スキル管理とは? 重要性、タレントマネジメント、スキルマップ、管理方法について

スキル管理とは、従業員の持っているスキルを可視化する仕組みのこと。人材資源を最大限活用するために導入する企業も多く、その有効性は広く実証されています。

  • スキル管理の重要性
  • タレントマネジメントとの関係
  • スキルマップといったスキル管理の方法

などについて解説しましょう。

1.スキル管理とは?

スキル管理とは従業員が持っているスキルを可視化して、社内で共有の情報として確認できる状態にすること

スキル管理を行うと、従業員が持っている能力が可視化されるため、社内にいる人員それぞれのスキルを把握・確認しやすくなります。そのためスキル管理は、

  • 部署に人材配置を検討する際
  • 業務のアサインメント
  • 人事評価

など人事全般で幅広く活用できるのです。

スキルとは?

普段、私たちが何気なく使っているスキルという言葉は、訓練によって得られる技能や学習などを通して身に付けた能力などを意味します。

スキルの同類語は、

  • 技量
  • 手腕 など

スキルという言葉を使った際は、

  • 保有資格
  • 技術力
  • 知識

など物事を行う際に活用する幅広い能力と解釈しましょう。もちろん、経験値などもスキルに含まれます。

ビジネススキルとは?

一般的なスキルではなくビジネススキルに限定した場合、その言葉の持つ意味を単に能力や技術、知識といった狭義で捉えることはしません。

知識や経験、技術だけでなく、部下の管理能力や相手との交渉能力やモチベーションを高く維持する意志などの心理面でのマインドや保有資格もビジネススキルと解釈されています。

評価運用の効率と「質」を向上させるクラウドツール

  1. MBO・360度・OKR・1on1など、あらゆる人事考課運用をクラウドで実現可能
  2. 多彩な運用実績で作られたテンプレートを使って、考課シートを手早く構築
  3. 進捗状況が一目瞭然。催促メールで締め日までに確実に評価結果を回収できる
  4. フィードバック面談だけは“紙で”やりたいときは、帳票として出力可能

カオナビで評価運用をクラウド化して、圧倒的な効率化を実現!

> カオナビについて詳しく見る

2.なぜスキル管理が必要なのか?

ビジネスにおいて、スキルは業務遂行に欠かせない要素。

そのスキルを管理することで、従業員の誰がどのようなスキルを保有しているのかを視覚化でき、当該従業員に何ができるかが明確化となります。

また、従業員の不足部分も可視化されるのです。これにより、今後どのような目標を掲げていけばよいかといった課題の抽出も可能になります。

3.スキル管理はタレントマネジメントの一環

タレントマネジメントとは自社の抱える優秀な人材を可能な限り増やし、その人材が持っているスキルや能力を発揮して最大のパフォーマンスを生み出してもらうための企業全体での取り組みのこと。

  • スキル管理によってあぶりだされた個人のスキル
  • タレントマネジメントによって創造された能力を発揮できるポジション

とがマッチングすることで、個人の持っている力が最大限発揮されるとともに、組織の成果も最大化できます。

人事担当者には、双方の歯車をうまく噛み合わせて進めることが強く求められているのです。

4.従業員のスキルを管理する重要性

従業員のスキルを管理する重要性は5つあります。

  1. 組織全体のスキル総量、スキルの強み弱みを把握する
  2. 事業を継続するためにスキルを維持・管理する
  3. 異動の際に人材のスキル情報をスムーズに引き継ぐ
  4. 社内でスキルを持った人材をスムーズに探す
  5. 次世代へのスキル継承を行う

