【目標管理】目標達成の動機づけはどうすれば良い?

目標管理によって生じるメリットを伝えるとよいでしょう。

目標管理制度の導入によって生じる、

  • 客観的な評価になる
  • 給与や仕事に対して変化が出る

といったメリットを伝えると、社員は「具体的なかたちで自身のプラスになる」と理解します。これにより、モチベーションがアップするのです。

モチベーションとは?【意味を簡単に】下がる原因と高める方法
従業員のモチベーションの可視化と分析ができる「カオナビ」 ⇒人材管理システム「カオナビ」の資料はこちらから ビジネスの現場では「モチベーション」という言葉がよく使われます。本記事では、意味やビジネスで...

社員に正しく、客観的な評価ができている点を伝える

会社内で自分がどう評価されているか、気になる社員も多いでしょう。そういった社員に対し、

  • 評価は客観的かつ具体的に行われている
  • 存在意義や価値を公正に認めている

という2点を説明し、理解してもらいます。これにより社員は、納得した上で目標達成に臨めるでしょう。

社員が理解すべきこと

社員が、

  • 目標は何のためにあるのか
  • 会社はどこに向かっているのか

といった会社の経営方針や理念を理解することも重要です。 自分のしている仕事がどう会社に役立つかを把握しているかいないかで、仕事へのモチベーションは変わります。

やらされているという姿勢では、目標達成もままなりません。 仕事に対する熱意を社員が自発的に持つためにも、経営戦略や方針への理解が必要なのです。

コツは、メリットを伝えること

目標達成に向けて社員に動機づけをするには、目標管理制度によって生じるメリットを伝え、理解してもらいましょう。正しく理解してもらうためには、管理者自身も目標管理についてモチベーションを持つことが必要です。

目標管理制度とは? メリット・デメリット、目標設定のポイント
マネジメントで有名な経営思想家ピーター・ドラッカーが提唱した、組織における目標管理制度(MBO)。この目標管理制度は、組織貢献と自己成長の両方が達成できる個人目標を設定させ、その達成度で評価を行う人事...