研修を目的として、海外企業へ社員を出向させようと考えています。注意点はありますか?

目的をはっきりさせておくことです。

現地で多忙な時期等に出向すると、放置されてしまうことも懸念されます。出向先をはじめ、現在の職場の予定なども踏まえ、計画を立てるとよいです。

短期間での研修であれば、大きな問題はないと思われますが現地をよく知る人と相談した方がよいでしょう。

目的を明確にする

海外企業に出向して、

  • どのようなことを学び、習得するのか
  • 何のために行くのか

といった目的を明確にしましょう。

目的をはっきり自覚しないまま出向すると、現地でただ過ごしているだけで時間が過ぎてしまいます。何のメリットも得られないまま帰国すれば、必要性が認められず、次回から出向費用が出なくなってしまう可能性もあるのです。

オリエンテーションなどで目的や期待を明確にし、従業員もそれらを理解した上で研修に行くようにしましょう。

企業と相談をしてから

忙しい時期に研修生を迎える場合、企業にとっては負担となります。そうなると、放置されてしまう可能性もあり、目的を果たせず帰国することになってしまうことも。

職場においても同じことです。人手が足りないときに研修を予定しないよう、計画を立てて検討します。迎え入れる企業と相談し合い、計画を立て、お互いの負担にならない研修にしましょう。

現地と密な連携を

海外企業への研修は、目的の明確化と共に、計画を立ててお互いの負担にならない計画立案が重要です。

また、現地でのことは現地従業員がよく理解しています。現地従業員に相談し、どういった研修ができ、何を用意していけばいいのかなどをあらかじめ確認しましょう。

海外企業への研修出向は現地のスタッフと連携を取ることが重要です。

タレントマネジメントがすぐはじめられるクラウドツール

  1. 組織の今をダッシュボードでパッと把握。気になるところは顔ぶれまで確認できる
  2. 組織図で顔ぶれを俯瞰して人材配置を練れ、マトリクスで評価結果の甘辛調整もできる
  3. 最適人材をリストで管理し、可視化したスキルと経験で育成プランを立てられる
  4. 手軽に実施できる社員アンケートを使い、社員の声を拾って退職リスクも早期発見

カオナビでスキルや適正を可視化し、自在に人事シミュレーションが可能。

> カオナビについて詳しく見る

人材育成の環境づくりは人材の見える化から

顔写真が並ぶタレントマネジメントツール「カオナビ」なら、自社に合ったタレントマネジメントを実現します。

  1. 組織の今をダッシュボードでパッと把握。気になるところは顔ぶれまで確認できる
  2. 組織図で顔ぶれを俯瞰して人材配置を練れ、マトリクスで評価結果の甘辛調整もできる
  3. 最適人材をリストで管理し、可視化したスキルと経験で育成プランを立てられる
  4. 手軽に実施できる社員アンケートを使い、社員の声を拾って退職リスクも早期発見

カオナビでスキルや適正を可視化し、自在に人事シミュレーションが可能。

まずは資料をご確認ください。

> カオナビについて詳しく見る