どのようにすれば人事評価の妥当性が増すでしょうか?

目的に合致した評価制度である、そこに組織や事業の特性が反映されている、この2点が必要です。

具体的なポイントで紹介しましょう。

  1. 評価制度の適切性
  2. 十分な評価スキルを持った人が人事評価を行っている
  3. 評価結果が適正に活用されている

妥当性に関する判断材料

人事評価の妥当性に関する判断材料はいくつかあります。

  • 企業や部門、等級、役職に見合った評価項目が適用されているか
  • それから評価項目に関する定義が分かりやすいか
  • 被評価者が納得できる内容かどうか
  • 評価結果のフィードバックを実施しているか
  • より実情に合ったものに改正する姿勢を見せているか

正確な運用を心掛ける

いくら人事評価制度を妥当なものにしても、運用が正確でない場合、被評価者は納得しにくくなります。

  • 評価者研修をはじめとして、公正性・納得性を確保するための教育・トレーニングが実施されているか
  • 評価者を監督する人材がいるか
  • 評価結果に関するアドバイスが的確になされているか

妥当性を担保できるよう各種取り組みを行いましょう。妥当性が担保されていれば、報酬へも適切に反映されるため労働者も納得しやすいです。

妥当性と納得性

人事評価の妥当性が担保されているかどうかは、結果に対する納得性に大きく影響します。人事評価に社員が納得できない場合、人事制度そのものへの信頼性は低下するでしょう。

それは、人事評価制度の継続に影響します。妥当な制度・システムになっているかしっかり検証しましょう。