人材育成にはどのような手法がありますか?それぞれのメリット・デメリットとともに教えてください。

大きくわけてOJTとOFF-JTの2種類があります。

しかし、どちらにもメリット・デメリットがあるので理解しておきましょう。

メリット デメリット
OJT 実践することによる理解のしやすさ 指導スキルで育成レベルに差が出てしまう
OFF-JT 専門的な学習によるレベルアップ 外部講師に費用がかかる

OJTの詳細

OJTは日本の企業においては主流となっている人材育成の手法の一つ。 業務中に指導するため、その都度学べて分かりやすく、スキルも身につきやすいです。また、 担当指導者とのコミュニケーションも取りやすく、自信につながりやすいでしょう。

ただし、担当指導者によって、学べるスキルに差が出てしまったり、指導する環境が整っていなかったりすることで満足いく結果が出ないといった場合があります。

OJTとは? OJT研修の目的、重要性、Off-JTとの違い、メリット・デメリット、OJTトレーナーに必要なスキル、実施フロー、注意するポイントについて
OJTとは、実際の職場で職場の上司や先輩が指導役となり、部下や後輩に対して必要な知識や技術を教育する施策のこと。OJTは社員の育成に有効な研修方法であることから、多くの日本企業で実施されているのです。...

OFF-JTの詳細

外部講師に委託して研修を行うOFF-JTでは、自社ではできない高い専門性のある内容を取得でき、レベルアップできます。参加者同士コミュニケーションも取りやすいですし、さまざまな人と共に学べるため、視野を広げることもできるのです。

研修内容を部署内等でフィードバックすると、さらに効果が高まります。ただし、専門的・効果が高いと評判の研修には費用がかさむことも。中小企業では選択の幅が狭くなることもあるでしょう。

OFF JTとは? OJTとの違いと研修効果を高めるOFF JTとOJTの効果的な連携
日本企業の教育研修の中心はOJT、つまり職場で実務を通して行う方法を中心に、成果を挙げてきました。 しかし、OFF JTとの組み合わせによる相乗効果も見直されてきており、OFF JTにも注目が集まって...

どちらも必要な研修方法

主な人材育成の手法OJTとOFF-JTには、それぞれメリットとデメリットがあります。 どちらも会社には必要な研修に間違いはありません。

  • 実践的でレベルアップできる
  • コミュニケーションを取れる環境

このような状況を備えた教育・研修が大切です。OJTとOFF-JTをうまく組み合わせた研修をしましょう。

タレントマネジメントがすぐはじめられるクラウドツール

  1. 組織の今をダッシュボードでパッと把握。気になるところは顔ぶれまで確認できる
  2. 組織図で顔ぶれを俯瞰して人材配置を練れ、マトリクスで評価結果の甘辛調整もできる
  3. 最適人材をリストで管理し、可視化したスキルと経験で育成プランを立てられる
  4. 手軽に実施できる社員アンケートを使い、社員の声を拾って退職リスクも早期発見

カオナビでスキルや適正を可視化し、自在に人事シミュレーションが可能。

> カオナビについて詳しく見る

人材育成の環境づくりは人材の見える化から

顔写真が並ぶタレントマネジメントツール「カオナビ」なら、自社に合ったタレントマネジメントを実現します。

  1. 組織の今をダッシュボードでパッと把握。気になるところは顔ぶれまで確認できる
  2. 組織図で顔ぶれを俯瞰して人材配置を練れ、マトリクスで評価結果の甘辛調整もできる
  3. 最適人材をリストで管理し、可視化したスキルと経験で育成プランを立てられる
  4. 手軽に実施できる社員アンケートを使い、社員の声を拾って退職リスクも早期発見

カオナビでスキルや適正を可視化し、自在に人事シミュレーションが可能。

まずは資料をご確認ください。

> カオナビについて詳しく見る