中間管理職(ミドルマネジメント)とは? 中間管理職の役割と育成

中間管理職(ミドルマネジメント)の役割と育成は、どの企業にとっても重要な課題の1つといえます。今回は、人事担当者が覚えておきたい中間管理職の役割と、中間管理職に対してどのような育成を行うべきかについて紹介します。

1.中間管理職(ミドルマネジメント)とは?

中間管理職は、「ミドルマネジメント」とも呼ばれ、現場の仕事に精通しながらも経営者目線で事業の進捗を把握し、指示を出す立場です。一般的には、課長や部長が中間管理職に当たります。中間管理職の役割は、経営陣の意志や戦略を現場の管理者に伝達することで、経営陣と一般社員の橋渡しを行う大切な役職です。また、部下の育成や教育、マネジメントも、中間管理職の大切な役割の1つです。

中間管理職はその名の通り、上司と部下の間にいるため、経営陣と現場の板挟みになってしまうケースも多くあります。人事担当者は、中間管理職の抱える問題を共有するだけではなく、しっかりと育成を行うことで、業務が円滑に進むよう心がけましょう。

2.組織における中間管理職の立ち位置と役割

マネジメントを行う人は3つの階層に分けることができます。経営に責任を負う「トップマネジメント」と、目標を達成するために戦略を推進する中間の「ミドルマネジメント」、そして現場のメンバーと一緒になって目標達成を目指す「ロワーマネジメント」です。

①トップマネジメントとは?(最高経営者層)

トップマネジメントとは、組織のトップに君臨する経営者陣を指します。組織の経営・運営における基本指針の策定がおもな役割です。具体的には、経営計画や組織戦略、事業戦略の検討などを行います。組織の意思決定者であると同時に、その意思決定に対するすべての責任を最終的に追うべき立ち場にあります。

トップマネジメントの役職の具体例

  • 会長、社長、副社長、常務、専務

上記のように、取締役会に参加する役職の者や、執行役員を指します。

②ミドルマネジメントとは?(中間管理者層)

経営層と現場をつなぐ重要な位置にいるのがミドルマネジメント。トップマネジメントによる意思決定を実現するため、実行における責任者としてロワーマネジメントを指揮監督します。また、ロワーマネジメントからの意見をボトムアップで吸い上げる役割も担います。

ミドルマネジメントの役職の具体例

  • 本部長、部長、課長、係長

組織が大きくなればなるほど、一般的には中間管理職の層が分厚くなり、組織内の役職が増える傾向にあります。

③ロワーマネジメントとは?(監督者層)

ロワーマネジメントは、役職につかない社員を直接的に管理する立場にあり、下級管理者層や監督者層とも呼ばれます。

現場の社員による業務遂行を指揮・監督し、上層部が描いたビジョンを現場における活動に直接反映し、実現を目指します。

ロワーマネジメントの役職の具体例

  • 係長、主任、リーダー、チーフ

3.中間管理職の仕事内容

前述のように、中間管理職は経営陣の意志や計画を一般社員に伝達する役割を担っています。また、業務の改善をして、目標を達成するための進捗管理を行うのも大切な業務の1つです。そして、中間管理職の仕事で欠かせないのが「部下の育成」です。

いくら優秀な人材でも、教育がしっかりと行われなければ成長が期待できないばかりか、場合によってはモチベーションが下がってしまうこともあります。正当で公正な評価を心がけるだけではなく、仕事量の適正化や目標の設定など、部下の育成には非常に多様な心配りが必要です。

4.何歳? 女性も? 中間管理職の人材像

実際にはどのような人材が、中間管理職に就いているのでしょうか。年齢や男女比を確認しましょう。

中間管理職の平均年齢

一般財団法人 労務行政研究所による調査の結果によれば、日本のおもに上場企業が人事制度上想定している昇進年齢の標準は、下記の通りでした。

  • 係長:32.7歳
  • 課長:39.4歳
  • 部長:47歳

※出典:一般財団法人 労務行政研究所「役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向」

なおこちらは、大卒で新卒入社した社員が役職へ昇進する際の年齢の目安になります。業界や業種、また企業が設計している人事制度によっても差は生じますので、あくまでも参考として考えてください。

中間管理職の男女比

厚生労働省が平成29年度に実施した調査の結果によると、企業にて課長職以上の役職に就いている女性管理職比率は、10.9%でした。なお厚生労働省は、2020年までに女性管理職比率を30%まで引き上げる目標を掲げています。

5.板挟みの中間管理職に必要なメンタルケア

自分をマネジメントする上司が存在しつつ、監督しなければならない部下もいる、という中間管理職の立ち位置は、高い負荷を人に与えます。上司の存在故に、自分の自由意思にもとづいて部下をマネジメントすることが難しくなり、また一方で、現場に近いところからの意見と上層部の考えが合致しない場合、板挟みの状態で両者の意見のまとめ役を担うことになるからです。

悩みがストレスになりうつ病で退職する中間管理職も・・・

現場の意見を理解してくれないトップマネジメント層、また上層部のビジョンを理解しづらいロワーマネジメント層、それぞれに挟まれ高ストレスを一人で抱え込んだ結果、精神疾患を引き起こすケースもあります。中間管理職は、一般の社員よりも、より細やかなメンタルケアを必要とすることを覚えておきましょう。

6.中間管理職の育成方法

中間管理職の育成を考えた時、「業務量に見合った評価を行う」ことが非常に大切なポイントになります。

近年、中間管理職への昇進に抵抗感を持つ社員が増えてきています。これは、業務量に見合った報酬や評価が受けられずに、負担だけが増えてしまう面がクローズアップされているからです。上司と部下の板挟みに悩む中間管理職をみて、憧れを抱く部下は少ないといえます。

待遇や環境を整え、しっかりとした育成を行うことで、中間管理職のモチベーションをあげられるだけではなく、社内の雰囲気も良くすることが可能です。

中間管理職の育成では、「責任」がつきまといます。単に「マネジメント教育」を行うだけではなく、ひとりひとりの部下に対して、適した教育を行える環境の構築と教育の仕組み作りが重要です。

そのため、「コーチング教育」も中間管理職の育成に取り入れておきたいポイントといえます。また、プレゼン能力や交渉能力などの多彩な能力を鍛えることで、中間管理職ひいては経営陣となる次世代リーダーを育成することができます。