ストレッチ目標とは? 部下育成に効果的なストレッチ目標の設定方法と注意点

ストレッチとは引き伸ばすこと。個人や組織において、手を伸ばすだけでは届かず、背伸びをして手を伸ばさないとつかめないような高さにある目標がストレッチ目標です。管理職が部下に適切なストレッチ目標を与えられるかどうかは、部下育成に大きく影響します。

ストレッチ目標とは? ストレッチ目標は部下育成のキーワード

経営者や管理職が、手を伸ばせば届くような目標ではなく、背伸びをして手を伸ばさないと届かないような目標を掲げることで、社員や部下はその高い目標に達成するために自分の力を最大限に発揮しようとします。

その結果、思ってもみなかった力が働き、目標は達成され、個人も大きな成長を遂げます。これがストレッチで、アメリカのG.E (ゼネラル・エレクトリック社) 元最高経営責任者のジャック・ウェルチ氏が、企業の成長のために社員に不可能かもと思われる目標を掲げた際にキーワードとして使いました。

ストレッチ目標は社員に浸透し、目標は見事達成されて、G.Eは大きな成長を遂げました。低い目標では、部下の今の能力だけで簡単に達成されてしまいます。高い目標、つまりストレッチ目標を掲げてこそ、部下の能力は最大限に発揮され、時に思わぬ能力を目覚めさせます。ストレッチ目標は部下育成のキーワードです。


【人事評価や目標管理で、お困りではありませんか?】

「評価のたびに大量のファイルをやり取りするのはたいへん。Excelや紙での評価管理はもうやめたい」

そんなお悩みは人事評価ができるクラウドツール「カオナビ」で解決できます。

⇒ カオナビってどんなツール?

部下育成につなげるストレッチ目標の設定の仕方

効果的なストレッチ目標は、どのように設定したらいいのでしょうか。部下がそのストレッチ目標に対して、やる気を持てなければ目標達成は難しくなります。上司から一方的に押し付けられたと考えていては、成長の機会を失います。

ストレッチ目標を掲げるためには、部下とよく話し合い、部下が目指しているキャリアの方向性なども見極めて、そのストレッチ目標が今の業務にどのようにプラスになり、また部下の今後のキャリアにとって、どうすればプラスになるかを話して納得させることが大切です。

また、ストレッチ目標は背伸びをしないと届かないところにあることが大切です。手を伸ばせば届くのでは、今の能力でも十分達成できてしまいますし、飛び上がっても届かないところでは達成不可能と途中で挫折してしまいます。

部下の能力を理解していなければ、適切なストレッチ目標は設定できず、ここは管理職としての能力が試されるところかもしれません。

ストレッチ目標を部下育成につなげるための注意点

それでは、ストレッチ目標を成功させるための注意点をご紹介します。

・高すぎるストレッチ目標はパワハラと捉えられることもある
いくら管理職が大丈夫と思っていても、部下が不可能だと足がすくんでしまうようなストレッチ目標では成功しません。パワハラと誤解されてしまうことにもなるので、きちんと納得いくまで説明することが重要です。

・ストレッチ目標だけ与えて放任主義では成功しない
適切なストレッチ目標を与えて、あとは部下に任せっきりではいけません。時に進捗状況を見て、相談を受けることも大切です。また、目標達成までにいくつかのマイルストーンを設けてもいいでしょう。