①組織全体のスキル総量、スキルの強み弱みを把握する

1つ目は、組織全体のスキル送料ととスキルの強みや弱みを把握する点。従業員がどのようなスキルをどの程度持っているのか把握できれば、

  • 足りないスキルの補強
  • 生かせるスキルの活用

を考える判断材料になるでしょう。

②事業を継続するためにスキルを維持・管理する

2つ目、事業を継続するためにスキルを維持し、一括管理することに対して何らかの手段を講じることができる点。

③異動の際に人材のスキル情報をスムーズに引き継ぐ

3つ目、人事異動の際、異動先の部署で当該従業員のスキル情報をスムーズに引き継ぐこと。

人事異動とは? 意味、目的、時期、効果、種類、デメリット、法律とトラブルについて
人事異動とは、命令のもと人材の配置転換などをすること。多くの企業では、人事異動を企業経営の重要課題として考えています。 人事異動とは何か 人事異動の目的 人事異動の効果やデメリット 人事異動の種類 ...

④社内でスキルを持った人材をスムーズに探す

4つ目は、社内でスキルを持った人材をスムーズに検索すること。スキル管理によってスキル別の人材抽出が可能となるからです。

⑤次世代へのスキル継承を行う

5つ目は、次世代へのスキル継承。定年退職などで今後喪失する可能性のあるスキルを、事前にキャッチアップします。

5.スキルマップとスキル管理

スキル管理の導入時、スキルマップの作成が欠かせません。スキル管理を成功させる鍵となるスキルマップについて解説しましょう。

スキルマップとは?

スキルマップは、スキル管理に欠かせないツール。業務遂行の際に必要とされるスキルを一覧にしたもので、個別の従業員がどんなスキルを持っているかを確認し記録することで、スキルを可視化できるのです。

企業によっては、

  • 技能マップ
  • 力量管理表

などと呼ぶことも。

スキルマップとは? 導入する重要性と作成の仕方、活用方法
スキルマップをご存じでしょうか? これは従業員の業務遂行能力をまとめた一覧表で、人材をより活用できる手段のひとつです。従業員のスキルを把握できるスキルマップを活用すれば、人員配置や人材育成がさらにはか...

スキルマップの目的

スキルマップは、誰がどのようなスキルを持っているかを明確にするため、

  • 新規事業のスタート時
  • プロジェクト進行時

などで困難に直面した際、誰にアドバイスを求めればよいかの目安となるでしょう。

また、不足しているスキルを育成すれば、効率的な人材育成を実現します。

スキルマップは、こうした重要性を目的に、多くの企業で採用されているのです。

6.スキル管理の方法、管理すべき主なポイント

スキル管理の方法や、スキル管理すべき主なポイントについて、4つの項目に絞って解説しましょう。

  1. 業務上必要なスキル
  2. 業務経験、キャリア
  3. 有資格者
  4. 人材教育状況

①業務上必要なスキル

1つ目は、業務上必要なスキルです。

通常業務を遂行する上で必要と考えられるスキルを可視化することにより、現在保有している人材の能力を適正に管理できます。

人事評価、配置検討などの人事イベントのみならず、案件アサインなど事業側でも有効活用が可能です。

②業務経験、キャリア

スキル管理をする際、従業員が過去に携わった業務経験やキャリアも可視化しておくとよいでしょう。

  • 新卒入社した従業員:これまで取り組んできたプロジェクトなどの業務経歴など
  • 中途入社した従業員:過去に携わっていた業務経験など

それぞれ把握しておきます。

③有資格者

資格についても、スキル管理をしましょう。業務で必要と考えられる資格について、社内の有資格者を管理します。

  • 資格の取得年月日
  • 有効期限
  • 更新

といった項目の管理と同時に、免許証や証明書なども合わせてデータ管理するとよいでしょう。

④人材教育状況(研修履歴)

人材教育状況の可視化も欠かせません。従業員一人ひとりがどのような集合研修や部門ごとのOJT研修を受講したか、といった履歴を残すことで、社内の教育状況をきめ細かに管理できます。

スキル管理ができる人材マネジメントツール

社員のスキル・能力・資格を管理できる

保有スキルで検索することもできるので、適材適所の配置や人材育成に活用できます。

スキル情報をマネジメントに活用したい、という方はぜひご検討ください。

> カオナビについて詳しく見る