春闘とは? 春闘の賃上げ方法であるベア・定期昇給とスケジュールに関して

人事が知っておきたい春闘の基礎知識。労務や財務にもかかわる春闘ですが、実は詳しく知っている方は少ないと思います。春闘について解説するだけではなく、スケジュールについても触れますので、人事担当の方は是非参考になさってください。

春闘とは

春闘は1955年から始まり、「春季生活闘争」といいます。生活環境を改善するための春の闘い、すなわち春闘(通称)ということです。日本独特のやり方で、毎年2月から3月にかけて行われます。

「春闘」は、大手企業から始まり、すべての組合で一斉にスタートするわけではありません。大手企業の春闘が終わったら、それを基準にして中小企業の春闘がスタートするのです。これは、その時士に一番業績のいい企業から交渉を始めることで、高い賃あげの要求や回答を見てはげみにし、他の組合が頑張れるようにという配慮があります。

タレントマネジメントがすぐはじめられるクラウドツール

  1. 組織の今をダッシュボードでパッと把握。気になるところは顔ぶれまで確認できる
  2. 組織図で顔ぶれを俯瞰して人材配置を練れ、マトリクスで評価結果の甘辛調整もできる
  3. 最適人材をリストで管理し、可視化したスキルと経験で育成プランを立てられる
  4. 手軽に実施できる社員アンケートを使い、社員の声を拾って退職リスクも早期発見

カオナビでスキルや適正を可視化し、自在に人事シミュレーションが可能。

> カオナビについて詳しく見る

春闘の賃上げ、「ベア・定期昇給」とは?

春闘では団体で賃上げの交渉が行われますが、それには「ベースアップ」と「定期昇給」の2つの方法があります。

春闘で賃上げの交渉を行うのは、企業側の代表と労働組合の代表ですが、個別に企業と交渉すると不利な条件になってしまう可能性があるので、産業別に組合がまとまって連合を作り、同じ日に同一の条件で交渉に入ることが多くあります。

正社員のみを対象としたものが多かったですが、非正規労働者も賃上げ交渉に加わるケースが増えてきています。

・ベアとは?
ベースアップは、全体に関する賃金の水準を引き上げることです。

・定期昇給とは?
賃金表を参照し、年齢や勤続年数によって賃金が上昇していく分のことをいいます。

・組合とは
「労働組合」とは、サラリーマンなどの労働者が集まって出来た団体のことをさします。

・連合とは
連合は産業別組合のスケジュールの調整を行い、組合全体の方向性を決定する役割を担っています。

人事が知っておきたい春闘の流れ

人事が知っておきたい、春闘の基本的な流れとスケジュールをご紹介します。

スケジュール
連合が12月にまとめた方針をもとに、2月に要望を企業側に伝えることで「春闘」は始まります。つまり春闘の開始は2月になります。理由は、4月には新入社員の入社があり、社内の体制が変化する節目なので、その前に賃金の引き上げや労働環境の改善に関する要望を企業に伝える目的があるのです。

春闘を毎年行わないケースも
春闘は、労働組合によっては2年に1度など、毎年行われないケースもあります。

集中回答日
2月から始まる春闘は、3月の中旬に大手企業の回答日が多くあり、これを「集中回答日」と呼びます。

春闘の山場ともいえる集中回答日以降、中小企業や地方の企業の回答が五月雨式にありますが、賃上げの率は大企業と比較して低くなる傾向にあります。