アウトプットとは? 目的、アウトカムやインプットとの違い、メリットや上手に行うためのコツ、ポイントなどについて

アウトプットとは学んだことを形として生み出し、発信すること。ここではアウトプットの目的やアウトプットを上手に行うためのコツ、ポイントなどについて説明します。

1.アウトプットとは?

アウトプットとは、学習や経験によって得た学びを、発言や活動に反映させることで、その有用性や効果も含まれます。

アウトプットはコンピューター用語で「出力」を意味し、「インプット=入力」と対比する言葉として生まれました。ここから意味が転じて、「成果物である発言や表現・活動」もアウトプットと呼ばれるようになったのです。

outputの意味

英語では「output」と表記し、産出、生産高、生産品、作品数、出力、アウトプット、出力(信号)、出力操作を意味します。

ビジネスにおけるアウトプットは、経験や学習から学んだ物事を発信・表現するという意味を持ちます

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは? 効果的に行うための1on1シート付き解説資料をダウンロード⇒こちらから


【評価業務の「めんどうくさい」「時間がかかる」を一気に解決!】

評価システム「カオナビ」を使って評価業務の時間を1/10以下にした実績多数!!

●評価シートが自在につくれる
●相手によって見えてはいけないところは隠せる
●誰がどこまで進んだか一覧で見れる
●一度流れをつくれば半自動で運用できる
●全体のバランスを見て甘辛調整も可能

カオナビの資料を見てみたい

2.アウトプットの目的

学んだことを言動に反映させて、さらなる学びにつなげ、成果を出していくことがアウトプットの目的です。

昨今、アウトプットは「仕事の生産性を高めるための学習効率の評価指数」としての意味合いが大きいと考えられています。そのためインプットの効果を図る尺度としてアウトプットが用いられることもあるのです。

学習や経験から吸収するだけでなく、学びを言動に反映させてより成果を出していくのがアウトプットの目的です

マネジメントに役立つ資料を無料でダウンロード!⇒こちらから

3.アウトプットとアウトカムとの違い

アウトプットと混同されやすいアウトカムとは何でしょう。アウトカム (outcome)は、結果、成果、結論を意味し、主体的な活動によって生み出されたものというニュアンスを持ちます。

アウトカムとは主体的な活動によって生じた結果や成果です。意義的にはアウトプットとは異なるので注意しておきましょう

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは? 効果的に行うための1on1シート付き解説資料をプレゼント⇒こちらから

4.アウトプットとインプットとの違い

アウトプットとの対語であるインプット(input)とは、ビジネスにおいて知識などを習得すること。コンピューター内部にデータを取り込む、キーボードやマウスで入力する、なども意味します。

インプットとはもともとコンピューターの内部にデータを取り込むことから発生しました

マネジメントに役立つ資料を無料でダウンロード!⇒こちらから

5.アウトプットのメリット

ここでは、アウトプットのメリット4つを紹介します。

気付きによる自己成長

たとえば毎日多種多様なテーマに基づいてブログを執筆する人は、日常生活のいろいろなシーンでブログのネタを探し、多くの物事に気付いていきます。これの継続により思考力や発見力が強化できるのです。

振り返りやキャリア構築

たとえばブログに自身の経験や考えを書き続ける場合、過去に習得した知識を改めて確認するため、自己の成長を感じることができます。

単に知識を身に付けるだけでなく、その知識を形として生み出し、発信することでキャリア構築につながるのです。

自己効力感や自信

スキルを外部に発信し続けると、長期的に、自己効力感(自分の可能性の認知)が向上します。つまりアウトプットはスキル向上の近道でもあるのです。自己効力感を高めていくことで、自分が挑戦したいという目標も明確になっていくでしょう。

