人材育成で押さえておくべきポイントはどのような点でしょうか?

モチベーションや環境、指導などです。

具体的には、

  • 学ぶことに対するモチベーションを持たせる
  • 自発的に学べる意識・環境を用意する
  • 指導スキルをアップする

といった点になります。 また、企業に合った教育システムと人事評価を取り入れることも重要でしょう。

自発性が重要

やらされている、という意識ではスキルを身につけることはできません。自ら学び、習得し、それを活かすことで能力が身につくのです。

自発的に自ら勉強する従業員も存在しますが、数名だけがそう思っていても企業全体の業績にはつながりにくいでしょう。従業員全員が自発的に学習できる・したいと思える環境を整えることが重要です。

そのために、

  • 個別のタイプに合わせた研修や制度
  • 業務や役職等に合わせた教育制度

を整備しましょう。また上司は、従業員個性を把握し、どのような指導をすればいいかを理解することが必要です。

指導力も重要

指導力も人材育成において重要なポイントの一つです。

  • 言葉だけで説明をして分かること
  • 実践しないと理解できないこと

がありますので教える内容によって指導方法や教育方法を考えることは必要でしょう。従業員がきちんと理解し、できることを確認するまでが指導です。

1on1とは? ヤフーが導入した上司・部下の個人面談、目的、効果について【導入方法、導入事例】
ヤフーが導入したことでも注目されている1on1とは何でしょうか? 定期的に上司と部下が行う1対1の面談のことで以下のような効果や有用性から話題となっています。 部下が自分の仕事を定期的に反省すること...

人材育成に必要なポイントがそろう環境づくりを

人材育成に必要なポイントは、

  • 学習へのモチベーション向上
  • 自発的に学べる環境の用意
  • 指導スキル向上

これらが整う環境づくりや指導者研修に力を入れるとよいでしょう。

人材マネジメントを効率化するクラウドツール

  1. カスタム自由自在な人材データベース分散した人材情報を一元管理。細かい閲覧設定も可能
  2. 社員の顔をクリックして人材情報を確認。顔写真入りの組織図で、人員配置もわかる
  3. 面談記録を管理してマネジメント間共有。社員の離職防止とモチベーションアップに
  4. 簡単な経歴や自己紹介を社員同士で公開。現場のコミュニケーションを活性化

実際に社員の配置を動かしてシミュレーションし、計画を立てられます。シミュレーションデータは保存が可能で、会議のときにパッと開けます

顔写真付きだから現場の雰囲気がイメージしやすいのが特徴です。

適材適所の実現にぜひご活用ください

> カオナビについて詳しく見る

人材育成の環境づくりは人材の見える化から

顔写真が並ぶタレントマネジメントツール「カオナビ」なら、自社に合ったタレントマネジメントを実現します。

  1. 組織の今をダッシュボードでパッと把握。気になるところは顔ぶれまで確認できる
  2. 組織図で顔ぶれを俯瞰して人材配置を練れ、マトリクスで評価結果の甘辛調整もできる
  3. 最適人材をリストで管理し、可視化したスキルと経験で育成プランを立てられる
  4. 手軽に実施できる社員アンケートを使い、社員の声を拾って退職リスクも早期発見

カオナビでスキルや適正を可視化し、自在に人事シミュレーションが可能。

まずは資料をご確認ください。

> カオナビについて詳しく見る