目標管理において「チャレンジ目標」は設定したほうが良いでしょうか?設定するメリットとデメリットを教えてください。

チャレンジ目標は設定したほうが良いでしょう。設定するメリットは、スキルやレベル、モチベーションアップの機会が増えること、デメリットは、業務目標の達成に支障が出る可能性です。

業務目標だけでも達成感を味わえ、評価につながります。しかしチャレンジ目標を設定し、達成に向けて動くことで、

  • 幅広いスキルを身に付ける
  • 評価も高まる

のです。業務目標とチャレンジ目標は明確に分けましょう。これにより、チャレンジ目標に気を取られて業務目標の足を引っ張ることを防げます。

業務目標とチャレンジ目標、2つの違い

業務目標とは、社内ですべき仕事や役割において決められる目標であり、達成する義務が生じるもの。

対してチャレンジ目標とは、より高い目標や広い分野に際した挑戦を行うものです。スキルアップと同時に、仕事に対するモチベーションもアップします。

チャレンジ目標に向けて実施していることが、業務目標の達成にも役立つ場合もあるなど、相乗効果が得られることも。チャレンジ目標の設定にはメリットが多いです。

チャレンジ目標は適切なものに

チャレンジ目標の達成に重きを置きすぎると、業務目標の達成に支障が出てしまうことが。それを防ぐためにも、

  • 企業の経営方針に沿っている
  • 内容や量を制限する

など適切なチャレンジ目標を立てましょう。本来の目的を忘れないよう、ルールの設定も必要です。

心理的な負担も少ない

本来の目標を達成することを念頭に置くことができれば、チャレンジ目標の設定もメリットが多いと考えられます。目標は、「達成しなければ」という思いから心理的な負担になりがち。しかしチャレンジ目標には、そこまでの心理的な負担はありません。

  • これならできるかもしれない
  • やってみよう

と思えるようなものがチャレンジ目標なのです。モチベーションを高める方法にもなるでしょう。

目標管理制度(MBO)とは? 意味、手法、運用方法、必要性、メリット・デメリットについて
マネジメントで有名な経営思想家ピーター・ドラッカーが提唱した、組織における目標管理制度(MBO)。この目標管理制度は、組織貢献と自己成長の両方が達成できる個人目標を設定させ、その達成度で評価を行う人事...