目標管理の必要性について教えてください。

客観性と具体性のある評価、社員のモチベーションやスキル向上、組織目標達成のためです。

目標達成度から、客観性と具体性のある評価が可能になります。また、目標を立て、達成のために進めることで社員のモチベーションやスキルも向上するでしょう。

また、個々の目標に組織目標が反映されるため、組織目標の達成もしやすくなります。

社員が評価に納得しやすくなる

どのように評価されたか分かりにくい人事評価に対して、社員は不満を抱くことも多いでしょう。しかし、目標管理を取り入れると社員の不満は解消できます。

進捗が目に見えて分かりやすい目標が評価につながるため、社員も納得しやすくなるのです。改善点の発見もしやすくなるため、モチベーションアップにもつながるでしょう。

注意したいのは社員が納得できる制度かどうか

そのためにも、

  • 目標を立てた理由
  • 背景や経営戦略

などについて社員に納得してもらうことが必要です。また評価者には、

  • 目標管理についての深い理解
  • 評価方法

など多種多様な勉強が必要になるでしょう。

目標管理は、客観性と具体性のある評価に必要なこと

目標管理が正しく導入されれば、社員のモチベーションやスキル向上につながります。それだけではありません。会社の経営方針や戦略について社員が理解できるため、組織が一丸となって共通目標に臨めます。

これにより組織全体が活性化し、目標達成につながるでしょう。

目標管理制度(MBO)とは? 意味、手法、運用方法、必要性、メリット・デメリットについて
マネジメントで有名な経営思想家ピーター・ドラッカーが提唱した、組織における目標管理制度(MBO)。この目標管理制度は、組織貢献と自己成長の両方が達成できる個人目標を設定させ、その達成度で評価を行う人事...