人材育成計画書はどのようにつくれば良いでしょうか?

次のステップで作るとよいでしょう。

  1. 目標を設定する
  2. 現状を把握する
  3. 段階別の理想スキル計画を立てる
  4. 人材育成計画を具体的に立てる
  5. チェックしてもらう

上記のような流れで作ると、失敗は少ないです。 作成時は、一人で行わず同僚や先輩、上司といった周囲と相談しながら作成するとよいでしょう。

人材計画書を作成する際のポイント

段階別に計画を立てることです。目標を設定するとしても、最初から高い理想を掲げると習得できずに、モチベーションが下がってしまいます。

  • 1ヶ月
  • 3ヶ月後
  • 半年後
  • 1年後

といった段階別に、ここまで習得してほしい目標を立てましょう。また人材育成における問題点や課題などの現状を把握し、解決策を同時に考えます。 課題や問題をあぶり出す際は、さまざまな従業員からヒアリングするとよいでしょう。

教育手段の種類

教育手段には、

  • 集合研修
  • 個別研修

などさまざまな方法があります。集合研修は、同じ立場で同じ目的を持った従業員が一堂に会するため、悩みや不安を共有できます。e-ラーニングなどは、自分の都合のよい時間に勉強できるでしょう。

さまざまな方法をどのように計画に組み込むか、検討するとよいでしょう。

計画には工夫が必要

人材育成計画書は、ステップを踏んで作ることがベストです。そのためには、現場のことをよく把握している従業員が計画するか、現場から十分なヒアリングをして計画書を作るか、どちらかがよいでしょう。

必要なスキルや段階別に適した教育方法などについて、適したプランを立てることができます。

評価運用の効率と「質」を向上させるクラウドツール

  1. MBO・360度・OKR・1on1など、あらゆる人事考課運用をクラウドで実現可能
  2. 多彩な運用実績で作られたテンプレートを使って、考課シートを手早く構築
  3. 進捗状況が一目瞭然。催促メールで締め日までに確実に評価結果を回収できる
  4. フィードバック面談だけは“紙で”やりたいときは、帳票として出力可能

カオナビで評価運用をクラウド化して、圧倒的な効率化を実現!

> カオナビについて詳しく見る

人材育成の環境づくりは人材の見える化から

顔写真が並ぶタレントマネジメントツール「カオナビ」なら、自社に合ったタレントマネジメントを実現します。

  1. 組織の今をダッシュボードでパッと把握。気になるところは顔ぶれまで確認できる
  2. 組織図で顔ぶれを俯瞰して人材配置を練れ、マトリクスで評価結果の甘辛調整もできる
  3. 最適人材をリストで管理し、可視化したスキルと経験で育成プランを立てられる
  4. 手軽に実施できる社員アンケートを使い、社員の声を拾って退職リスクも早期発見

カオナビでスキルや適正を可視化し、自在に人事シミュレーションが可能。

まずは資料をご確認ください。

> カオナビについて詳しく見る