

目標達成には、組織が目標に向かってプラン通り円滑に進むことが不可欠です。業務の進捗、人材配置、予算管理などの業務管理は、管理職に必ず求められる役割となります。

コミュニケーションの管理

管理職には部下がおり、さらにプロジェクトを推進する際は、社外の関係機関とさまざまなやりとりを行います。つまりプロジェクトの成功には、円滑なコミュニケーションが重要になるのです。

管理職には、これらのコミュニケーションが十分に機能しているか、管理する役割も求められます。

キャリアの管理

管理職は、自分の部下の能力向上が図られているか、自分の部下が適切に能力を発揮できているかなどにも目を向けなくてはなりません。そこで、下記のような事柄が管理職に求められます。

  • 部下のキャリアについて相談に乗る
  • 部下に必要なキャリアを提言する
  • 部下がキャリアを最大限発揮できるようアドバイスする

上と下との橋渡し

よく、中間管理職という言葉を耳にしますが管理職は、役員など経営トップ層と一般社員
との間に存在しています。そのため、下記を担い、経営サイドと社員との橋渡しを行うのです。

経営理念、経営計画、役員など経営トップ層の要望を一般社員に伝える役割

部下の置かれている現状、現在のプロジェクトの推進状況などを経営トップ層に報告、相談する役割

管理職の特徴は、「業務管理」「コミュニケーション管理」「キャリア管理」「上下の橋渡し」です

6.管理職が抱える問題

管理職は、さまざまな問題を抱えているといわれます。一体どんな内容なのでしょうか。ここでは、管理職の抱える4つの問題について解説します。

名ばかり管理職

名ばかり管理職とは、「会社の設けた基準で管理職に該当する管理監督を行う立場に置かれている」「肩書きだけで、実質的に管理監督を担っているわけではないので残業代が支払われない」といった立場にある労働者のこと。

労働基準法には、「管理監督者は割増賃金の適用外である」という定義があり、名ばかり管理職はそれを悪用した例です。

管理監督する役割ではないにもかかわらず肩書きだけ管理監督者として扱われ、本来支払われるべき割増賃金が不当に支払われないケースが後を絶ちません。

管理監督する立場にない、労働時間を管理されているにもかかわらず残業代不払いの管理職として働いている場合、名ばかり管理職に該当する可能性が高いでしょう。

負担の大きさ

管理職には、プロジェクトを成功に導く、組織の業績向上を達成する、部下の人材育成と能力発揮といった重責が課せられます。自らの業務をこなしながら、プロジェクトや部下の管理を同時進行するのは大きな負担でしょう。

近年、日本の労働現場には成果主義が次々に導入されており、管理職として結果を出すことが当然のように求められる中、管理職の肩にのしかかる責任は増すばかりです。

転職しにくい

管理職の業務は、業務や部下の管理と、多岐にわたります。また、所属先の組織やプロジェクト内容によって管理内容に大きな違いが生じるため、管理職の業務内容を簡単に語ることは困難です。

管理職はオールラウンドな力が求められるため、専門職と異なり求人が少なく、仮に求人があっても条件が折り合わない場合も多いため管理職は転職しにくいといえるのです。

部下との接し方

管理職に求められる役割の中に、「部下とのコミュニケーション」「社外とのコミュニケーション」2つがあります。そのうち部下とのコミュニケーションで悩むケースが増えているようです。

  • どのように部下と接したらよいのか、分からない
  • どのように部下を指導したらよいのか、迷っている

管理職の抱える問題は、「名ばかり監督者」「負担の大きさ」「転職しにくい」「部下との接し方」の4つです