役職序列とは? 今更聞けない会社の役職一覧

営業先で名刺をもらった時、肩書を見てもどのくらいの地位にいる人なのかがわからないということがあります。

部長や課長といった昔ながらの役職のほかに、カタカナの肩書を持つ人も増えています。

ここで改めて役職序列について考えてみましょう。

役職序列とは?

一般的な名刺を思い浮かべてみましょう。そこには、いくつものデータが記載されています。まず、社名と本人の名前によって、いったいどこの会社の誰なのか、ということがわかります。また、「営業部」「総務部」といった部署名は、その人が属する部の名前であり、「社内でどのような仕事を担当しているのか」ということを示すものです。

その次に示されるのが、役職序列です。部長、課長といった肩書は、その人の社内での地位を示すものですから、一目でその人の立場がわかります。

役職序列は、このように対外的にその人の立場を明確化するとともに、社内での役割を示し、自覚させるためにも役立ちます。主任と部長と取締役では、求められる役割は当然異なります。役職に序列をつけることで、社内の指揮系統をシステム化することができます。

また、序列をつけることで、上へ行きたいという社員の目標を作ることもできます。


一般的な役職の一覧

役職名は、企業によっても異なりますが、ここでは一般的な日本企業の例を見ておきましょう。

会長 取締役会のトップで、社長を引退した人が就く場合の多いポジションです
代表取締役 会社のトップで、社長であることがほとんどです
専務 取締役であることが多く、社長の補佐を行います
常務 取締役であることが多い。実際の業務を行います
部長 各部署を取りまとめます
課長 各課を取りまとめます
係長 課長の下で、チームのリーダーなどを務めます

そのほか、副部長や主任といった役職を設けている会社もあります。

一方、ベンチャー企業などでは、カタカナ名の役職を設けている場合も多くあります。

  • ゼネラルマネージャー(チーフマネージャー)
  • マネージャー
  • サブマネージャー
  • グループリーダー
  • リーダー

などが使われています。また、序列は企業によって異なる場合もあります。

役職は企業によって異なる

部長と課長では、どこの企業であっても部長が上役といえるでしょう。

ところが、チーフマネージャーとマネージャーとなると、企業によってどちらが上位かが異なる場合があります。言葉の意味としては、チーフマネージャーのほうが上位ですが、マネージャーをつけない「チーフ」という役職がマネージャーよりも下であることから、チーフマネージャーがマネージャーよりも下位と定められているケースがあるのです。

このように、企業によって役職は異なりますし、部長や課長といった役職名を使うのか、それともカタカナにするのか、また、どのような役職を設けるのかについても、特に決まりはありません。

役職の種類や数は、企業ごとに自由に定められています。

役職序列はわかりやすく職務を自覚しやすいものを

役職名の中には、「〇〇スペシャリスト」や、「副部長補佐代理」など、いったいどの程度の権限を持っているのかよくわからないものもあります。どのような名前の役職を設けるかは社内で決めることですが、対外的にも、従業員にとっても、あまりにわかりづらい名前は避けたほうが良いでしょう。

実際に、カタカナの役職名を採用していた企業が、和名への変更を検討するという事例もあります。これは、社員がより自分の役職を意識して、自覚をもって仕事にあたれるようにということを目的としています。

役職名を検討する際は、序列や責任の範囲がわかりやすいものを採用するようにしましょう。また、決定した役職序列について、社員の周知を進めることも大切です。