人事評価結果をボーナス(賞与)と連動させたいのですが、どのような仕組みにすれば良いでしょうか?

人事評価の結果をボーナスに反映させるには、査定期間や評価項目を決定し、新しい規定を社員に通達してから行いましょう。

ただし、人事評価とボーナスがどのように関わるかは会社ごとに異なります。まず自社に合う方法を設定するとよいでしょう。 その他加える項目には業務能力や勤続年数などが、逆にマイナス査定となる項目には欠勤日数や業務ミスなどがあります。

ボーナス(賞与)とは? 意味、支払い時期、額の基準、社会保険料の計算について
ボーナスとは、毎月定期的に支払われる給与とは別に、夏と冬に支払われることの多い特別な給与のこと。ボーナスを楽しみに働いている人も多いのではないでしょうか。 ボーナスの支払い時期 支払い額の基準 ボー...

ボーナスの査定期間と項目

ボーナスを支払う場合の査定期間の一例をあげると、

  • 7月:4~9月
  • 12月:10~3月

となります。期間内で自社が必要とする項目について人事評価し、それに応じたボーナス額を支給することになるでしょう。 項目とはたとえば、

  • 出勤状態
  • 業績
  • 勤務態度

などですが、会社によって重要とされる内容は異なります。できるだけ自社に沿った内容にしましょう。 しかし欠勤の中には産前産後休暇や育児休暇のように、法律で保障されたものもあります。内容を確認して査定しなければ、違法となる可能性が高いでしょう。

社員へ事前通達する

これから人事評価結果をボーナスと連動させる、またはその規定を変更する場合は、始める前に社員へ事前通達しておきましょう。 変更により社員によってはボーナス額が減る可能性も。事前に知らせないまま減額されたら、不満の元になりかねません。ボーナスの査定期間や規定があることで、モチベーションの上昇に役立つことも多いです。

  • 評価結果を連動させる
  • 規定を変更

といった状況と内容を社員に分かりやすく伝えた上で行うようにしましょう。

人事評価時の面談・フィードバックによって社員のやる気を引き出したいと考えています。何か良いやり方、進め方はありますか?
「人事評価は、仕事に対してどれだけ応えたかをデータ化したものであり人格を判断しているものではない」と伝えましょう。 そうすることで社員に、 なぜ評価が低かったのか どうすればよくなるか と根拠をも...

ボーナスと評価を連動するメリット

ボーナスを人事評価と連動させることで、社員のモチベーションアップが期待できます。しかしそのためには、

  • 査定期間
  • チェックされる項目

をはっきりさせ、事前に社員へ通達しておくことが必要です。また、査定期間や項目は会社ごとに必要となる内容が異なります。

  • 自社の業態に合う
  • 目的に沿っている

ものに設定しましょう。