伝え方

たとえばTwitterなどのSNSで自分の意見を伝えると、知識や経験が定着しやすくなり、さらに不特定多数の人から「見られている」という意識も芽生えます。

その意識によって、さらに意見を伝えるスキルが向上するのです。またノートやメモ帳に気付いたことを書いていくという作業も伝え方を高める有意義な手段とされています。

アウトプットはビジネスシーンだけでなく、日常生活においてもメリットを多くもたらしてくれます

マネジメントに役立つ資料を無料でダウンロード!⇒こちらから

6.アウトプットを上手に行うためのコツ、ポイント

ここではアウトプットを上手に行うためのコツやポイントを説明します。

何のためにアウトプットするのか?を明確に

ただ闇雲に行うアウトプットと明確な目的を持ったアウトプットでは、質に大きな違いが出てきます。まず「何のためにアウトプットするのか」を意識しましょう。

「どのような目的で、どんな成果を挙げたいのか」といった根本的な目標や目的が定まっていないとアウトプット自体があやふやになってしまいます。

最初は質より数

アウトプットを実践する際は「質より数」を心掛けましょう。量を経験することで、質が追いついてくるもの。まずアウトプットを普段の生活に習慣化させましょう。

量をこなすと成果やメリットが自然と可視化され、同時に質が向上します。スタート時に完成度が高くなくても問題ありません。まず挑戦して、そこから改善点があると気付いたときに次の質が上がるように改善していくとよいでしょう。

メモ程度でもよいとする

貴重な気付きをそのまま頭の中にしまっておくと、やがてその記憶は薄れてしまいます。一言、二言だけでもよいので、メモを取っておきましょう。

過剰に気負わないことで、よりアウトプットしやすくなり、質の向上が期待できます。都度メモを確認できれば、内容を忘れる心配もない上、追体験も可能です。

誰かに伝えることを意識する

アウトプットを行う際は、「誰か」に伝えることを意識しましょう。たとえば「読んだ本」「観た映画」「仕事で得た有意義な話」などを家族や友人に伝えてみます。

周囲の人間に理解してもらいたい、知ってもらいたいという目的があると、情報はより定着します。自分の胸にしまっておくだけでなく、ただ「話す」だけでも脳の活性化などに大きく影響するのです。

ストーリーを意識

周囲の人間に物事を伝える際にストーリーを意識すると、アウトプットの効果が発揮できます。アウトプットが苦手という人の中には、誰かに説明するのが得意ではないという人もいるでしょう。

実は、人に説明するということは、アウトプットスキルを向上させる格好のトレーニングの場なのです。自分自身の言葉を用いて、より相手が理解しやすいよう、ストーリー性のある「エピソード記憶」を軸に伝えてみましょう。

「アウトプットしなければ」をやめる

自分自身が得た学びや知識をより記憶に残したい、という思いから四六時中「アウトプットしなければ……」と考えがちな人も少なくありません。しかし、アウトプットのことばかり考えていては脳が休まらなくなり、ストレスも溜まってしまいます。

ときには何も考えない時間を設け、脳を休ませましょう。睡眠と同じように、適度に脳を休ませることで、本当に必要なときに質の高いアウトプットを実現できるようになるのです。

コミュニケーションを活用

誰かと気軽に話すというだけでもアウトプットできます。自分が得た学びや情報を相手に伝える行為は、相手に理解してもらいたいという目的意識から、知らず知らずのうちに情報を整理する傾向にあるのです。

気軽に楽しみながら周囲に伝えるというコミュニケーションで、アウトプットを試してみましょう。

行動に反映

ネットが発達した現代、1日の中で得られる情報は無数です。しかし、そのすべてをアウトプットしようとすると、膨大な時間や労力がかかってしまいます。

まずはインプットしたことを1つでもよいので、少しずつアウトプットという行動に反映させましょう。地道に知識を「使う」ことで「重要な情報」を脳に保存しやすくなります。この作業を繰り返すことで、主体性も育っていくでしょう。

アウトプットにはさまざまな手段があります。「誰かに話す、伝える」という日常でもできることから始めてみましょう