オンボーディングとは? 新人を即戦力に変える研修の意味や指導のポイント

オン・ボーディングを行うことで、新入社員や中途入社の社員がチームにいち早く馴染み、業務を円滑に進めることができるようになります。オン・ボーディングの特徴や、新人研修の大切さ、即戦力として活躍できるポテンシャルを引き出すコツを紹介します。

「オン・ボーディング」とは?

「オン・ボーディング」とは、英語で「on boarding」と表記し、新人を採用し研修して即戦力に育てることです。新人の採用時、多くの場合は企業の風土ややり方を理解しておらず、仕事を円滑に進めるために新人研修を行うことが必要不可欠といえます。

職場環境に早く馴染み、即戦力として活躍できる人材に育てるための教育のことを、「オン・ボーディング・プログラム」と呼びます。

この場合の新人とは、新入社員だけを指すのではなく、中途入社したマネジメント層なども含まれます。

新規メンバーと既存メンバーのコミュニケーションをスムーズにし、円滑に業務を進めることができるようにする研修システムなのです。

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは?

・1on1の進め方がわかる
・部下と何を話せばいいのかわかる
・質の高いフィードバックのコツがわかる

効果的に行うための1on1シート付き解説資料をダウンロード⇒こちらから


【評価業務の「めんどうくさい」「時間がかかる」を一気に解決!】

評価システム「カオナビ」を使って評価業務の時間を1/10以下にした実績多数!!

●評価シートが自在につくれる
●相手によって見えてはいけないところは隠せる
●誰がどこまで進んだか一覧で見れる
●一度流れをつくれば半自動で運用できる
●全体のバランスを見て甘辛調整も可能

カオナビの資料を見てみたい

新人研修の大切さ

オン・ボーディングでは、従来のように既存のメンバーややり方に迎合させるための教育を行うのではなく、最大限にポテンシャルを引き出し、既存のメンバーとの統合を目指します。

つまり新人に一律で行ってきた研修・教育とは異なり、個々のキャリアやスキルにあわせたプログラムを行い、職場全体で新しいメンバーを迎え入れるのです。たとえ経験豊富な中途採用者であったとしても、いきなりゼロから人間関係を構築し最高のパフォーマンスを発揮するのは難しいといえます。的確なフォローを行うとともに、必要な研修をし、受け入れ態勢を整えることで、チームのパフォーマンスを向上させられます。

人事担当者は、「新人研修」を新入社員のものだけと規定せずに、中途採用社員にも枠を広げるとともに、受け入れ側へも教育を行い、職場全体でオン・ボーディングに取り組むように指導を行いましょう。

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは? 効果的に行うための1on1シート付き解説資料をプレゼント⇒こちらから

即戦力としてポテンシャルを引き出すために

オン・ボーディングでは、受け入れ態勢も重要ですが、そのほかにも評価やフィードバック、そして適切な能力開発を行うことが非常に重要なポイントになります。

新人を即戦力として使うためには、最大限のポテンシャルを引き出すことが必要です。そのためには、プログラムの評価とフィードバックを行い、モチベーションを高めながら相互理解を深めていきましょう。

特に新人研修で大切なことが、「会社の価値観を共有すること」と「会社の風土を理解し意思決定のプロセスを学ぶ」ことです。

さらに、マネジメント層は「社内規範」を正確に理解することも求められます。このように多彩な教育をオン・ボーディングで行うことで、研修・教育機関を短縮し業務を円滑に進めることができるようになります。

人事担当者は、明文化されていない社内規範が正確に伝わっているかなど、細部の確認を行い正確な評価ができるように心がけましょう。