人事評価でバイアスを防ぐ方法はありますか?

人事評価でのバイアスを防ぐ方法は、2つあります。

  1. 評価者の変更
  2. 複数による評価

しかし、人が人を評価するためバイアスを減らすことはできても、完全に無くすことは難しいと思ったほうがよいでしょう。

バイアスを防ぐ方法

バイアスを防ぐ方法は2つあります。

評価者の変更
  • 評価者を別の人にする方法
  • 被評価者は、全く違った人からの人事評価を受けることになるため、偏りを防ぐことができる
複数による評価
  • 上司や同僚など多くの人による評価を行う方法
  • 360度評価となり、より公正な判断が期待できる

このような方法でよりバイアスの少ない人事評価を目指しましょう。評価を受けた側の不満も少なくなります。

なぜバイアスがなくならないのか?

人の持つ意識によりエラーが起こり、バイアスは生じます。たとえば、

  • 優れた点を1つ見ると他もすべて優れていると感じる
  • これまでの様子から得たイメージをもとに判断してしまう

など。しかしどれだけ気をつけていても多少の誤差は起きてしまうもの。それを加味してできるだけ減らすことができる方法をとるとよいでしょう。

バイアスを無くすことはできないが減らすことはできる

人事評価バイアスを防ぐ方法には、

  1. 評価者の変更
  2. 複数による評価

がありますが、人には意識があるため、完全にバイアスを無くすことは難しいでしょう。しかし方法を講じれば少しでも減らすことは可能です。

自社独自の評価制度にも対応可能な人事評価システム

  • 紙やエクセルを使った評価制度の運用は、もう限界
  • 忙しい評価者をわずらわせたくない
  • 社員の頑張りをフェアに評価したい

人事評価ツール「カオナビ」なら、人事評価のお悩みを解決します!

> カオナビについて詳しく見る

  1. MBO・360度・OKR・1on1など、あらゆる人事評価運用をクラウドで実現可能
  2. 多彩な運用実績で作られたテンプレートを使って、評価シートを手早く構築
  3. 評価の進捗状況が一目瞭然。催促メールで締め日までに確実に評価結果を回収できる
  4. フィードバック面談だけは“紙で”やりたいときは、帳票として出力可能

カオナビで評価運用をクラウド化して、圧倒的な効率化を実現!

まずは資料をご確認ください。

> カオナビについて詳しく見る