時価総額とは? 人事部門が知っておきたい時価総額の意味とその計算方法について

market-capitalization

時価総額は株式の取引で重要視される株式用語の一つであり、ビジネスの場でも良く使われている用語です。しかし、その意味や計算方法については曖昧になっている方も少なくありません。そこで時価総額とは何か、その意味と計算方法について、ご紹介します。

時価総額とは?時価総額の意味

時価総額とは、上場企業ごとの個別銘柄または上場銘柄の全体がどれだけの規模かを表す数字です。時価とは、証券取引所で売買されたその日の終値のことで、総額は時価に発行済み株式数を掛けた金額です。市場全体の時価総額は個別銘柄の合計で算出します。

個別銘柄の時価総額は、その企業の価値を表します。株価が低くても発行済み株式数が多ければ時価総額は高くなり、株価が高くても発行済み株式数が少なければ時価総額は低くなります。

つまり、株価だけで企業の価値を評価すると、実際の企業の価値が判断し難く、時価総額を用いることで企業の価値を正しく評価することができます。尚、市場全体の時価総額は、株式市場の規模や外国の市場規模との比較などで使用されています。


時価総額の計算方法

時価総額は、上場会社が発行している株式数に、現在の株価を掛けて算出します。計算式としては「時価総額=発行済み株式数×株価」になります。この数値の大きさで企業の価値や規模を判断します。

時価総額を重視する理由

経営者の視点で時価総額について考えた場合、時価総額=企業価値、つまり時価総額はその企業の価値、値段と言えます。単純に考えると時価総額以上の資金があれば、その会社を買収することが可能になります。

時価総額が高ければ、それだけ買収の資金が必要になり、買収へのハードルが上がります。要するに時価総額を上げることは、買収の予防策になります。それに対し積極的な考え方としては、時価総額を上げることで株主や市場からの信頼を得られます。

それにより資金を調達し、他社の買収をはじめ事業拡大に向けた攻めの経営ができます。これが投資家の視点では、その企業の将来性、業績拡大への期待に繋がり、投資を行う上での判断材料になります。このことから、経営者、そして投資家も時価総額を重視するのです。

時価総額と人事部門の役割

時価総額を上げる為には、株価を上げること、つまり、投資家が投資したくなるような企業になる必要があります。投資の判断で最も重視されるのは、その企業の将来性です。その為、経営者は時価総額を上げる努力と同時に、その資金をどのように使って企業を成長させていくのか、ビジョンを示す必要があります。

そして、将来性と共に求められるのは、企業の信頼性です。いくら業績を拡大しても、経営が破綻する可能性がある企業には投資できません。この企業の将来性と信頼性に対して、人事部門の役割は多岐に渡ります。将来性に対しては、採用、教育、評価、適材適所など、優秀な人材を受け入れて、育て、活躍させるしくみや環境が求められます。また、将来性には環境変化への適応力も欠かせません。

女性役員の登用など、世の中の風潮やグローバルな市場の動きに敏感になり、それを人事や労務の制度に反映させることも大切です。信頼性に対しては、コンプライアンス対応、法令遵守が大前提になります。俗に言うブラック企業というレッテルを貼られてしまったら、投資家だけでなく社会的にも信頼を失い、企業の存続自体が危ぶまれます。このように、時価総額を上げる上で人事部門の果たすべき役割は大きいと言えます。