目標管理手法のMBOとOKRについて教えてください。

MBOは、社員は目標を設定し、上司はその目標を部門目標などと連携しながら達成に向けて助けていくもので、OKRは企業やチームで目標を共有し、達成に向けて進めるものです。

MBOは、個々のパフォーマンスに注目されますが、OKRは企業やチームそれぞれのパフォーマンスが必要となります。また、全体目標を共有するため、連帯感も高まるのです。

OKRは企業が高い目標を達成して可能性を広げるためのマネジメント手法でしょう。

MBOとは?

MBOは「Management By Objectives」の頭文字をとったもので、MBO評価という呼び方をすることも。

MBOは社員それぞれの目標を企業の経営目標や部門の目標と連動させて業績アップにつながるという考え方で、ピーター・ドラッカーが提唱したマネジメント手法です。

目指すことは、100%の目標達成。そのために、本人と直属の上司が協働し、会社に貢献するシステムです。

MBO(目標管理制度)とは? 目標設定、評価、運用、OKRとの違い、メリット・デメリットについて
マネジメントで有名な経営思想家ピーター・ドラッカーが提唱した、組織における目標管理制度(MBO)。この目標管理制度は、組織貢献と自己成長の両方が達成できる個人目標を設定させ、その達成度で評価を行う人事...

OKRとは?

OKRはアメリカのインテル社で生まれ、多くのシリコンバレー企業に導入された手法で、略称は「Objectives and Key Results」。特徴は、月に1回など高い頻度で、

  • 目標設定
  • 進捗の追跡と再評価

を繰り返す点です。OKRを直訳すると目標と主要な結果。1つ立てた定性的な目標の進捗を図るため、具体的な複数の指標を設けることがOKRの主眼です。

このときの指標はできるだけ数値で測れるものが望ましいでしょう。達成度も明確に採点(スコアリング)されます。

OKRとは? 【Google、Facebookが使う目標管理ツール】KPI・MBOとの違い、導入・運用・目標設定方法について解説
GoogleやFacebookをはじめとした、シリコンバレーの大企業が積極的に取り入れていることから注目を集めているOKR。革新的な目標設定・管理ツールとして注目されるOKRとは、一体どのようなメソ...

MBOとOKRは異なる視点を持つ

MBOはOKRよりも評価期間が長く、個人の成長が企業の飛躍に貢献することを目指すもの。一方OKRは、月に1回もしくは四半期に1回のペースでレビューを行い、

  • 短期間での生産性向上
  • 課題へのアプローチ

を目指すのです。MBOが対極に立った長期的な視点で目標管理するのに対し、OKRではこまめにパフォーマンスを軌道修正できます。MBOとOKRは同じマネジメント手法ですが、それぞれ違う視点に立っているのです。

業種や職種によって、向いている目標管理制度は違います。

  • 何を目的として目標管理制度を設けるのか
  • 将来的な着地点はどこか

を明らかにした上で導入するとよいでしょう。