コンプライアンスとは? 企業コンプライアンスとリスク管理の必要性について

近年、企業の不正や不祥事に対する社会の目が厳しくなっています。たった一度の不祥事によって社会的信用を失い、事業を継続できなくなるケースもあるほどです。それだけにコンプライアンスと企業のリスク管理の必要性について理解することが、今まで以上に求められています。
 

コンプライアンス及び企業コンプライアンスとは

コンプライアンスとは直訳すると「要求や命令などに従うこと」「法令や規則などを順守すること」「それらへの整合性」などを指します。わかりやすい表現では「法令遵守」と訳すことができます。

また、「企業コンプライアンス」とは言葉通り、企業の法令遵守を指し、企業が法令や社内規則など基本的なルールに従って活動することを意味します。企業コンプライアンスの範囲については、法令だけでなく倫理・モラルの遵守を含めるという考え方もあります。

これは法令に違反していなくても倫理に反する行為を行うことで社会的信用を失い、その結果、社会的批判や株主など利害関係者からの訴訟に発展するなど、法令違反に匹敵する影響を受ける可能性があるからです。

評価運用の効率と「質」を向上させるクラウドツール

  1. MBO・360度・OKR・1on1など、あらゆる人事考課運用をクラウドで実現可能
  2. 多彩な運用実績で作られたテンプレートを使って、考課シートを手早く構築
  3. 進捗状況が一目瞭然。催促メールで締め日までに確実に評価結果を回収できる
  4. フィードバック面談だけは“紙で”やりたいときは、帳票として出力可能

カオナビで評価運用をクラウド化して、圧倒的な効率化を実現!

> カオナビについて詳しく見る

コンプライアンスが重要視される背景

企業の目的は様々ですが、どんな企業でも利益を出さない限り存続し続けることはできません。しかし、利益優先がエスカレートすると、サービス残業などの労働環境の悪化や、粉飾決算、偽装など、株主や消費者の利益に反する行動に繋がる可能性があります。

そのため、法令遵守やモラル遵守が求められるのです。コンプライアンスが重要視される背景としては、消費者にとっては「その企業に対する安心、信頼の確保ができること」、企業にとっては「法令違反やモラル違反のリスク回避だけでなく、信頼が向上することで結果的に企業価値を高めること」が挙げられます。

企業のリスクにはどのようなものがあるのか

 
企業活動を行う上で、会社法や独占禁止法など事業に直接関わる法令や、労働基準法や労働安全衛生法などの労働法、その他、企業が遵守すべき法令は多数あります。

また、法令には違反していなくても、守るべき企業倫理・モラルもあります。企業のリスクとしては、「これらに対して逸脱すること、不正が行われること」です。不正には個人・組織、悪意の有無など、様々なケースがあり、企業活動には多数のリスクが存在します。

リスク管理として行うべきことは何か

企業のリスク管理は、言い換えると「企業コンプライアンスを浸透させること」です。具体的には、まず、経営理念や社内の規程、ルールを整備します。同時に、それを運営・定着させるための組織の見直しを行ないます。

次に、経営理念や規程、ルールを浸透させるための研修・教育を行ないます。最後に、それらが浸透しているかのチェック、監査を行ないます。

このように、企業コンプライアンスを浸透させるためには、具体的な施策の立案と実行が必要です。中でも、その基本となる社内規程やルールの整備、研修・教育が最も重要であり、人事部門が担う役割が大きくなります。