目標と人事評価が連動していて、社員が目標を低めにしがちです。チャレンジングな目標をもってもらいたいのですがどのようにすれば良いでしょうか?

人事評価と切り離し、その上で成功すれば加点し失敗しても減点はない、と定めるとよいでしょう。

チャレンジ目標は通常目標よりも高めに設定することがほとんど。失敗する可能性も高く、それが人事評価に関わる場合、リスクを考えます。 すると目標を低めに設定することも増えるでしょう。

社員のデメリットが少なくなるように

人事評価の対象としてチャレンジ目標を設定する場合、社員にとってのデメリットは大きくなります。

チャレンジ目標の設定を重視したい場合は、失敗しても減点せず成功した際に人事評価にプラスされるような社員にデメリットの少ない状況を準備しましょう。

もし確実に目標達成することを求める場合は、チャレンジ目標ではなく必達目標を設定すると、社員も取り組みやすくなります。

優先するのは必達目標

目標と人事評価が連動している場合優先するのは社員が取り組みやすい必達目標です。

また、必達目標がクリアできるようになった社員から人事評価をアップして成果を給与などに反映し、そこから必達目標のレベルを上げましょう。

可能であれば人事評価自体を目標設定と切り離すように改めます。そして、失敗での減点はないとした上でチャレンジ目標の設定を求めるとよいでしょう。

可能なら人事評価と目標設定を切り離す

人事評価は給与とつながっているため、減点を避けたい社員も多いです。

そのためチャレンジ目標が連動していれば高く設定することはせず、着実に達成できるレベルの目標にするでしょう。

社員に高いチャレンジ目標を設定して欲しい場合は、人事評価と目標を切り離します。そして成功すれば加点、失敗しても減点しないと定めるとよいでしょう。

自社独自の評価制度にも対応可能な人事評価システム

  • 紙やエクセルを使った評価制度の運用は、もう限界
  • 忙しい評価者をわずらわせたくない
  • 社員の頑張りをフェアに評価したい

人事評価ツール「カオナビ」なら、人事評価のお悩みを解決します!

> カオナビについて詳しく見る

  1. MBO・360度・OKR・1on1など、あらゆる人事評価運用をクラウドで実現可能
  2. 多彩な運用実績で作られたテンプレートを使って、評価シートを手早く構築
  3. 評価の進捗状況が一目瞭然。催促メールで締め日までに確実に評価結果を回収できる
  4. フィードバック面談だけは“紙で”やりたいときは、帳票として出力可能

カオナビで評価運用をクラウド化して、圧倒的な効率化を実現!

まずは資料をご確認ください。

> カオナビについて詳しく見る