クラウドで目標管理ができるツールは具体的にどんなことができるのでしょうか?

評価を見える化、効率化とともに人材育成にも力を発揮します。

目標管理制度の重要なポイントは、企業の戦略や目標をすべての社員に浸透させること。そのためには企業全体の目標を、各部門そして個人に落とし込んで目標設定を行わなくてはなりません。

目標管理制度をトータルに運用できるのがクラウドのツールなのです。

クラウドのツールでできることとは?

クラウドのツールでできる目標管理手段は以下のように分類されます。

  • 人事評価記録の共有
  • 社員の目標設定とその進捗管理
  • 社員による自己評価の作成
  • 第三者からの多面的なフィードバック
  • 業績のレポートや各部門別のパフォーマンスを見える化

従来の人事評価制度は、ブラックボックスのようになっており、社員には分かりにくくなっていました。そのため自分の処遇や給与に納得できないという不満がたまりやすかったのです。

加えて、直属の上司による人事評価が基本になっていたため、主観やばらつきも出やすくありました。クラウドのツールなら、各社員の業績や評価を誰が見ても分かるようになります。

フィードバックとは? 3つの効果的な手法やビジネスでの正しい使い方(文例)
フィードバックは、日々の業務において上司と部下の間などで頻繁に行われています。職場で何気なく行われているフィードバックにはどんな目的があるのでしょうか。 フィードバックを効果的に行うポイントや、フィー...

クラウドのツールがもたらす効果

クラウドのツールを使うと、

  • 高い業績があるのに評価が低い
  • 低い業績にも関わらず評価が高い

社員を見つけて分析できます。また分析により、埋もれている優秀な人材の発見も可能でしょう。また社員それぞれが自分の能力と第三者から見た評価を知ることができるため、課題が明確になります。

クラウドのツールであれば、

  • 目標達成に欠かせない上司の進捗管理
  • 目標達成に必要なことや現在の進捗
  • 各種アドバイスやサポート

が見える化するため継続的、効率的なマネジメントが可能になるのです。

クラウドのツールを活用してさまざまなことをスムーズに

クラウドのツールを使えば、

  • 企業の戦略や目標をすべての社員に浸透させる
  • 目標達成のための軌道修正
  • アクションプラン
  • 多面的なフィードバック
  • 目標やイメージのすり合わせ

などがスムーズになります。社員の力を引き出し、企業を育てるツールとしてクラウドツールは活用が期待されているのです。