アンラーニング(学習棄却)とは? 人材育成のやり方や具体例、メリットまとめ

アンラーニングを行うことで、従業員の成長を促し、激しい環境の変化にも対応することができるようになります。従来の知識や価値観を捨て、新しい学習を行うアンラーニングの方法やメリットを紹介します。

「アンラーニング」とは? 学習棄却を進める方法とメリット

「アンラーニング」とは、「学習棄却」と呼ばれ、これまで学んできた知識を捨て、新しく学び直すことを指します。激しい環境の変化に対応するためには、新しい勉強を進めるだけではなく、従来の知識を捨てることも重要だとされています。

これは、過去の経験や知識に囚われることで、事態の変化に対応することができなくなってしまうためで、アンラーニングを行い新しい知識を吸収し、時代遅れになってしまった価値観や行動パターンを修正することが必要不可欠だからです。

ビジネスパーソンにとって、「学び」は成長のための重要なポイントです。人事担当者はアンラーニングと新しい学習を通して、より良い人材育成を目指しましょう。


【入社式もオンライン、新入社員馴染めてますか?

「直接顔合わせもできない…」「既存社員とのコミュニケーションのきっかけがない…」

カオナビは顔写真だけでなく、[自己紹介シート]を作成・共有することで、お互いの人となりを知ることができます

  • 新入社員の自己アピールの場、覚えてもらうきっかけに
  • 既存社員は新メンバーのことを知り、コミュニケーションのきっかけに

人材情報を可視化、組織を活性化するタレントマネジメントシステム「カオナビ」とは?

学習棄却を進める方法

アンラーニングの大切なポイントは、「自らの知識やスキルが古いものである」と認めて自覚することです。自身の置かれている状況に危機感を持ち、アンラーニングの重要性を認識して初めて、アンラーニングが可能になるのです。

そのためには、自身の価値観や考え方を見つめなおす機会を持つことが大切です。
他部署や他業種との交流・協働だけではなく、多様な価値観のある人材の登用を進め、社内の環境を変化させるのも、気付きをもたらす施策のひとつです。

学習の動機付けは、誰かに押し付けられたものではなく自発的なものでないと、モチベーションが保てず、思ったような効果が得られないことも多々あります。

アンラーニングが必要だと考える人材に対して直接的な働きかけを行うのだけではなく、気付きを与えるきっかけを作ることが大切なのです。

アンラーニングのメリット

アンラーニングを行うメリットは、以下のようなものです。

・成長を続けられる
ある程度の知識や技術を習得して、「専門性を高めた」と、学習を放棄してしまう人がいます。

技術の革新が進むなかで、従来の知識や経験がいつまでも最上のものであるケースは稀です。現在の状況にあった対応ができるかどうかは、個人の問題に留まらず、会社の競争力にもかかわる問題でもあります。

つまりアンラーニングは「若手」や「部下」だけではなく、マネジメントを行う管理者や熟練の技術者になるほど、必要とされるのです。アンラーニングを行い、新しい知識を獲得することで、成長が持続します。

・業務効率が向上する
従来の価値観を捨て、新しい知識を習得することで、現在の業務を新しい視点で見直すことができます。新しい着想の反映や業務フロー改善に繋がります。

業務の効率化と改善を推進したい人事担当者は、アンラーニングの重要性を周知するだけではなく、新しい知識を習得することができる教育・研修の機会を積極的に作りましょう。