人材育成で押さえておくべきポイントはどのような点でしょうか?

モチベーションや環境、指導などです。

具体的には、

  • 学ぶことに対するモチベーションを持たせる
  • 自発的に学べる意識・環境を用意する
  • 指導スキルをアップする

といった点になります。 また、企業に合った教育システムと人事評価を取り入れることも重要でしょう。

自発性が重要

やらされている、という意識ではスキルを身につけることはできません。自ら学び、習得し、それを活かすことで能力が身につくのです。

自発的に自ら勉強する従業員も存在しますが、数名だけがそう思っていても企業全体の業績にはつながりにくいでしょう。従業員全員が自発的に学習できる・したいと思える環境を整えることが重要です。

そのために、

  • 個別のタイプに合わせた研修や制度
  • 業務や役職等に合わせた教育制度

を整備しましょう。また上司は、従業員個性を把握し、どのような指導をすればいいかを理解することが必要です。

指導力も重要

指導力も人材育成において重要なポイントの一つです。

  • 言葉だけで説明をして分かること
  • 実践しないと理解できないこと

がありますので教える内容によって指導方法や教育方法を考えることは必要でしょう。従業員がきちんと理解し、できることを確認するまでが指導です。

1on1とは? ヤフーが導入した上司・部下の個人面談、目的、効果について【導入方法、導入事例】
ヤフーが導入したことでも注目されている1on1とは何でしょうか? 定期的に上司と部下が行う1対1の面談のことで以下のような効果や有用性から話題となっています。 部下が自分の仕事を定期的に反省すること...

人材育成に必要なポイントがそろう環境づくりを

人材育成に必要なポイントは、

  • 学習へのモチベーション向上
  • 自発的に学べる環境の用意
  • 指導スキル向上

これらが整う環境づくりや指導者研修に力を入れるとよいでしょう。