心理的安全性とは? 心理的安全性と責任との関連、Google社の成功事例

Google社の試みで大きな役割を果たしたという「心理的安全性」とは、何を指すのでしょうか。Google社の試みと心理的安全性の意味や関連する出来事を紹介します。

「心理的安全性」とは?

心理的安全性とは、開かれた雰囲気とそれに伴う安心や共感、理解といった穏やかな空気のことです。近年、生産性向上における重要なカギとして、各所で取り上げられています。

具体的にいえば、開かれた雰囲気とは、「意見や思考を開示しやすい」というもの。また、これは単に「言いやすい」だけでなく、「各自が自分をさらけ出せる」「自然に自分をさらけ出している」という状態も重要です。言いやすい状況でおのおのが自分をさらけ出していれば、メンバー同士の理解が進みます。

また、そこから共感や安心、配慮が自然と芽生えます。こうした、心理的に「ここ」は安全だと感じる雰囲気のことを心理的安全性と呼ぶのです。

また、心理的安全性が保たれることで、何かを行う際にひとりひとりがその出来事についてより一層「自分ごと」として考えるという利点もあり、これらも生産性の向上に一役買っています。

タレントマネジメントがすぐはじめられるクラウドツール

  1. 組織の今をダッシュボードでパッと把握。気になるところは顔ぶれまで確認できる
  2. 組織図で顔ぶれを俯瞰して人材配置を練れ、マトリクスで評価結果の甘辛調整もできる
  3. 最適人材をリストで管理し、可視化したスキルと経験で育成プランを立てられる
  4. 手軽に実施できる社員アンケートを使い、社員の声を拾って退職リスクも早期発見

カオナビでスキルや適正を可視化し、自在に人事シミュレーションが可能。

> カオナビについて詳しく見る

Google社の成功事例から見る心理的安全性

心理的安全性は、2012年にGoogle社が実施したプロジェクトアリストテレスで大きな役割を果たしました。プロジェクトアリストテレスとは、生産性を向上するカギを、同社内のチームを観察および分析して見つけだす、という取り組みのことです。

人材を固定配置せずに業務ごとのチームを組むというスタイルから、同社は当初、チームワークやチーム内のルールが業務を成功に導くのではないか、と仮説を立てました。

しかし、検証するとそれらの仮設はどれも正解ではなかったのです。検証を試行錯誤した末に、最後に分かったことが、「心理的安全性」でした。開かれた雰囲気で取り組んでいたチーム、つまり心理的安全性が保たれたチームが成功していたのです。

心理的安全性と責任のつながり

心理的安全性によって開かれた雰囲気が生じると、さまざまな報告が活発に行われます。しかしその際、ミスの報告もしやすくなるため、労働者の責任感がなくなるのではという考えもありました。しかし、それに対し、経営学者Edmondson教授は、心理的安全性と責任は別の指標であり、責任感との相関関係はない、と答えています。

教授は心理的安全性と責任の量について下記のように分類しています。

  • 心理的安全性も責任も少なければ、「無関心」
  • 心理的安全性が高く責任が少なければ「気持ちよい」
  • 心理的安全性が低く責任が高いと「不安」

教授は、チームのマネジメントにおいて注意すべきは、心理的安全性も責任も高い状態で、高いパフォーマンスを発揮できる環境を作ることです。自社でどのように実現させるか、しっかりと対策を立てましょう。