入社式とは? 入社式の準備や内容そして日程など

新入社員を対象に行う「入社式」は、企業によって規模や内容が異なり、ユニークな入社式は話題に上ることも珍しくありません。入社式の日程や準備そしてどんな内容で行うのかなど、人事担当者が入社式について知っておきたいポイントをご紹介します。

入社式とは?

入社式は新入社員が入社する4月1日に行われることが一般的で、大企業や中小企業など、企業規模によって入社式の日程に差はほとんどありません。大企業では、入社式をホテルの宴会場やイベント会場で行い、ゲストに著名人を呼ぶケースもあります。

入社式が行われるのは午前中が多く、その後昼食をはさんでオリエンテーションとなり、1日がかりとなるケースが多くあります。記念写真の撮影や自己紹介、そして就業規則の配布に部署へのあいさつ回りなど、入社式当日には非常に多くのスケジュールをこなすことが珍しくありません。

一般的な入社式の内容は?

入社式では、新入社員を前にして社長や新入社員代表によるあいさつが行われるほか、仕事に対するオリエンテーションが入社式とセットになっている企業もあります。大企業の場合には、ホテル宴会場やイベント会場を貸し切って、大々的に入社式を行うケースもあり、アーティストのライブや著名人の講演などが行わることも珍しくありません。

また、会社の規模によっては、入社式で新人ひとりひとりがあいさつを兼ねた自己紹介のスピーチをすることもあります。前述したオリエンテーションでは、人事担当者が社内人事に関する説明や社内規定の説明を行うほか、社内の備品やカードキーなどの説明、そして社会保険の加入手続きを行う企業もあります。

入社式の日程と準備

人事が特に知っておきたい入社式の日程と準備のポイントです。

・入社式の日程
入社式は新入社員が入社する4月1日に行われるケースがほとんどですが、場合によっては3月末や、4月上旬になることもあります。入社の日程がズレてしまうのは、企業の営業日の関係や暦の関係ですが、基本的には大企業・中小企業ともに日程にはほとんど差異がないといえます。

・入社式の準備
入社式の準備では、日程の調整やゲストや会場の手配、そして内容の決定など、やることが多くあります。特に大きな会場は、早い時期から押さえられてしまうケースが多く、数カ月前から準備をしておく必要があります。また入社式後に食事会を行う場合には、レストランの予約はなるべく早めに行うように心がけましょう。

人事担当者は、毎年行われる入社式のスケジュールを確認するだけではなく、新入社員の人数が確定した時点で入社式の会場を検討し始めましょう。新入社員の人数によっては、例年使用している会場が広すぎたり、狭かったりするケースもありますので注意が必要です。