社員の自己啓発を人事評価でどう評価すべきでしょうか?

どこまでを評価とするか、まず自社で基準を決めましょう。

自己啓発は業務時間外に取り組むもので、かつ任意の事柄です。人によっては育児や介護といった理由で実行できないこともあるでしょう。

すべての人が行うわけではないなどさまざまな状況を考慮した上で、自己啓発のどこまでを評価とするか、自社で決めておく必要があります。

規定に基づいて判断を

社員が行った自己啓発を人事評価にどう影響させるかは、企業によって異なります。自己啓発の取り組みについてまで評価対象とするところもあれば、仕事中の行為の一部として取り立てて評価をしないところもあるのです。

評価の際は自社の規定に基づく判断をしましょう。

また規定に自己啓発に関する事柄があるかどうかも重要なポイント。規定に存在しないにも関わらず、人事評価の対象にすると正当な評価は難しくなります。

企業によって「自己啓発」の扱い方は違う

自己啓発は任意の内容ですので、自己啓発をどこまで評価とするか、他社を参考にしすぎないよう注意しましょう。

企業ごとに自己啓発の位置づけは変わります。つまり他社を参考にしすぎることで、自社にて人事評価が決定できないことが露見してしまうのです。

他社はあくまで参考として、自社内部ではどう評価すべきか考えましょう

規定の作成を視野に入れる

人事評価に自己啓発のプロセスや結果を含めるかどうかは、社内規定から独自に判断できます。たとえば、業務に関する自己啓発によりスキルアップしたら評価の対象とするなどです。

そのためにも、規定や基準をつくっておきましょう。自己啓発のような任意の内容においても、公平な人事評価につながります。

評価制度とは? 制度の目的、評価基準、種類について
人事評価制度は多くの企業で取り入れられるようになってきていますが、正しく運用されていないこともまだまだあるようです。評価制度は、明確な目的や評価基準、評価の仕方などができていないと経営や企業の発展に役...

自社独自の評価制度にも対応可能な人事評価システム

  • 紙やエクセルを使った評価制度の運用は、もう限界
  • 忙しい評価者をわずらわせたくない
  • 社員の頑張りをフェアに評価したい

人事評価ツール「カオナビ」なら、人事評価のお悩みを解決します!

> カオナビについて詳しく見る

  1. MBO・360度・OKR・1on1など、あらゆる人事評価運用をクラウドで実現可能
  2. 多彩な運用実績で作られたテンプレートを使って、評価シートを手早く構築
  3. 評価の進捗状況が一目瞭然。催促メールで締め日までに確実に評価結果を回収できる
  4. フィードバック面談だけは“紙で”やりたいときは、帳票として出力可能

カオナビで評価運用をクラウド化して、圧倒的な効率化を実現!

まずは資料をご確認ください。

> カオナビについて詳しく見る