人事評価の進捗の見える化を検討しています。どのような方法があるか、またどのようなメリットがうまれるか教えてください。

方法は人事評価システムです。メリットには、人事評価を提出していない部署が分かるなど、管理や進捗がスムーズになる点が挙げられます。

これまでのような紙では、業務が煩雑になり、さらに人事評価がどこまで進んでいるのかの把握も難しくありました。その点見える化された人事評価なら、進捗の把握とどの段階で時間がかかるかを把握できるのです。

進捗の確認に手間がかかる

これまで行われてきた人事評価は、紙やエクセルの上で行われることがほとんどだったため、進捗を確認する手間がかかっていたのです。

また、部署数の多い会社ほどチェックする枚数が増えるため、全体の進捗は遅くなります。 そこでシステムを導入し人事評価の進捗を見える化すると、どの段階まで進んでいるか全体を把握しやすくなるのです。

さらに全体像も掴めるため、どの段階からなかなか進まないでいるかまで把握できます。それにより、遅れている部署へ評価を進行するよう促すなど、予定通りの進行が可能になるでしょう。

人事評価システムの選び方

人事評価システムを使いこなすことができる人であれば、大変便利だと感じるでしょう。しかし中には入力の仕方や見方が分からない人もいます。

人事評価システムを使って、見える化するメリットを享受するためにも、使いやすく操作が面倒ではないものを採用するようにしましょう。

簡単に使えれば部署の協力も得やすくなり、人事評価の手間も減ります。

人事評価システムとは? 導入メリット、選び方、導入事例、機能、比較のポイントについて【クラウド人事評価システム】
人事評価の運用をシステムに置き換えている企業が増えているようです。 ここでは、 人事評価システムでできること メリットや効果 導入前に検討しておくこと システム比較のポイント について紹介してまい...

クラウド型人事評価システムのメリット

紙の評価シートを使った人事評価のデメリットは、人事担当者の負担が重くなることです。また、全体の進捗具合が不明確になることもあるでしょう。

一方、クラウド型人事評価システムには、紙の人事評価にはない次のようなメリットがあります。

進捗状況を確認できる

進捗を確認できるので、評価が遅れている評価者に対して評価結果の提出を促すことができます。

評価のどの段階で時間がかかったのかを確認できる

どの段階で時間がかかったのか確認できるので、人事評価のたびに計画の見直しができるようになります。

評価シートの提出が早まる

評価の実施日程を守らないといった事態も、人事評価フローを見える化することで、未然に防ぐことができます。

作業の負担が軽減される

エクセルファイルの配布や回収などの負担がなくなるため。本来の業務に集中できるようになります。

人事評価フローの見える化で、評価に対する納得性を高める

クラウド型人事評価システム導入すると、被評価者の評価に対する納得性を高めることができます。

反対に、人事評価がブラックボックス化すると、被評価者が評価結果に不満を持つ原因となります。人事評価フローを見える化すれば、人事評価が公正に行われていることを認識できるようになるので、被評価者の評価に対する納得性が高まることでしょう。

これまで見えなかった問題点を新たに発見できる可能性が高まる

クラウド型人事評価システムは、人事評価フローを見える化することができ、それにより無駄のない人事評価が実現されます。

人事評価の進捗や、かかった時間などが把握できるようになることで、これまで見えなかった問題点を新たに発見できる可能性が高まります。