ホワイト企業とは? ホワイト企業の特徴と定義を学ぶ

ホワイト企業とは、労働者に優しく働きやすい企業のことです。一般的には、「福利厚生」と「離職率」で定義されますが、「法令遵守」もホワイト企業を見極める上で大切なポイントのひとつです。気になるホワイト企業の特徴と定義をご紹介します。

ホワイト企業とは、労働者に優しい企業のことで、福利厚生が整備されていたり、離職率が低いなど、働きやすい環境が整った企業のことをさします。

反対に「ブラック企業」という言葉があり、社会問題として取り上げられることが多いですが、労働者への待遇が悪い企業というレッテルを張られてしまうと、採用活動に支障をきたすことも珍しくありません。労務管理や環境整備を考えた時、「ホワイト企業」と呼ばれる企業を目指すことは、優秀な人材の確保や、働きやすい環境の構築のためにも欠かせないポイントといえます。

ホワイト企業の特徴

ホワイト企業には多彩な特徴がありますが、中でも人事が特に知っておきたい特徴をご紹介します。

・無理なノルマを課さない
達成可能なノルマではなく、こなせない業務量を与えることは、残業に繋がるだけではなく、ひいてはノルマの未達成を産みモチベーションの低下にもなります。ホワイト企業では、達成可能なノルマを設定したり、ノルマがなく個人の責任やチームで目標を決めて動いたりします。

・残業が少ない/残業代を支給する
残業が慢性化してしまっている職場は、サービス残業が多く、残業代が全額支払われないケースも多くあります。ホワイト企業では、法令に基づき労務管理をしっかりとしているだけではなく、残業代も支払います。

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは?

・1on1の進め方がわかる
・部下と何を話せばいいのかわかる
・質の高いフィードバックのコツがわかる

効果的に行うための1on1シート付き解説資料をダウンロード⇒こちらから


【評価業務の「めんどうくさい」「時間がかかる」を一気に解決!】

評価システム「カオナビ」を使って評価業務の時間を1/10以下にした実績多数!!

●評価シートが自在につくれる
●相手によって見えてはいけないところは隠せる
●誰がどこまで進んだか一覧で見れる
●一度流れをつくれば半自動で運用できる
●全体のバランスを見て甘辛調整も可能

カオナビの資料を見てみたい

ホワイト企業の定義

実はホワイト企業の定義は人それぞれですが、一般的な定義は以下の3つといえます。

・福利厚生が整っている
育児休暇や介護休暇などの休暇制度の他に、短時間勤務や短時間勤務や在宅勤務などの多様な働き方が出来る企業が人気を集めています。また、福利厚生として、資格取得奨励制度や、ユニークな休暇制度のある企業も珍しくありません。社員が働きやすい環境を整えることは、ホワイト企業の必須条件といえます。

・離職率が低い
離職率が低く平均勤続年数が長いというのは、それだけ働きやすい企業という証拠です。特に注目されるのが、平均で30%といわれる「新卒後3年の離職率」です。業界によって平均が異なりますが、離職率が低く平均勤続年数の長い、居心地の良い企業はやはり人気を集めています。

・法令遵守(コンプライアンス)
ホワイト企業の定義では、「新卒の3年離職率」と「福利厚生」が注目されがちですが、法令遵守も実は大切な定義のひとつといえます。法令違反を犯すことによる企業の信頼の失墜は、倒産にも繋がる重要な問題です。コンプライアンスマネージメントを行うと同時に、社員教育を行うことで、法令遵守の必要性を社員1人1人と共有することが大切です。