コミュニケーション能力が高い人はどのような特徴/共通点があるのでしょうか?

昨今、多くの企業が人材採用時に重視するようになったコミュニケーション能力は、仕事はもちろん人間関係、人生にも影響するスキルです。

コミュニケーション能力が高い人には、会話以外の部分と、会話の進め方に次のような特徴や共通点があります。

会話以外

  • 話しやすい環境づくりができる
  • 第一印象を良くしようとする意識がある
  • 相手に興味、関心がある

会話の進め方

  • 聞き方が上手い(あいづち、傾聴など)
  • 話し方が上手い(わかりやすい内容、話すスピードなど)

会話以外の特徴

コミュニケーション能力が高い人は、会話を始める以前に、話しやすい環境づくりが上手です。

初対面の印象は、その後の関係に大きく影響するので、第一印象を良くするために、清潔感があることはもちろん、TPOにあった服装や姿勢、立ち居振る舞いにも気を配ることができます。

また、リラックスした笑顔で相手の警戒感を解くことを意識しており、相手との関係によって、距離や視線の位置を図り、相手が心地よく話せる環作りを心がけています。

そして、相手への興味や関心を上手に示せるのも、コミュニケーション能力が高い人の特徴です。関心があるからこそ、相手との共通点を素早く見つけることができ、この先も話してみたいと思わせることができるのです。

単純ではありますが、相手を名前を覚えて名前で呼ぶことも、親近感を深める効果があり、コミュニケーション能力が高い人ほど、相手の名前は忘れないものです。

会話の進め方の特徴

コミュニケーション能力が高い人は、もちろん会話の進め方も上手です。

自分の感情や情報を伝えるために、わかりやすい伝え方を心がけています。結論や目的から話し、テーマを明確にすることはもちろん、話すスピードや相手によって使う言葉を合わせるなどの、聞き手への配慮にも長けています。

こうした配慮が、結果的に自分の主張を正確に伝えるための、最短の手段であることを理解しているのです。

また、相手の話の聞き方にも気を配っています。相手が話しやすいよう、あいづちの仕方やタイミングに気を付けたり、相手の話したいポイントをくみ取り、共感するために傾聴を心がけています。

コミュニケーションは磨けば誰でも高めることのできる能力

コミュニケーションは、TPOや相手によって臨機応変さが求められるので、万能な方法は存在しませんが、磨けば誰でも高めることのできる能力です。

コミュニケーション能力を高めるためには、失敗を恐れずに自分からコミュニケーションを取っていくというオープンな気持ちも重要なのです。